人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:未分類( 52 )

養子を育てる牧師

先週、仕事を頼まれて行った 玉川学園のキリスト教会
100人入る礼拝堂、住宅地に本当に素敵な教会だった・・・
あのように素敵な会堂なら、一日でもいたくなるだろうな

そこの先生の名前はT先生
お話を伺うと、4人のお子さんがいるが
4人とも養子だという
そのような方に初めてお目見えした
とても幸せそうだ

我が家も養子を育てたいという夢がある

T先生は”小さな命を守る会”の東京支部の担当でもある
水谷潔先生とは親しいらしい

とっても笑顔も素敵でおだやかな牧師先生だった
ああいう先生になりたいな

夢を与えてくださってありがとうございます

まだ一度しかお会いしたことのないのに
クリスチャンの当店にお仕事を頼んでくださった
そのような親切なお気持ちが何よりもうれしいし
そこにT先生の牧師としてのお人柄の暖かさというものを感じる

不思議と町田には養子を育てている牧師先生方が多くいらっしゃる
聖書が養子縁組の基盤にあるからだ。

そんな先生方との出会い・交わりは貴重なもの
”命の尊さ・輝き”を身をもって感じさてくれる


by nobuyori_1 | 2010-05-24 22:15 | Comments(5)

図工ランド

東京には「図工ランド」という、有料で子どもに絵や工作をさせている塾がある
この二人もわざわざ東京まで、電車で楽しみにそこに通っている
とってもいいネーミングだと思う ”図工ランド” 楽しそう!
町カルも”図工ランド”しよう!

この日曜日は、日曜学校のあとに、自由にお絵かきをしてもらった
c0193512_2148190.jpg

自由に楽しそうに書くこと

大人の交わりに入ってきて
できた作品を見せてくれました
c0193512_215618100.jpg

「わあーすごいね~」とほめられて
とってもうれしそう・・
by nobuyori_1 | 2010-05-24 21:53 | Comments(1)

読書

本を買うのはやさしい
本を借りるのも

しかし、本を読むのには集中力と時間が必要だ

しかし、それを読んだ時、なんともいえない充実感がある
by nobuyori_1 | 2010-05-21 23:20 | Comments(0)

ヨーロッパ 復興の道

少し専門的なことを伝えたく思う
長くなることをお許しいただきたい

100年前、宣教に燃えてたくさんの宣教師を送り出してきたヨーロッパ
そのヨーロッパに異変が起きている
現在のヨーロッパ事情を聞いて、涙を抑えることができなかった

「世俗化したヨーロッパにどのように福音を伝えるか」との講義なされた

過去100年の教会成長率
 ラテンアメリカ 5000%
 アフリカ 4000%
 アジア 2000%
 しかし、ヨーロッパは大きく異なる 
 代表してスウェーデンのルーテル派 -47%
                バプテスト -33%
                ペンテコステ ー11%
 スウェーデンで宗教が重要と考える人 わずか 8%
 教会で育った人が教会から離れていく
 何が起こったのだろう?

ステファン先生はこう分析する
急激な都市化によりなされた世俗化が最大の原因

ヨーロッパにはもともと2つの大きな勢力がある
エルサレムに拠点を置くキリスト教主義 (神こそ世界の中心)
 初代教会から増加、16c宗教改革、19c 力強いリバイバルで増加
アテネに拠点を置く人間至上主義(人間こそ世界の中心) 
 ギリシャの哲学、16cのルネサンス、17cの啓蒙運動もこの流れ
 こちらの勢力が現在強さを増している

もう一つの原因はキリスト教側にある
 教会の間違った世に対する対応の結果だという
 1つは妥協 啓蒙運動に対し、教会指導者は自分たちが知的だ、賢いとみられたいため
 聖書の超自然的なことを否定し、リベラル神学をつくりだした
 2つ目は無視 啓蒙運動からの挑戦に、教会指導者は無視。啓蒙運動がなげかける疑問や挑戦を無視し、
 知的に応じようとしてこなかった。結果、図書館は世俗主義に支配されている
 (変革の関わり方こそ、正しい世に対するあり方)

復興の道は、知的な面でもキリスト教が世に対し考え弁証していくことにある
とのことだ
聖書の言葉に戻ること、祈ること、聖霊充満こそ復興の道であることは変わりないだろう

いたずらに嘆いてみても始まらない
今までの失敗と反省を生かし、世に対して正しい態度をとろう
ヨーロッパのために祈ろう
ヨーロッパに宣教師を派遣しよう
世俗化したヨーロッパに、命あるキリストを伝えていこう

ヨーロッパは救われます!

