大塚信頼のブログ


by nobuyori_1

カテゴリ:最近受けた恵み( 460 )

大和カルバリーチャペル(大和キリスト教会)から待望の「聖書入門講座」が発行されました。

c0193512_07375364.jpg

これは毎月3回シリーズで開かれている「聖書入門講座」と4回目に開かれる「洗礼準備会」の内容の活字版です。

大川牧師の開拓時代から始まり、数々の先生の手が加わったものの集大成です。

48年間3千人近い方がこの学びを受け洗礼に預かってきました。

是非一家に一冊置いて、自分の復習や学び、聖書に興味ある方との学び、プレゼントにお用いください。

序章は興味深い3つの質問から始まっています。一部引用します。


Q1. 宗教を信じるのは怖いイメージがありますが、大丈夫でしょうか。


A1 大丈夫です。ぜひ安心してください。


怖いと言うイメージは、他者との関わりが断絶されたり、洗脳されたりというイメージがあるからと思いますが、聖書を信じるということは、けして排他的になったり社会から孤立するわけではありません。

聖書の伝える神様の素晴らしさは「愛と寛容」です。

信じることを強制したり、信じない人に攻撃的になったりはしません。

また、けして規則に縛られるわけではありません。

キリスト教の良さは「自由と選択」です。


また、けして先祖や家族を軽んじるわけではありません。

むしろ聖書は「家族を尊重し、尊敬する」ことを教えます。


宗教に対する不安や心配が募る昨今ですが、本書を通して新しい視座を得て頂きたいと願っています。

Q2 では、クリスチャンは何を信じているのですか?


A2 聖書の伝える神様を信じています。


聖書はゆらぐことのない真理であり、変わることのない信仰の土台です。

クリスチャンは聖書を「誤まりなき神のことば」と信じています。

そして、その聖書の伝える神、すなわちペルソナ(人格・神格)をもって私たちと関わってくださる神様は生きておられると信じています。


 (続きは是非お求めになってお読みください(^^)/


  大和カルバリーチャペルにてお求めになれます。)







[PR]
by nobuyori_1 | 2018-10-28 07:39 | 最近受けた恵み | Comments(0)

テニス・勝利の秘訣

今、テニス界が熱いですね。私の中学生の甥もテニスをしています。

大坂なおみ選手は2018年、日本人初のグランドスラムシングルス優勝者。

錦織圭選手は2014年、日本人初グランドスラムシングルス決勝進出者。


その錦織圭選手を支えているのは、2013年からコーチを務める台湾系米国人のマイケル・チャンです。

そのマイケル・チャン(1972年生まれ)は1989年、史上最年少(17歳3か月)でグランドスラムを優勝した記録保持者であり、アジアにルーツを持つ唯一の男子グランドスラム優勝者でもあります。

c0193512_06295172.jpg




マイケル・チャンは熱心なクリスチャンであることをご存知でしょうか。

彼は自叙伝「勝利の秘訣」(FORESTBOOK出版)で、率直にこう告白しています。


「これまで特に詳しく語らなかった自分の素顔とは、私がクリスチャンであるということです。

・・華々しく活躍していた選手時代も引退後も、変わらない『本当の姿』とは、一貫してクリスチャンだということです。」


優勝を果たした全仏オープンでは5セット目から足が痙攣し始め、その痛みの中「最後まで戦う力をください」と祈り戦いました。

全仏オープンでの優勝インタビューではこう答えています。


「マイケル、なぜ勝ったと思いますか?」

「私の主であるイエス様が私に力を下さったからです。」

「主があなたに力をくれたとは、どういう意味ですか?」

「その言葉の通りです。イエス様が戦い通す力を下さったのです。ですから私は、全ての誉れを主にささげます」。



c0193512_06250667.jpg


残念ながら、マスメディアでは、このようなマイケルの言葉をとりあげませんが、彼はいつもこのように答え、神に栄光をお返ししていたそうです。


彼の自伝から、キリストがテニスだけでなく、人生そのものの勝利の秘訣であることを教えられます。




町田カルバリー 家の教会の週報コラムより




.


