人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2013年 07月 10日 ( 1 )

熱中症の応急処置の方法

いつ誰が熱中症になるかわからない昨今
熱中症の応急手当方法を知っておきたい


熱中症の応急対処法
●涼しいところに移動し、横にする
●洋服をゆるめる(首、ベルト類)
●スポーツドリンクを少しずつ飲ませる(水ではなく電解質のあるものが良い)
●ぬれたタオルで首の下、わきの下を冷やす(凍らせたものは局所を冷やしすぎて良くない)
●足を高くする(30cm位・血圧を下げるために)

熱中症の予防法
●運動しなくても、水を常に持ち歩く
●運動する時は15~30分ごとに200~250mlの水分をこまめに補給



先日、車で仕事から戻ると、となりの薬局のベンチにすわり、身体をつっぱっている男性が見えた。
(あれ、様子がおかしい)
車を降りて近づくと、体がけいれんしているではないか
急いで、父と男性をかつぎ、店の中に毛布をひき、涼しいところで休ませて119番通報
ネットで対処法を調べ、足を高くし、イオン水をさじで口にいれる

もっていたカバンの中から、身元や利用している病院や施設が判明
父はその自宅に行って情報を確認
私は通所施設に連絡をとる

救急隊員が到着
名前を尋ねても答えられない
体温計で救急隊が測ると、体温は40.5度
大人でこの体温は初めてだった

あとで、救急隊や担当だった民生委員の方が店に訪れて「適切な対処をしてくださってありがとうございます。その対処法で正解でした。」と感謝された。

それにしても、男性一人暮らしの人物。
発見が遅ければ・・・あるいは自宅で同じことが起きていたら発見できず、大変なことになっていただろう。

熱中症になると、あとで後遺症が残ることも、いのちが奪われることもある
熱中症は大変危険 甘く見てはいけない

水分を取ること、暑い中無理して外に長居しないことが重要です
by nobuyori_1 | 2013-07-10 07:13 | 最近受けた恵み | Comments(0)