エジンバラ100周年東京大会はこちらから観ることができます
by nobuyori_1 | 2010-05-15 12:49 | Comments(2)

配慮牧会

弟子道で妻が倉知先生から、配慮牧会ということを教わったそうだ
来ている方に気づいて配慮すること
午後のレオモンド・ムーイ先生の癒しの集会ではまさにそれを体験した

ムーイ先生がいやしの祈りをされて、いやされたかどうか確認するよう導いた
癒された人を前に導くと何十人とならんだ
すごいことだ
c0193512_2231732.jpg

中でも重度の難聴の子供が聞こえるようになったり車椅子できた婦人が歩けるようになり、ムーイ先生を車椅子に乗せて押して見せたり
c0193512_2222898.jpg

素晴らしい主のいやしのみわざがなされみなをあがめた

しかし、いやしの集会は期待が大きいだけ、癒された人は良いが、いやされなかった人は時に空しく、悲しく、中には神様から見捨てられたように感じることもある。
良い目的でなされたことが傷つける結果となるのは不本意だ
そのあと大川先生が出られて、その面を十分心配され配慮された。きっと大川先生は会衆を心配してご自分から申し出て立たれたのだろうと想像する
今回癒されなかった方も、前向き、信仰的、肯定的、積極的に信じ続けていきましょう。教会でもどうぞ牧師に祈っていただいてください。あなたは御子をくださるほど神様に愛されていることを忘れないでくださいと語ってくださった。
なんと慰めに満ちた言葉だろう

教会にもっと上品なイメージをもってこられたかたは、驚かれたと思いますが、こんなのはついていけないとは思わないでください。教会には色々なタイプの教会がありますからあなたにあった良い教会に導かれますよう祝福を祈りますとフォローしてくださった
妻と一緒に参加していたが、大川先生の愛と配慮に満ちた言葉に救われる思いになったのは私たちだけではないだろう
配慮牧会 なんて大切なことを教えていただいたのだろう
主に栄光をお返しします!
by nobuyori_1 | 2010-05-13 17:55 | Comments(0)

迫害されてる

昨日私の横に座ったラムエルさんはインドで宣教している
私の横に来てノートパソコンである動画を見せてくれた
c0193512_2281025.jpg

信じられない映像

ヒンズー教徒たちが囲んでクリスチャンを殴るわけるわ。さらに倒れ伏すクリスチャンを固い棒で殴り続けている
なぜこんなことが許されているのか
大人の中の集団リンチだった
また火をつけられ燃えている教会の映像だった
なぜ?なぜ人が人をこんなにも憎むのか!
彼らは理由もなくクリスチャンに暴力を振るっていた
今もこんなことがなされてるなんて

ラムエルさんがインドはクリスチャン三パーセント。迫害のなかにいるインドのクリスチャンのため祈ってくださいと切実に頼まれた
いまおもうだけで涙が出てくる
主よ、助けてください。迫害する彼らを赦しお救いください
by nobuyori_1 | 2010-05-13 07:39 | Comments(0)

ジョンさん

昨晩、私の泊まっている中野サンプラザで大きな旅行カバンを持ったジョンさんにバッタリであった。
今到着したんだけどもう誰もいなくホテルもわからないという
私が泊まっている所へ案内し、すべての手配をしてあげた。そのため昨晩は寝るのが遅くなってしまった。
c0193512_22104261.jpg

聞いてみるとジョンさんはスペイン語を話すブラジル人。でも西アフリカに住み13年間宣教しているという。なんて偉いことだろう。宣教師ってすごいなあ。イエス様への愛がジョンさんを動かしているのだろう。

ジョンさんは少し足をひきずっている。
今朝別れ際に、アフリカからもってきた象の彫刻をくださった。
c0193512_22111428.jpg

ジョンさん、大切にするからね。
これを見るたびお祈りしますね。
by nobuyori_1 | 2010-05-13 06:36 | Comments(0)
いよいよエジンバラ100周年記念世界宣教大会が始まった
夫婦で共に参加しています
c0193512_22243729.jpg


朝、大川牧師から
「自分にプラスになるならないにかかわらず、
主の御名によってなされる大会のため
私たちは喜んで全面的協力をしよう」
と声をかけられ、よしやろうという気になりました。

私は中野駅改札でたところで看板もって案内役をしました
いろんな国の人がいろんな服装をして来てやってこられて楽しかったなあ
(世界から1500人参加しています)

マクドナルドで聖書をよんでいたら、
隣に座ったのはアフリカのジンバブエから来られたという黒人の牧師さんたち8人
きくとアフリカのジンバブエから今回の大会に参加しに来られた牧師方
8時間かけて、ジンバブエ→南アフリカ→香港→東京 と3回乗り換えて来たそうだ。
ジンバブエの位置
c0193512_22445018.gif

ジンバブエにどのくらいクリスチャンがいるか尋ねたら
なんと、85%クリスチャンだという
85%~ びっくり 夢のようだ

噂に聞いていたが、本当なんだ!
日本もそのような時代が来ると希望を感じました!