[PR]
by nobuyori_1 | 2018-10-16 17:51 | 最近受けた恵み | Comments(0)
昨年夏に大きく育ったひまわり
c0193512_19455969.jpg
その種が落ちて、今年は自然に生えました。なんと2m以上にもなりました。巨大です。
c0193512_19254423.jpg
c0193512_19264730.jpg
初めてミニひまわりも育ててみました。あかるくてきれい。POPですね。花屋に売っているひまわりみたい。
c0193512_19274741.jpg
大きなひまわりの下には種ができてきました。
c0193512_19373697.jpg
そして、今日、枯れた花を取り、そこから種を採取しました。

さて一つの花から、何個の種が採れるでしょう? ワクワクしながら数えます

私は1000個、 子どもは500万個 と予想しました。
皆さんは幾つだと思いますか?

手袋をして、種をとっていきます。
c0193512_19312509.jpg
10個ごと、そして100個ごとにまとめていきます
「木を植えた男」の話を思い出しながら
c0193512_19311406.jpg
c0193512_19321782.jpg
すると、終わらない・・終わらない・・ 途中数えるのに疲れてきましたが、最後まで頑張りました・・
c0193512_19325777.jpg
やっと集計、そして・・

結果を発表します!

ジャジャーン 

c0193512_19330662.jpg
約2千個ありました!

この種を植えれば「ひまわり畑」ができるな~ とイメージが膨らんできました、
c0193512_20001940.jpg

ちなみに種の中ってどうなっているのでしょう?
c0193512_19305302.jpg
アレ?って感じです。
殻は大きいけど、中には細長いものが入っています
これが種なんでしょうか ここに命があるのですね

ナッツみたいのが入っていて炒って塩かけて食べると美味しいと聞いていたのですが・・
それは食用のひまわりのようです・・ずいぶん違うのですね

ミニひまわりの種も採れました
来年のため、乾燥しました
c0193512_19540745.jpg

とても植えるところがありません・・
欲しい方には差し上げます
もらいに来てくださいね



一粒の種から2000倍の収穫
一つの種の中にひまわり畑を観ることができました
「種内果樹園」
「一つの種の中に果樹園を視る目を持ちなさい」と 学生の時に教えてもらった言葉を思い出します

”一粒の麦がもし地に落ちて死ななければ、それは一つのままです。しかし、もし死ねば、豊かな実を結びます。”(ヨハネ福音書12章24節)

一粒の麦とはイエス・キリストのこと。また神の命を持つ福音のこと。

2000という数字は2000年を想わされます。



.





[PR]
by nobuyori_1 | 2018-09-06 20:01 | 最近受けた恵み | Comments(0)
裏の畑の方から「これイスラエルのオクラよ」と種を分けてもらったもの 初収穫しました。
「え、イスラエルですか?イスラエルは聖書の舞台なので興味があります」


日本のオクラと、ずいぶん太さと形が違います。左がイスラエル産。右が日本産。
c0193512_07425129.jpg

切ってみたら、
c0193512_07430546.jpg
イスラエル産の切り口は
c0193512_07432953.jpg

ダビデの星によく似ているということで、名前も「ダビデの星(スター オブ デイヴィッド)」。
c0193512_07461337.jpg
似ていますか?

そして、日本のオクラ。
c0193512_07431809.jpg
これは完全な星形 ★

イスラエルのオクラはとんがりが9つ。日本のオクラはとんがりが5つ。
c0193512_07494267.jpg
ダビデの星はとんがりが6つなので、なんとなく、ダビデの星を思わせるのでしょう。


まさか、日本の地でイスラエルのオクラが育つなんて。
日本とイスラエルの関係を想わせる出来事でした。

ちなみにダビデの星は、イエス様の誕生地「ダビデの町~ベツレヘム」に東方の博士を導いた星とは関連がなく、
17世紀ユダヤ人の印として作られたもので、ダビデ王の「DAVID」の最初と終わりの「D」の文字がヘブル語では△をしているので、
正三角形を二つ合わせたヘキサグラムという形になったそうです。
c0193512_07461337.jpg
なんか夏休みの自由研究のようになってしまいました・・

