人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

大川従道牧師 ”チリも積もればヤマト(大和)なる”

c0193512_10423761.jpg
いろはのち
 チリも積もればヤマト(大和)なる

 大和カルバリーチャペルに就任したのは、一九七〇年のこと。最初の礼拝出席者
は、二十七人であった。二十八歳の若さで牧会を始めたのに、若者は一人だけだっ
た。祈祷会は五人位。それが今では、毎日曜には千二百人前後、祈祷会には四百人
もの聖徒さんが集う教会になった。心から主の聖名を崇め、栄光を主に帰します。
 理由は、「祈りを通して、聖霊さまが働いてくださったから」と言える。

 初代のピアニストは、私の家内。フラットの曲しか弾けない曲数限定奏者であっ
た。しかし、毎週の立看板四十本を墨字で書いてくれた。会堂の掃除も、講壇のお
花も、若者たちの昼食も夕食も、ほとんど一人で作ってくれた。
 私も、雨が降れば、カサを持って駅前に立ち、人々にカサをお貸しした。「お返
しは、日曜日の朝午前十時半の礼拝時に!」なんて、さりげなく伝道もした。
 すなわち、骨は折れたが、コツコツと「チリも積もればl」であった。

 前述は本当のことであるが、本質的本当の「ち」は「血」である・「一流の人は
三流に生きる」という。
 「汗を流す」。すなわち労を惜しまない。「涙を流す」。すなわち愛情を注ぐこと。
第三は「血を流す」。それは、犠牲を惜しまない。
 この三流ぬきには一流の教会はつくれない。しかし、私の申し上げたいのは、そ
のレベルのことだけではない。私たちのために、十字架にかかり、「ち」(血)を流
して救いを完成してくださったイエスさまの血潮ぬきには、すべてはありえない。
 教会とは、キリストの血によってあがない取られた群(使徒二〇・二八)である。

 大川従道著 週報コラム「足の裏」より


by nobuyori_1 | 2014-01-14 10:41 | 大川従道著 足の裏 | Comments(0)