大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

すべての人は神の子

先週は「あなたは神の子です」というメッセージを初めて語った。
これは最近、カトリック教会から学んだことである。

すべての人は、神によって生まれ、愛され、生かされている神の子である。
すべての人は神によって、神のかたち(image)にしたがって造られているという広い意味で“神の子”なのである。
当たり前のことを言っているようであるが、特定の宗教や宗派や信仰に関わりなく注がれる神の普遍的な愛、、神による創造、人類の連帯性、福音を伝えるのに、“すべての人は神の子である”と言う表現はすばらしい!
私は改めて感動し、この表現を用いることにした。

c0193512_6471696.png


あるカトリック教会のしおりにこのように書かれていた。
“あなたは神の子。人は神の恵みによって生まれ、神の愛のうちに生かされています。
神はまことの親です。
いい子悪い子関係なしの無償な親心ですべての人を大切に育てておられます。
この真の親の愛を信じて、真に神の子となるのが「洗礼」です。”


マザー・テレサのインドのカルカッタでの活動も、このカトリックの人間観を知ってから理解できるようになってきた。
これはマザー・テレサの言葉である。
“すべての人は愛し愛されるため生まれてきました。ヒンドュー、ムスリム、ユダヤ教徒、共産主義者、キリスト教徒・・人種や宗教の別なく、男性も女性も子どもも神の子なのです。
姿は神を摸しています。
それが人間です。”


すべての人は神の子どもであり、地球上の人類は家族なのです。
そして弱い人に対する奉仕はキリストへの奉仕なのです。

そのような視点を大切にしましょう。
町田カルバリー家の教会の週報コラムより

P.S. 聖書では”神の子”という言葉は、イエスをメシヤと信じる者にのみ使われています。しかし、すべての人は神によって造られたという概念や、神によって造られた者が、神から離れているので、神の元に帰って神の子として生きるという概念は聖書にあります(例:放蕩息子)。その概念を伝えるために、あえて聖書的定義ではないことを知った上で、広義の意味として用いています。
”信じる者”と”信じない者”を水平的に見るために、大切な視点だと思われます。



[PR]
by nobuyori_1 | 2014-04-06 06:52 | 週報のコラム | Comments(0)