大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

子育ての本

子育ての本って面白い!
最近の実感です

ほっとママの会 のため、子育ての本を読み出したのですが、良い本に出会いました
神様の導きです

いわゆる大人の都合主義の育児のハウツー本がたくさん並んでますが、そういう類の者ではなく、

子育ての基本的な考え方や、発達段階に応じた理解と対処法などを教えてくれるものです

具体的に言うと

平井 信義 先生(児童精神医学士)
佐々木 正美 先生(児童臨床心理士)
 の本はどれもすばらしいもの
 しかも二人ともクリスチャンの先生
本屋で買いあさり、今よみふけっています

子どもとはどういうものか、育児とはどういうもので、乳幼児を育てるにあたり何が一番大切なこととか、母親の役割とはどういうものか、根本的な考え方を教えてくれるのです
この本を読まないと知り得ないような内容ばかりです

幼児の発達を理解することは、思春期、大人を理解することにそのままつながっているのですね
幼児期の発達がうまくいかず、健全な自尊心や自己肯定感(平井先生は自発性と思いやり、佐々木先生は基本的信頼感 という切り口から説明する)が育たないことが、親への反抗、反社会的行動、引きこもり・不登校・薬物・精神的病などの現代の青少年に見られる病的症状につながっていることが、よく理解できます
現代の問題が、幼児期の親の関わり方に関係していることが良く見えてくるのです

乳幼児育ての本は、そのまま人間育ての本なのです

こんなに高度で難しいことを、こんなにお母さんたちにわかりやすいように表現できる、その文書力には脱帽です

興味ある方は是非読んでみてください
ブックオフにやamazonnでも買えると思います

キリスト教もこのくらいやさしく紹介できたらなあ
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-10-22 00:34 | Comments(0)