人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2015年 06月 19日 ( 1 )

子どもをもってこそ思う思いがある。
 今年こそ、子どもたちにホタルを見せたい
 いや、自分が見たい (子どもに帰るのだろう)
そんな思いがあり、町田近辺でホタルが見れる場所.スポットを調べた

 忠生公園(町田市・忠生)  ホタル観賞日以外、夜は閉まってしまう
 大地沢青少年センター(町田市・相原)
 寺家・ふるさと村 (横浜市青葉区)
 道保川公園 (相模原市中央区上溝)
 


あまり今まで意識していなかったが、ホタル観賞には決まった場所があるものだと知る。
でもあまり人が混雑しているところは、駐車場もいっぱいになるそうでいやだな と思っていた。

すると地元でホタルが見れるという情報を得たので、行ってみた。
つまり、自然に田んぼなどに発生しているホタルだ

まずは、黒川の田んぼ

右手に娘 左手に息子

 ♪ほう、ほう、ほたる来い、あっちの水はにがいぞ、
  こっちの水は甘いぞ、 ほう、ほう、ほたる来い♪

 ♪ほーたーるのひかーり まどのゆーきー♪


色々歌いながら、蛍探し。
ところが飛んでいるのは一匹も見当たらない。
しまいに息子(2歳)が
”怖いよ~、もう帰ろう”
と繰り返し語りだす。(暗い夜道だから無理もない)
(ああ、今日もだめかな)、と思っていると・・・
田んぼの土の中で、緑色に光っている場所が目に飛び込んできた!
蛍が、濡れた地面の草の下で発光していた
ヘエー、蛍って緑色の光だったんだ
c0193512_624377.jpg

これは、LEDではないか・・・電気屋の私は、これはLEDの元祖ではないか・・・と思った
ついたり、消えたり、しかもソフトに・・・これはイルミネーションのアイデアじゃないか・・・
(人間の発見の多くは、自然界に隠されている)


こんな姿、色、形をしている
c0193512_626373.jpg

c0193512_626336.jpg

光る部分は裏側の白い部分
c0193512_7235216.jpg

昔、田舎に泊まりに行ったとき、寝室にたくさん飛ばせて楽しませてくれたのを思い出した
c0193512_631585.jpg

”うわー 不思議~ 神秘的だね~ 神様ってすごいものを造るね~” 
蛍も神様の被造物 生きている作品です  


後日、もっと飛んでいるのを見たいと思い、地元の人に聞いてみた。そして、夜そこへ訪れた。
最初は、小野路の里山(東京百景に選ばれた谷戸)
散歩している人に聞くと「さっきも1匹飛んでた」と言うが、結局不思議なほど見当たらなかった。

そこで昼間に聞いていた、私の出身の小野路保育園の駐車場へいってみた。
夜8時、大きな湿地帯の一番向こうの木の下や上の方を、ピカー、ピカーと白く光っては消えるホタルをついに見つけた。何匹も舞っている。
木々の下の暗いところ、木々の上の葉の上にまで。
あんな高いところまで飛んでいくんだ。
小さいけれど星のようにしっかりした光なので、遠くからだけどよくわかった。
茂みがあり、ぬかるんでいて遠くからの見物であったが、それも感慨深かった。
人知れない「ホタルだけの世界」があって、近づいてはならないようにも感じた。

そして、6月20日(土) 忠生公園 ホタル鑑賞会の日 この日だけは夜9時まで開いている
夜8時にそこへ行くと、列をなして人々が帰りだす。
c0193512_6441085.jpg

すいたところに私たちが行くと、蛍がいることいること 
次々と目に飛び込んでくる!

歩道のすぐ近くを飛んでいるだけでない、歩道を乗り越え田んぼのほうへいったり・・・
ジャンプすると、手の中に入った。 
c0193512_6452095.jpg
c0193512_6522430.jpg

手をそーっと開くと、宝石のように手の中で輝いた そして飛んで行った

2歳の子も夢中になってみていた。その位、低いところ、近くも飛ぶ。
なんと、数えた人がいて50匹もいた。一週間前は3匹だったという。
それだけ時によって変わる。

解説員がいて、いろいろ教えてくれた。
「虫はそれぞれ棲み分けている。
ここにいるのはゲンジボタル。ヘイケボタルより体大きい。
ホタルは10日間しか光らない。
オスは上の方で飛び、メスは下の方で飛び、婚活して、子どもを産むとやがて死んでしまう。
つかまえないで婚活させてあげてね」

不思議と一つが光ると、周りのホタルも一緒に光る。同期していることを聞いたら、
「光るタイミングが合うと、婚活成功。結婚するんだよ」
へえ、ロマンチックだなあ。

「ここは養殖ではなく自然に増えたんだよ。近くに源流があるよ。」

蛍って田舎に行かなければ見れないものと思い込んでいたけれど、
きれいな源流や田んぼには自然にいるもので、
町田にも、水のきれいな場所がまだ残されていたのですね。
新興住宅地をつくることもいいけれど、
こういう貴重な自然は未来まで手を付けずそのまま残してほしい、そう感じました。


毎年、梅雨に入った6月20日前後が蛍鑑賞の最盛期のようです。
同じ場所でも、気候や時間帯、時期によってホタルが出る時と出ない時とあるようです。
10日の命、タイミングを逃さないように鑑賞しましょう

梅雨の時期の風物詩。
梅雨の楽しみ、また一つ増えました。

ちなみに忠生公園 ホタル観賞会 2016年は、
6月11(土)、18(土) 午後7時から始まる予定
です。
by nobuyori_1 | 2015-06-19 07:09 | 親子 夫婦 | Comments(0)