人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

先週は、早天祈祷会に11名。Lineで2名の方が参加されておりました。

礼拝に20名の参加なので半数以上の方が早天祈祷会を守っていることになります

朝の祈りは勝利ある生活に欠かせないもの。

早天祈祷会が毎日の習慣となり、共に勝利ある生活を歩めることは牧師として感謝に絶えません。

「考えは言葉になり、言葉は行動になり、行動は習慣に、習慣が人格になり、人格は運命を形作る。」

―サミュエル・スマイズ(作家・イギリス)

私たちは感謝より不平を言う方がずっと楽なことを知っています。

感謝は意識し、努力してこそできるものですが、不平は知らず知らずの内にでてくるものだからです。

ここで、習慣化する過程を知ると、助けになるかもしれません。

脳を研究している学者たちは、通常、新しい習慣を造るには21日程度の期間がかかると言っています。

人間の脳は、ある行動が繰り返されると、その中でシナプスと言う回路が形成され、それを抵抗せずに受け入れるようになるのです。

シナプスが作る回路は、ちょうど脳に道が作られるのとおなじようなものだと言われます。

ところが興味深い点は、シナプスはその性質上、一方向にだけ興奮を伝達するのです。

そのため、次の時に似たような刺激を受けると、一度作られた回路の方向にたやすくつながるのです。 

たとえば、私たちがある状況で怒ると、怒る方向に根が張られ、否定的な回路が作られます。

そこで似たような刺激が与えられると、より怒りやすくなるのです。

反対に感謝をすれば、脳に感謝の根が張られ、次からは容易に感謝できるように、脳の中に感謝の道ができるのです。

こうして、私たちの脳に模様が作られるように根がはられ、道が作られる時、これが私たちの「性格」となるのです。


c0193512_19154840.jpg



ジョージ・ルードは「人間の脳の中のシナプス連結が変化すると、その人の人格、すなわち性質も変わる」と語りました。

(「感謝が習慣となる21日」ジョン・クゥアン著)

 今週も神様を第一とし、すべてを前向き・肯定的に感謝して、良いシナプス回路を作りましょう。


「いつも喜びなさい。たえず祈りなさい。すべてのことに感謝しなさい。」

(テサロニケ5:18)





# by nobuyori_1 | 2019-05-21 19:18 | 週報のコラム | Comments(0)

「ごはんごはん」 作詞 大川従道 作曲 倉知契

僕はいつごろからだろうか 和食党になってしまった
お豆腐も納豆も もちろん食べる 家族のために長生きするためさ
食事の度に気にしているのです ご飯の量とカロリー計算
塩分少な目 味薄め 甘さ控えめ 野菜中心でデザートはなし

でも本当は 焼肉も ビフテキも 大福も 
大好きなのに

がまんがまん 人生はかまん
がまんがまん 人生はがまん


だけど何を食べていたとしても 人はいつか死んでしまう
和食 洋食 中華 韓国 ジャンクフード 
結局人は死んでしまう

だから食べるのさ 心のごはん いのちの言葉 ビタミン愛を
大好きなのさ

ごはんごはん 心のごはん聖書は神の 心のごはん
Back to the Bible

ごはんごはん あなたもどうぞごはんごはん 
おかわりどうぞ
聖書は神の 心のごはん 
召しあがれ


c0193512_06432585.jpg

# by nobuyori_1 | 2019-05-19 06:44 | 賛美紹介 | Comments(0)
5月に入って温かくなりトマトの脇芽をつむ頃だと思いますが、トマトの脇芽からトマトの苗を増やすことができることをご存知でしょうか。
何とトマトの脇芽はそのまま土に挿すと、それがまた新たなトマトの苗になるのです!
トマトの脇芽は挿し木で再利用できます。
もし一本のトマトの苗があるならば、そこから、3~5本くらいのクローンの苗をつくることができるのです。
論より証拠です。興味ある方は試してみてください。
まったく、手品みたいな不思議なことです。
これが脇芽
c0193512_08162748.jpg

