大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

こどもイースター祭り

町田カルバリー 家の教会では、4月21日(土)午後2時からイースターのイベント、「こどもイースター祭り」をします。
c0193512_18310896.jpg
数年前から、日本でもよく「イースター」という言葉を聞くようになりました。
イースターはキリストの復活をお祝いする春のお祭りです。

イースターならではのエッグハントや、イースターエッグづくり。作ったエッグはお持ち帰りできます。
すべて無料でお楽しみいただけます。
ようじの方は、親御さんとご一緒にお越しください。
一同、心よりお待ちしてます。
c0193512_18333728.jpg
準備してお待ちしてます(^^♪
c0193512_07293931.jpg
c0193512_07290450.jpg


詳しくはHPで。

.


[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-04-15 18:37 | 報告 | Comments(0)

春のイースターイベント


町田カルバリー 家の教会では、4月1日(日)11時から「春のイースターの特別礼拝」をします。

c0193512_07005265.jpg


イースターとはキリストが人類のために死を打ち破り、復活されたことをお祝いする日です。
来られた方に、もらなくイースターエッグのプレゼントがあります!
お子様のためのプログラムもあります。

礼拝後には、お昼を薬師池公園へ行って、お花見しながらお弁当を食べます。(参加自由)
楽しいひとときとなるでしょう。
どなたでも、お越しください。
お待ちしております。

くわしくはHPで


.



[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-03-30 07:07 | 報告 | Comments(2)
c0193512_18383922.jpg

川にたずねた
「どこに行くのか」
「ひくいところへ」
別の川にたずねた
「どこへ行くのか」
「ひくいところへ」
幾筋ながれても
争いがない (河野 進)


有名になることを求めるのとは逆に、最近河野進師の詩から、謙遜や無名になる生き方を教えられています。

こまった時に思い出され
用がすめば すぐ忘れられる
ぞうきん
台所のすみに小さくなり
むくいを知らず
朝も夜もよろこんで仕える
ぞうきんになりたい


主は問われる
「何を望むか」
「謙遜を」
「次に何を」
「親切を」
「さらに何を」
「無名を」
「よかろう」


  (詩集「ぞうきん」より)



.

[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-02-25 18:43 | 最近受けた恵み | Comments(0)
c0193512_20053423.jpg

『スポーツジム 車で行って チャリをこぐ』

『正直で 忖度(そんたく)なしの 体重計』

『体重計 上る勇気と 見る勇気』

『飲み会で 上司の隣 ゆずりあう』

『「マジですか」 上司に使う 丁寧語』

『定年後 妻のトリセツ 子に習い』

『妻いない この日は朝から プレミアム』

『減塩の メニュー頼んで 塩かける』

『「言っただろ!」 聞いてないけど 「すみません」』

『間違えた! 上司へライン 「愛してる」』

『辞めますも SNS 済ます部下』

『薄さでは スマホに負けぬ わがサイフ』

『嫁からの 返事はいつも 既読だけ』

『サプリやめ アプリで変身 妻の画像』


                  2018年サラリーマン川柳 100選より


ベスト10はこれから投票で決めるそうです。

みなさまはどんな川柳が好きですか。



.


[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-02-23 20:12 | 最近受けた恵み | Comments(0)

もらうのはうれしいが

あげるのはもっとたのしい

さあ こんどは何を持って行ってあげよう

あれこれ考える

そうだ やっぱりあれにしよう

いつかもとてもよろこんでくれた

幾日も前から浮き浮き支度をする

もらうよりうれしいにきまっている

   河野 進

c0193512_13342811.png

イエスさまは「受けるよりは与える方が、さいわいである。」と言われましたが(使徒20:35)、「もらうのはうれしいが、あげるのはもっとたのしい。」とは河野先生の名言だと思います。

しかし、あげるたのしさというのは、もらううれしさを前提としているということを、この詩から気づかされます。

そういった意味では、もらう側としては、喜び・感謝する態度を持つことが大切で、それを通してお返しすることになるのです。

人生は与えることと、受けることから成り立っているのでしょう。

与える人は、受ける人や神様から、さらに素晴らしい祝福・幸いをいただくのです。

だから、「してあげる」ではなく、「させていただく」という言葉がふさわしいのでしょう。

さらに、人間のする奉仕は不十分なことばかりです。そんな不十分な奉仕を忍耐と寛容をもって受け止めてくださる相手に、申し訳なさを持つ謙虚さも必要でしょう。


それにしても、神様の恵みは無限大です。

寒い冬を超え、温かな陽射しはどんなに燃料費を払っても足りないでしょう。

主の恵みにただ感謝するばかりです。


町田カルバリー 家の教会 の週報コラム

.


[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-02-17 13:34 | 週報のコラム | Comments(0)