人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

あなたは愛されている

最近、こんなCMがありました。「命は大切だ。いのちを大切に。そんなこと、何千何万回いわれるより、“あなたが大切だ”誰かにそういってもらえるだけで、生きてゆける」。・・・ 
命は大切と何度教室で聞かされても、ポスターで読んでも、そのことが実感できていなくては、だめなのです。
実感するためには、心に届き、身に沁みる愛情が必要なのです。
(「置かれた場所で咲きなさい」渡辺和子著)


“わたしの目にはあなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している”(イザヤ43:4)。

教会に来て、十字架の出来事と神の御言葉を知るまでは、私は劣等感を感じ、自分には価値がない、誰にも愛されていないと感じていました。
本当はすべての人が神に愛されているのに、です。
愛の源なる神から離れていたため、自分の価値を見失い、愛に飢え渇き、まさに死のうとしていました。
しかし、教会で私は神に愛されていることを知り、神の愛を体験して変えられました。

教会は、魂の親である神の愛の言葉を聞き神の愛を体験する場所です。
信者同士も初めての方も、“あなたは大切な存在です”ということを感じられるところでありたいと思います。
教会はすべての人が帰るべき神の家なのですから。


あなたを造られた創造主はこう言われます
“わたしの目にはあなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している”(イザヤ43:4)。

教会の礼拝はその愛を体験する時間です。

町田カルバリー 家の教会の週報より
by nobuyori_1 | 2014-01-18 10:55 | 週報のコラム | Comments(0)