人気ブログランキング |

2012年 05月 28日 ( 2 )

渡辺和子さんが、「置かれた場所で咲きなさい」という本を幻冬舎から出版されました。
渡辺さんが36歳のとき、突然岡山の聖清学園大学学長に任命され、心乱れることも多かったときに、
1人の宣教師が英語の詩を見せてくれました。

Bloom where God has planted you
(置かれたところで咲きなさい)

咲けない日もあります。
咲けない日はどうしたらいいでしょう?
咲けない時は、根を下へ下へとおろしましょう。

私たちは境遇(環境)を選ぶことはできませんが、生き方(態度)を選ぶことはできます。

どんなところに置かれても、花を咲かせる心を持ち続けましょう。

何もできないときはただ笑顔でいてくださいね

  大川従道


この日曜日の礼拝で、心に残った言葉
自分も咲けない時代が長かっただけに、「咲けないときは根を下へ下へおろしましょう」という言葉は心にしみたなあ
咲くことよりも、根を張ることの方が今でも大切だと感じる
by nobuyori_1 | 2012-05-28 21:30 | 最近受けた恵み | Comments(0)

新しい世代

この国に一つの世代を起こす。
その世代は年齢による世代ではなく、主を求める世代。聖霊の世代。
この世代は人の力に望みをおかず、イエス・キリストに望みを置く。
自分の働きや名声ではなく、イエス・キリストの御名だけを高く掲げる。
自分の栄光ではなく、主の栄光が現されることを願いとする。
主は、人の力によってではなく、ご自分の御腕と熱心さによってこの世代を建て上げる。
この世代は聖霊による一つの流れとなって、激しい勢いとなり、どんな力も、それをとどめることはできない。
     シャローム教会 富田慎吾牧師


富田先生は2年ほど前から、祈りの中でこのような主の語り賭けを受け続けてきたという。
私たちもその世代に入ろう。
by nobuyori_1 | 2012-05-28 05:42 | 最近受けた恵み | Comments(0)