つんだ脇芽
c0193512_08163552.jpg
土に植える
c0193512_08185636.jpg
脇芽だけで畑がつくれます
c0193512_08164785.jpg
あとはできたらでいいですが、直射日光が当たらないように工夫
(これはバナナの皮を利用)
c0193512_08161638.jpg
板で囲いをつくるもよし
c0193512_08211546.jpg
毎日水をあげます。
コツがあります。
①脇芽は手でつみましょう。はさみをつかうとそこからウイルスが入るそうです。
②下のほうの大きな葉はとりのぞきましょう。水分が蒸発してしまうからです。
③土に深く差しましょう。6~10cmと土が乾かない部分まで深く。
④毎日欠かさず水をたっぷりあげましょう。
⑤直射日光が当たらないように、工夫しましょう。

根がつかないのもあるので、少し多めに挿し木をして、根がついたものだけ育てるといいと思います。

当日からたちまちべたっとしなってしまいますが、毎日水をやり続けていると、7日超えた頃に、すっと立ち上がります。
根が脇芽から出てきたからです。そのあとは普通に育ちます。


脇芽から増やすと、苗にお金がかからなくてすみます。
時期が少し遅れて実るので、長期間収穫が楽しめます。

やったことないですが、夏の脇芽をさせば、秋にトマトが収穫することも可能だそうです。
苗の売っていない時期なので、今年試してみたいと思います。






# by nobuyori_1 | 2019-05-17 08:27 | 最近教えられたこと | Comments(0)
「心と裏腹な妻の言葉」を翻訳してみよう。

「あっち行って!」
→あなたのせいでめちぇめちゃ傷ついたの。ちゃんと謝って、慰めて!
「勝手にすれば」
→勝手になんてしたら許さないよ。私の言うことをちゃんと聞いて。「好きにすれば」は同義語。
「自分でやるからいい」
→察してやってよ。察する気がないのは愛がないってことだね。
「どうしてそうなの?」
→理由なんて聞いていない。あなたの言動で私傷ついているの。
「なんでもない」
→私、怒ってるんですけど?私、泣いているんですけど?放っておく気なの?
「一人にして」
→この状況で本当に一人にしたら、絶対に許さない。
「みんな私が悪いんだよね」
→えっ?それって私が悪いの?私のせいなの?あなたのせいでしょ。
「やらなくていいよ」
→そんなに嫌そうにやるならもう結構。私はあなたの何倍も家事してますけどね。
「理屈じゃないの」
→正論はもうたくさん。「愛しているから、君の通りでいい」って言いなさい。
「別れる」
→ここは引けないの。あなたから謝って!

「妻のトリセツ」から引用

c0193512_21333051.jpg
結構、女性は反語的な使い方で言葉を用いているのですね。
そのまま受け取ってはいけないことを教えられました。
黒川さん、翻訳を本当にありがとう。
男性には女性語は翻訳がないとわからない、難しい言語です。


# by nobuyori_1 | 2019-05-15 09:18 | 最近教えられたこと | Comments(0)
妻を絶望させる夫のセリフ

「言ってくれれば、やったのに」
女性は察して欲しい。言ってくれればと言うのは察すること(愛すること)を放棄した言葉に聞こえる。
その他に
①「だったらやらなくていいよ」
家事が大変だと訴える妻に言うと、「君がいつもやっていることは、僕によってはそれほど重要ではない。やらなくても気にならない」と聞こえる。
②「つまりこういうことだろう?」
愚痴に対しては「わかるよ。大変だね」と共感するだけで十分。
頼んでもいない要約や解決策の提示は余計なストレスを増やすだけ。
③「おかず、これだけ?」
夫が自分が食べるご飯の量に対しておかずの量のあんばいをあらかじめ図るために聞いたひとことでも、「たったこれしかないの?」と聞こえる。
余計なことは言わずに様子を見よう。
④「今日何してたの?」
家事が思うようにできなかった妻には、「一日家にいて、家事も満足にできないのか」と聞こえる。
⑤「いいな~君は。一日○○(子どもの名前)と一緒で」
それが何よりも辛いと感じている妻もいる。そういう自分を責めていたりする。

以上のリストの中で、特に要注意は④と⑤だ。妻が専業主婦や育児休暇中である場合、このセリフは致命傷となる。
出産前はコントロールできていた家事が、子どもの誕生をきっかけに、コントロールできなくなっているからだ。

「妻のトリセツ」より引用
c0193512_21333051.jpg


# by nobuyori_1 | 2019-05-15 09:10 | 最近教えられたこと | Comments(0)