カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

万人救済説は聖書から支持されるか 1

私は晴佐久昌英神父の著書や宣教姿勢から今色々学ばされているプロテスタントの一端くれ伝道師。
もっぱら研究中の身。

その中で考えたこと、教えられたこと、研究中のことなどいろいろある。

きっとプロテスタント陣営の方の中には、私のように師の福音理解に大きな刺激を受けつつも、一方で神学的に困惑を覚えておられる方がおられるのではないか。
師のメッセージを理解しようとすると、カトリックの過去と現在についてのかなりの研究が必要とされるように思われるし、カトリックの公式な見解とも異なる面もあるようだ。

研究中の身として、まとまったものは書けないが、そのような方の少しでもお役にたてればと思い、少し勇気を出してこの話題を挙げることにした。
(誤解しないでほしい。私は晴佐久神父を大変尊敬し、教えていただき、感謝している者である。これは批判ではない。あくまで私の神学的立場からの考察であることを理解していただきたい)


「あなたはもうすでに、救われている」
「あなたは必ず救われる」


晴佐久昌英神父の説教や新聞の投稿を読むと、一見矛盾している2つの言葉が並ぶ。
片方を立てると片方が立たなくなる。
それで真意はどこにあるのかと考えさせられる。

そして調べていくと、説教や書物で説明がなされている。
天においては、すべての人はすでに救われている。イエス・キリストの十字架の贖いのゆえに、すでに救われている。
しかし地上においては、イエスキリストを信じる時、(師は目覚めるという表現をよくされる)にそれを体験できる。
天においてはすでに救われており、地上においては、それを知り信じる時、天での救いを体験できるという論理で、矛盾はないとされる。

(ちなみに、異なるグループの方と対話する時は、言葉をどう定義して使っているかをいちいち確認する必要がある。ここで使われている”救い”もそう。結構、”救い”という言葉を多義的に師は使われることが多い)


問題は、「すべての人はすでに救われている」という聖書理解は、聖書から支持されるものであるか、ということ。


これは神学的に言えば、キリスト教史の中で繰り返し現れてきた「万人救済論(ユニバーサリズム)」の考え方に入れられるだろう。
21世紀に現れたユニバーサリストということになろうか。
万人救済説も中身はそれぞれの人によって内容に違いがあるようだが、
要は「神は愛であるからすべての人を救ってくださる(未来形)」とか「すべての人は(人間の意志や信仰に関わらず)すでに救われている(完了形)」という聖書理解である。

ある方がイギリスの名の知れた神学大学の組織神学の研究者の方にユニバーサリズムについて聞いてくださった。その方御自身は「、ユニバーサリズムについて聖書的観点からは全面的には肯定できないけれど、大切なポイントを突いている面もある」と答えてくださったということだ。

私自身は、一つのネット上の記事を読んで、万人救済説について、やっとすっきりと理解できた。
それをここで紹介したい。

以下のリンクに日本改革派南浦和教会 元牧師の佐々木稔師のブログでベルワークという人物の書物から、万人救済論の根拠と反対者の根拠がまとめられている。
興味ある方は実際に読まれるといいと思う。

「ベルワーク神学の紹介と解説」の‶ベルワークの著作紹介「キリストの再臨」 第13章 万物回復
http://homepage3.nifty.com/msasaki/berkouwerreturn13.html


なかなか、ここまでわかりやすく総括的にまとめたものはないのではないだろうか。
また、プロテスタントの方にとって今必要とされる情報は、このようなものではないだろうか。

万人救済論者の根拠として挙げられているポイントは、
 裁かれる人への可哀そうだ、不公平だという感情的なものだけではない
 神の愛
 神の全能性
 神の決定的な勝利
 聖書的根拠(ユニバーサル・テキストと呼ばれる)
をあげる

それに対する反論として挙げられているポイントは、
 人間の自由(自由意思)を認めない(私は異議あり。神は自由意思に働きかけて救いをもたらすという考えがある。)
 神の義による裁きと最後の審判を無視
 聖書的根拠に挙げている御言葉が、みな不適切(私は異議あり。そうは言えないテキストが聖書には確かにある)
 宣教の必要性を実質的に弱める(異議あり。伝道の動機はそれだけではない)。
 個人の決断の責任を弱くしてしまう。
 悪に対する抑制力が失われる

などである

この論説の結論は、万人救済説は全面的には聖書的に支持されない、というもの。
しかし、万人救済説が生まれてくる背景には、教会が予定説によってすべての人が救われる可能性の余地を残さなかったために、その反動で生まれてくるのだということが指摘されている。
なるほど・・・。ここが重要なポイントだ。

私はこの論説を読んで、自分の感じていたことが見事にまとめられており、万人救済説は聖書から全面的に支持することはできないという点で、仮に私の中でも結論が付いた。


万人救済説は聖書から支持されるか 3に続く
by nobuyori_1 | 2014-01-01 05:08 | 最近教えられたこと