カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

門松

門松は冥土(めいど)の旅の一里塚 
めでたくもあり めでたくもなし


正月を祝うめでたい門松だが、それを立てるたびに年をとるから、自分が死に近づくことの証明でもあるから、めでたくもない ということ。
一休さん日本の禅僧・一休宗純(いっきゅうそうじゅん))の作といわれる

門松とは何だろう?
”門松は来臨する歳神(年神)(としがみ)の依代(よりしろ)の役を果たすものであった”
と辞書にはあった。年を境に、あの世界から神が降臨されて幸せをもたらす。神がよりつくための品物という意味があるそうだ。
ついでに鏡餅も先祖供養のためのものらしい。
だから、クリスチャンは門松は立てない

イエスキリストがはいつも私の内に、私と共にいてくださる
正月もわが家はクリスマスリースをドアに飾ってある
正月はクリスマスリースに松をそえてアレンジしてもいいかもしれない

その時の松の意味は何だろう?
リバイバルを待つ
主のご再臨を待つ

            (大川 従道)
by nobuyori_1 | 2012-01-14 09:28 | 最近教えられたこと | Comments(0)