人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

思い巡らす

その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。
聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。
しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。
(ルカ2:15-19)

マリアは、イエスの誕生に至るまでに自分の身に起こったすべての出来事をすべて心に納め、思い巡らしてていました。

思い巡らすとは一体どういうことでしょうか。
それは、単に人間的な次元で考えるということではないと思います。
人間的な次元で考えるというのは、例えばうれしいことがあったら自分はなんて幸運なんだろうと自分の運の強さに感謝したり、自分はなんて優れているんだろうと思って傲慢になったり・・・

思い巡らすとは、そういうことではないと思います。
思い巡らすというのは、起こった出来事の本当の意味を思い巡らし、神にその意味を問いかけるということでしょう。
その出来事を通して神様が語っておられる言葉に耳を傾け、出来事の向こう側を見通すこと、
それがマリアの思い巡らしだと思います。

うれしいことがあったらその出来事を通して「あなたは本当に大切なんだよ」と言ってくださっている神の言葉を聴き、
悲しいことがあったらその出来事の中で「どんなときでもわたしは傍にいるよ」と言ってくださっている神の声を聴くこと、
それが思い巡らすということだと思います。

          片柳神父


その出来事から
神様の語り賭けを聞いていく

私もそういうものでありたいと思います
by nobuyori_1 | 2012-02-10 14:11 | 最近受けた恵み | Comments(0)