それにしてもオクラの花はきれいです
c0193512_08143580.jpg

味の方は・・・柔らかくて、甘くて、美味しいです。

日本のオクラより柔らかく、甘いかも。

日本のオクラは毎日見ていても、少し大きくなりすぎると筋張って料理できませんが、
イスラエルのオクラは大きくなってもとっても柔らか。
分量も多くとれます。

人気があるわけです。












[PR]
by nobuyori_1 | 2018-08-08 08:08 | 最近受けた恵み | Comments(0)

庭の畑化 エデンの園に

今住まわせていただいている貸家の庭を、畑にさせていただいています。
引っ越してきて今日で2年。
いつの間に、庭は”エデンの園”のように、たくさんの作物が植わっているようになりました。
そして時期が来ると次々色々な実を結びます。

c0193512_09051112.jpg
c0193512_09030205.jpg
c0193512_09013368.jpg
c0193512_09023241.jpg
c0193512_08425752.jpg
c0193512_08430678.jpg
c0193512_08450387.jpg


植えてあるものは
ナス、トマト、キュウリ、ピーマンの夏野菜の他、
枝豆、オクラ、シソ、えごま、大根、カブ、ニンジン、サニーレタス、長ネギ、ブロッコリー、アロエ
いちご、ブルーベリー、ジューンベリー、柿、ブドウ、カボス、ミカン・・20種類以上になりました。

庭なので、毎日様子を見ることも出来るし、収穫もできます。
お腹がすくと、庭に出てトマトをつまむという感じ。
庭に八百屋がある感じです。

住み始めた時は、庭が広いため雑草の管理をどうしたらいいのかと迷っていました。
c0193512_09090669.jpg


しかし今になって、庭が広く土があるということは素晴らしい恵みだと知りました。
c0193512_09035234.jpg
c0193512_09051006.jpg

もしやがて、家を借りることがあっても、陽当たりが良く土のある家がいい。
コンクリートや砂利はひかないでおいて、雑草が生えてほしくないときは防草シートで対応し、いつでもめくれば畑に変えられるようにしたいです。

畑をすることで、種に含まれる神様の創造のみわざを拝することができまます。
畑は種も仕掛けもある、神様のマジック。驚きと恵みに溢れています。

c0193512_09134237.jpg




私のモットーは、農村伝道神学校のストーン宣教師のそのものー
”神と人と土を愛す” です。

”神はまた言われた。「地は青草と、種を持つ草と、種類に従って種のある実を結ぶ果樹とを地の上にはえさせよ」。そのようになった”
”主なる神は、見て美しく、食べるに良いすべての木を土から生えさせた”
”あなたは園のどの木からでも心のままとって食べてよろしい”
(創世記1:11 2:9,16)


c0193512_09131444.jpg







.
.

[PR]
by nobuyori_1 | 2018-08-01 09:06 | 最近受けた恵み | Comments(0)

早天祈祷会の祝福


早天祈祷会って本当に祝福です。
朝の45分間に、賛美ができて、聖書が読めて、メッセージが聞けて、祈りを通してすべてをお任せして一日を歩む。
日常生活から離れて教会で持つから、朝のわずか45分間の中で集中してこれらすべてのことをすることができます。
そして心配と恐れから解放され、主の恵みとみわざを体験する勝利の一日を歩むことができるのです。
これは誰もが求めていることではないでしょうか。

c0193512_08270715.jpg

今朝も5人の方がこられました。

使徒行伝を見ると、何が起こっても福音が広げられた根底には、”教会による祈り”が日々捧げられていたことがわかります。
教会堂がない時代も、各家々で毎日のように集まっていたのです。
家なら近所でいいですよね(他の家族の理解があってできることですが)。
そんな日々の祈りと励まし合いが、各信徒の毎日を支え、力強く証しがなされていったのです。

ある方は言われました。
「早天祈祷会が始まったら、規則正しい生活になりました。」
睡眠と食事が規則正しくなっそうです。
私の実感は、夏バテ対策になっている気がします。
しかしこれらすべては、神を第一とすることの副産物なのです。
神の国と神の義を第一に求めるなら、神の国と神の義が与えられます。

安息日礼拝が週に一度の祝福ならば、早天祈祷会は毎日の祝福です。

お近くの方は、この恵みを体験しに、是非一度お越しください。

町田カルバリー 家の教会の早天祈祷会は
月、水、木、金、土(火曜と日曜以外。火曜は大和で早天を持っているので)
朝6:00~6:45
場所:町田カルバリー家の教会

時に火曜日もなされることも、また都合で休みになることもあるので、HPのお知らせでご確認ください。





.


