2010年 09月 29日 ( 2 )

先週の礼拝説教の内容

先日、54歳で天に召された女性の告別式に参加され、残られた友人が
私の元に来られてこう言われた
「納得いかない。なぜこんな良い人が癌で死なねばならないのですか?
神は本当におられるのですか?
どんな神様なのか納得いきません」

私はこう答えました
「私も納得いきませんよ・・
もし、人間的に理性や知性で考えたら私も納得いきません。
人生は分からないことばかりです。
神様に信頼しなければ納得できなことばかりです」

          大川 従道


神はすべての理由を話したり教えてくれない。
でも、神様に信頼することはできる
そしてそのことが求められている

神様は理由をもっておられる。
神様は下手なことをなさらない
具体的な理由が今は私に明らかにされていなくても
神様が答えを持っておられることを私は知っている
だから、それで満足なのだ
それが信仰ではないか
[PR]
by nobuyori_1 | 2010-09-29 23:45 | 最近受けた恵み | Comments(1)

イエス様だけを見つめる

昨日は久しぶりに主の前に泣いた
自分がとても惨めに感じさせられるようなことがあった
いや、自分がそう感じただけなのかもしれない

泣ける場所があるというのは素晴らしい
心の内を打ち明ける方がいることは素晴らしい
部屋を暗くし、主の前にひざまずいて泣いた

主の臨在の中で、音のない、主の語りかけを聞いた
慰めのことばだった
私はイエス様から目をそらして、人と自分を比較してしまったことに気づいた
それを悔改めた

イエス様は私を導いてくださっている
私には私への導きを用意していると教えてくださった
これからもイエス様だけを見つめていけばいいんだ
そう思った
もはや悲しみの涙は消えていた

「たとい、わたしのくる時まで彼が生き残っていることを
私が望んだとしても、あなたには何の係わりがあるかる
あなたはわたしに従ってきなさい」
   (ヨハネ21:22)

[PR]
by nobuyori_1 | 2010-09-29 07:22 | 最近受けた恵み | Comments(0)