夜は220人のカルバリー聖歌隊&アンサンブル
大川牧師の説教
両方とも素晴らしかったですよ~ 皆さまお疲れ様~
題は「突然激しい風が吹いてきた」、使徒2:1~4

この世界大会で願うことは使徒行伝2章のように、すべての国にご聖霊の風が吹くこと

「聖霊のバプテスマを受けるなら、教団教派を超えて一つとなることができるだろう」
との、ロイド・ジョーンズの言葉を引用

神は多様性を愛される
東京には188の国の人(41万8000人)が住んでいる
教会はすべての国民の祈りの家である

「悲しむ者は幸いだ」
魂が救われないことに心を痛めるべきである
天国へ行くとき、私の心にはさみしさ、悲しみがある
と心の内を語られた

終わりの日にはすべての人に聖霊が注がれる
これから日本には、9つの聖霊の賜物が注がれ、
聖書に書いてあるような奇跡が起こることを信じようではありませんか

ジョン・オルティス・レポートによると
アフリカのイスラム教の町 一晩で全員同じ夢を見た イエス様の夢を見た
そして一晩で500人がイエスを信じて救われたという奇跡起こった

明日のガジマ先生は150人死人をよみがえらせたという人
私は40年牧会をしてるけど、一人もよみがえらせた人がいない
反対に、150人の葬儀をしてきました と語ると会衆に笑いが起こった
でも、主から語られました
150人を天に送ったけど、1500人が救われたでしょう!と
日本にはこれから奇跡が起こります!

「どうぞ覚えてください
あなたの町で殉教の血がながされたことがないとしても
イエスキリストがあなたの町のために殉教の血をながされたということを!
ですから、あなたの町や国は救われます!」
この言葉が私の心にジーンと響いて、
最後の祈りに導かれた

町田のためにも、日本のためにも
キリストは殉教の血を流された
だから町田は救われます!
日本も救われます!
世界はどの国もどの町も希望があるんだ そう感じた

大川先生、毎晩メッセージして~
そんな気持ちにさせられる恵まれた聖書からの力強い説教でした
賛美の中に主のご臨在、癒しの働きがなされました
皆さん、お祈りをありがとうございました
明日からの集会に期待します
また出先から報告します 泊ってます 


長くなってすみません
実況報告したくて・・・
あ、そうそう、これから来られる方いましたら・・・
FMラジオをお持ちくださいね(800円で売られるそうですが)
司会からほとんどが英語でなされさっぱりわかりません
だれか~うちからFMラジオ持ってきて~

by nobuyori_1 | 2010-05-11 22:33 | Comments(0)

何を読む?

 クリスチャンは聖書を読む
 ノン・クリスチャン(クリスチャンではない人)はクリスチャンを読む


父親に教えられた言葉
CGNTVで誰かがそう話していたらしい

「私を見ないで下さい。神様を見てください。」
そうはいっても、ノン・クリスチャンはクリスチャンを見る
神様が見えないのだから、目に見えるクリスチャンを見るしかないのだ

「「私を見ないで」なんて言い訳通じないんだね」
と私が言うと、父が言った
「じゃあ、御言葉を書いたものをベタベタ、クリスチャンに張っておけばいいよ!」

笑ってしまった・・・
なかなかいいアイデアですね!

by nobuyori_1 | 2010-05-10 18:03 | Comments(2)

見えない自分

田中信生先生の「子育ての勘所」は私の一番好きな講演
c0193512_7475363.jpg

そのテープの中にこういうのがある

人間というのは自分が見えないもの

ある長屋で・・・長屋というのは隣が障子一つでしきられている
「となりのうちはだれしのねえ家だなあ
障子さえ張り替えてないんだから」
と自分の家の障子の穴から覗きながら言ったという・・

ある村の村長さん
村の皆で写真を撮ってもらった
それをみんなに見せながら
「ほら、これはお前だぞ。これはお前だ」
でうどうしても、一人分からない人がいる
わからなわけです それが自分だから・・・


昨日、妻と話していたら
「人のことはいいんじゃない?自分のことしっかりしな」
と言われ・・・・
ああ人のことは見えるけど、自分のことが見えてないんだな
自分も同じだなと気づかされ・・・
はい・・・ありがたいお言葉でした

妻の声は天の声
ありがたき「天声妻語」でした・・・
by nobuyori_1 | 2010-05-05 07:51 | Comments(0)