[PR]
by nobuyori_1 | 2018-08-01 08:33 | 最近受けた恵み | Comments(0)
c0193512_18383922.jpg

川にたずねた
「どこに行くのか」
「ひくいところへ」
別の川にたずねた
「どこへ行くのか」
「ひくいところへ」
幾筋ながれても
争いがない (河野 進)


有名になることを求めるのとは逆に、最近河野進師の詩から、謙遜や無名になる生き方を教えられています。

こまった時に思い出され
用がすめば すぐ忘れられる
ぞうきん
台所のすみに小さくなり
むくいを知らず
朝も夜もよろこんで仕える
ぞうきんになりたい


主は問われる
「何を望むか」
「謙遜を」
「次に何を」
「親切を」
「さらに何を」
「無名を」
「よかろう」


  (詩集「ぞうきん」より)



.

[PR]
by nobuyori_1 | 2018-02-25 18:43 | 最近受けた恵み | Comments(0)
c0193512_20053423.jpg

『スポーツジム 車で行って チャリをこぐ』

『正直で 忖度(そんたく)なしの 体重計』

『体重計 上る勇気と 見る勇気』

『飲み会で 上司の隣 ゆずりあう』

『「マジですか」 上司に使う 丁寧語』

『定年後 妻のトリセツ 子に習い』

『妻いない この日は朝から プレミアム』

『減塩の メニュー頼んで 塩かける』

『「言っただろ!」 聞いてないけど 「すみません」』

『間違えた! 上司へライン 「愛してる」』

『辞めますも SNS 済ます部下』

『薄さでは スマホに負けぬ わがサイフ』

『嫁からの 返事はいつも 既読だけ』

『サプリやめ アプリで変身 妻の画像』


                  2018年サラリーマン川柳 100選より


ベスト10はこれから投票で決めるそうです。

みなさまはどんな川柳が好きですか。



.


[PR]
by nobuyori_1 | 2018-02-23 20:12 | 最近受けた恵み | Comments(0)

JESUS・チョコレート

日曜日に、大和カルバリーに行くと、坪井先生が子どもたちにと、チョコレートをくださいました。
見てびっくり
c0193512_20345501.jpg
その名も JESUS ミルクチョコレート
c0193512_20343068.jpg

イエス様が大好きな私の心は、ときめいてしまいました。
裏は・・
c0193512_20353346.jpg
ボケてますね、ごめんなさい。

「中は明治のチョコレートですから、安心して食べて大丈夫ですよ」と坪井先生。やさしいですね。
子どもたちと分けて食べましたが、久しぶりに食べる板チョコは甘くておいしかった~

もし、イエス様だったら、
バレンタインデーに、ラブレターと共にあなたのために手作りチョコをつくってくださるでしょう。
そんな詩を歌っておられたのを思い出しました。

” JESUS チョコレート
あなたにも、あげたい ”



.
そうそう、バレンタインデーってキリスト教と関係があるんですよね。














[PR]
by nobuyori_1 | 2018-02-12 20:43 | 最近受けた恵み | Comments(0)

18才と81才の違い

<18才と81才の違い>

恋に溺れるのが18才    風呂でおぼれるのが81才
道路を暴走するのが18才  道路を逆走するのが81才
心がもろいのが18才    骨がもろいのが81才
偏差値が気になるのが18才  血圧・血糖値が気になるのが81才
なだ何も知らないのが18才  もう何も覚えていないのが81才
東京オリンピックに出たいのが18才  それまで生きたいのが81才
自分を捜しているのが18才  皆が自分を捜しているのが81才

   長崎雲仙温泉からのお便り 大和カルバリーチャペルの週報コラムより 
c0193512_06561881.jpg

老いも楽しみながら笑いに変えて、元気に過ごせたら幸いです。
それにしてもどなたが作られたのでしょう。名文ですね。




.

.

[PR]
by nobuyori_1 | 2018-02-05 08:18 | 最近受けた恵み | Comments(0)