大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

DNA調査 地球上の生物の発生10万~20万年以内と判明

アメリカ政府が運営する遺伝子データバンク(GenBank)にある、世界中から数百人の科学者たちによって集められた 10万種の生物種の DNA と、500万の遺伝子断片である DNA バーコードと呼ばれるマーカーが徹底的に調べ尽くされた。

c0193512_08535483.jpg

その結果、人間を含む現在地球上に存在する生命種のうちの 10種のうち 9種が 10万〜 20万年前に出現したことが明らかになった。


                                 アメリカの AFP 通信社の特報記事より引用(日本語のHP参照)


この大規模なDNA調査の結果は科学上、大きな発見だと思われます。

進化論仮説では、地球45億年前に生まれ、原始的生命の起源は35憶年前とされ、徐々に進化し、ヒトは400万年前に発生したとされてきました。

ところが、植物を含め9割が20~10万年前というそんなに大昔ではなく、しかも時代的に何億年という隔たりなく発生した、という結果となったそうです。

これから、それを説明できる新説が求められます。

今回の大規模な地球上生物のDNA鑑定の結果によって、今までの定説を覆され、教科書の大幅な訂正を求められることとなるでしょう。

この記事は日本では報道されず、「できる限り無視」されているようですが・・日本は鎖国の国なのでしょうか・・・最先端の科学の流れも知っておきたいと思います。








[PR]
by nobuyori_1 | 2018-09-10 09:05 | 最近教えられたこと | Comments(0)