人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

仏教とは?

仏教とは?
 インドの釈迦を開祖とする宗教。仏陀(目覚めた人)の説いた教え。また自ら仏陀になるための教えであるとされる。

仏教の教え
 物事の成立には原因と結果があるという因果論を原則として、人々に悪行をなさずに善行を積むことを勧める。

苦、その原因と解決法
 仏教では生きることの苦から脱するには、真理の正しい理解や洞察が必要であり、そのことによって苦から脱する(=悟りを開く)事が可能であるとする。

悟りとは
 知らなかったことを知る、気づかなかったことを気づくことを言う。覚りともかく。悟りは初期仏教から部派仏教あたりまでは、究極目的であり、悟るためにさまざまな修行がとかれ実践される。しかし、悟りを開いたからといって、病気や肉体的な苦痛がなくなるわけではない。

解脱とは
 「私はこれほどのことをしたのだから、あのような結果があって当然だ、こうあるべきだ・・・」等々の世俗にまつわる囚われからの解放を意味する。したがって、目の前に起こった出来事がどんなに自分にとって不都合であろうと甘んじて受け入れるという、そうした精神を持てることが解脱という。
    「ウィキペディア」より引用


仏教について学んでみた私個人の感想)
 仏教について知りたければ、釈迦の教え、原始仏教に当たること。
 仏教は、あくまで自分自身の精神的苦痛から逃れることを求めるもの。
 仏教は、釈迦が実体験したことを追体験することを求めるもの。 
 釈迦の実体験を根拠として追体験できると主張するが、実際に同じ悟りの境地にまで到達できた人はどれくらいいるのだろう。一人の特有な個人的体験と同体験を、他者ができるということ自体、きわめて難しいことではなかろうか。それを求めればできるという保証はどこにあるのだろうか。
 悟りえるまで輪廻転生を繰り返すと教えは、悟りに至ることの難しさを物語っているように思われる。かといって、誰でも唱えれば成仏できると簡単化するのはどういうものであろう?

 仏教には、超越的存在としての神はない。よって生きた神との関係や交わりといった教えもない。
 悟りの体験にいたるのも、個々人の修行や実践によるものと説く。
 仏教における救い(悟り、解脱)の内容は、キリスト教の救いとは全く異なるもの。生きた絶対他者の神との関係の回復ではなく、あくまで個人の内面における精神的苦痛からの解放の追求である。
Commented by 仲野 碧 at 2010-11-05 18:43 x
碧の高校は浄土宗の学校でした。『悟り』の精神が生かされていて,高校では色んな事を学びました(^_^)v❤❤浄土宗も中々良いですよ。
by nobuyori_1 | 2010-11-04 23:16 | 最近教えられたこと | Comments(1)