人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

先祖を敬う

”キリスト信仰を持つと、親や先祖を粗末にするからいやだ”
あるご主人そういわれた
以前、自分の娘がクリスチャンになって、仏壇や墓を粗末にしたのを見たそうである


それに対して、どう考えるか

日本のクリスチャンが、キリスト教信仰をもっても、仏壇や墓や法事には一切関わらないという態度ではなく、日本人の心と日本文化を理解をし、先祖崇拝は自分自身がしないながらも、そういったものに賢く協力することで、かえって証の場にしていくことが良いと思う。家族、親族の中に入り貴重な証の場にすることができる。
そのような形でクリスチャンになっても、親や先祖を敬っていることを表すことができる。

親や先祖を敬うということは、親が死んでから墓の水遣りや掃除をすることなのか?
死んだ後にそういうことをするよりも、”父と母を敬え”と聖書が言うように、生きているうちに親孝行をすることではないか?
形式的な親や先祖の敬い方が蔓延してはいないだろうか?
Commented by 西住 啓 at 2011-09-02 03:01 x
お久しぶりです!
たまたま大塚さんのブログを発見、とてもうれしくなってコメントさせていただきました。
私もブログをやっていますので、よろしかったら遊びに来てください!
http://ameblo.jp/ihcoyc1986/entrylist.html
by nobuyori_1 | 2011-09-01 17:37 | 最近教えられたこと | Comments(1)