人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:週報のコラム( 52 )

いざ、アルゼンチンへ

 皆様、いつもこの小さき者のため、祈り、支えて下さり感謝します。

 この度、アルゼンチンにおられるルイス・与那嶺宣教師からお誘いを受け、祈りの中で導きを強く感じ、遠くアルゼンチンの聖会に参加することにしました。

 長期の旅のため、教会や家族、職場にご負担をかけることを申し訳なく思います。それでも主の恵みを求めに行くよう不思議な導きを感じております。

牧師が留守をする間、教会や家庭が守られるよう、愛兄姉のとりなしの祈りと協力をお願いします。私も地球の反対側からお祈りしてきます。(12時間差)


 ことの発端は5月16日、ルイス先生から突然の誘いのメールがありました。

c0193512_12314939.jpg
集会のタイトルは「FOCUSする」という意味だそうです。霊的な火が注がれたアルゼンチンの中のマルデルプラタで6/11~13行われます。

1980 年代に起こった大リバイバル、数えきれない人々が救われ、爆発的にプロテスタント教会が成長した時代 、この大リバイバルのために用いられた器達(アナコンディア、フレーソン師他9名)が、教団教派の壁を越えて共に牧師達にミニストリをするためにセミナーを行う事になりました

アルゼンチンリバイバルのために素晴らしく用いられました先生方が集まってセミナーを行うという事は二度とない事でしょう。

突然な事であり時間も少ないと言う事も存じていますけれども是非可能ならば, 日本の多くの先生方がこのリバイバルの器に按手して日本のリバイバルのために祈って頂けたらと思わされました。」

 お誘いを受けたことは光栄なことですが、断る前に祈らなければと思い祈っていると、今この教会は早天祈祷会で祝福を受け始めていますが、さらなる聖霊様の油注ぎによりブレイクスルーされ、あらゆる世界が開かれていくことが必要だと感じました。

救いもいやしも按手の世界も開かれなければいけません。


大和カルバリーチャペルも大川先生がアルゼンチンで祈ってもらった90年代500人から1000人に教会が成長しました。

天野先生もリバイバルを求めて世界を廻り、変えられ今は大きく用いられています。


同じ事が起こるかどうかはわかりませんが、何かが起こることを主に期待し行ってきます。是非、お祈りで支えて下さい。15日に戻ります。

「神のために偉大なことを期待せよ。偉大なことを企てよ」


町田カルバリー 家の教会の週報より


by nobuyori_1 | 2019-06-01 12:49 | 週報のコラム | Comments(0)

先週は、早天祈祷会に11名。Lineで2名の方が参加されておりました。

礼拝に20名の参加なので半数以上の方が早天祈祷会を守っていることになります

朝の祈りは勝利ある生活に欠かせないもの。

早天祈祷会が毎日の習慣となり、共に勝利ある生活を歩めることは牧師として感謝に絶えません。

「考えは言葉になり、言葉は行動になり、行動は習慣に、習慣が人格になり、人格は運命を形作る。」

―サミュエル・スマイズ(作家・イギリス)

私たちは感謝より不平を言う方がずっと楽なことを知っています。

感謝は意識し、努力してこそできるものですが、不平は知らず知らずの内にでてくるものだからです。

ここで、習慣化する過程を知ると、助けになるかもしれません。

脳を研究している学者たちは、通常、新しい習慣を造るには21日程度の期間がかかると言っています。

人間の脳は、ある行動が繰り返されると、その中でシナプスと言う回路が形成され、それを抵抗せずに受け入れるようになるのです。

シナプスが作る回路は、ちょうど脳に道が作られるのとおなじようなものだと言われます。

ところが興味深い点は、シナプスはその性質上、一方向にだけ興奮を伝達するのです。

そのため、次の時に似たような刺激を受けると、一度作られた回路の方向にたやすくつながるのです。 

たとえば、私たちがある状況で怒ると、怒る方向に根が張られ、否定的な回路が作られます。

そこで似たような刺激が与えられると、より怒りやすくなるのです。

反対に感謝をすれば、脳に感謝の根が張られ、次からは容易に感謝できるように、脳の中に感謝の道ができるのです。

こうして、私たちの脳に模様が作られるように根がはられ、道が作られる時、これが私たちの「性格」となるのです。


c0193512_19154840.jpg



ジョージ・ルードは「人間の脳の中のシナプス連結が変化すると、その人の人格、すなわち性質も変わる」と語りました。

(「感謝が習慣となる21日」ジョン・クゥアン著)

 今週も神様を第一とし、すべてを前向き・肯定的に感謝して、良いシナプス回路を作りましょう。


「いつも喜びなさい。たえず祈りなさい。すべてのことに感謝しなさい。」

(テサロニケ5:18)





by nobuyori_1 | 2019-05-21 19:18 | 週報のコラム | Comments(0)

イエス様はお医者さん

電化製品が具合悪くなったからとすぐに買い替える方がいます。

調べると大抵一箇所が悪いだけ。

製造10年内なら、他の部品はまだピカピカで新品同様。捨ててしまうなんてもったいない。

悪い所だけ直せばまた快適に使えます。


私たちの身体も心も同じ。ほんの一部が悪いため全体に支障を来します。

バブル時、メーカーがお金をつぎ込んで作った製品のように、私たちは一人残らず、超高性能に、「神のかたち」に造られています。

創造者なる主は私たちの悪い所を直し、本来の性能を発揮させたいと願っておられるのです。


c0193512_19425573.jpg

この木曜日、レイモンド・ムーイ師をお招きし、特別聖会が開かれました

「内に与えられた神の賜物を再び燃え立たせなさい」と、Ⅱテモテ167より語られました。

いやしは疑い深いこの世に対し、イエス様が復活して生きている神であることを示す方法。

仏教国ミャンマー、イスラム国インドネシア、ヒンズー国インド、日本でなされたいやしと救いの御業が証されました。

会衆のためいやしの祈りをすると、15名位の方が前に出られいやしの証しをされました。貴重なので記録したいと思います。


・ 45年前から交通事故の後遺症で右ひざが痛かった。その痛みがなった。50代女

・ 慢性的な腰痛10年前からあった。歩いても座っても。それがなくなった。60代男

・ 頸椎の痛み度々起きてた。この姿勢をとると痛かった。それがなくなった。40 T

・ 緩和ケアの病院から来た。Stage4胃がんでお腹がはり、水がたまっているかもと昨晩医者から言われた。今、はり感がなくなりやわらかくなった。70代女

・ 毎日ラジオ体操してる。左腕上がらなかったのが今上がる。70U

・ 小さなころからの持病で胃が痛くなりこの時期食事がとれない。メッセージを聞いている内、胃がグーグーなりだして、今温かく感じる。

・ 補聴器つけてきたがもうなくても聞こえる。バッグの中に置いて前に来た。70代女

・ 半年前から痛み止めを飲む程指先まで神経痛。その痛みがなくなった。40 I


これは、別の場所での証し

・ 祈ってを開くと、前より悪くなった。メガネを外してみたら良く見えた。メガネがいらないなった。


いやしは徐々に、段階的に、あとでなされることもあります。

もちろん、病院での治療を通してなおることも、神様のいやしです。

神様は直接的にも間接的にもなおすことができます。

ゆだね続け、求め続けましょう。


イエスは答えて言われた、「健康な人には医者はいらない。いるのは病人である。」(ルカ5:31)


イエス様は霊的にも心も、体までなおされるお医者さんです。


動画で見たい方はこちらからどうぞ

観ているその場でいやしがなされることもおこるでしょう。







by nobuyori_1 | 2019-03-23 19:43 | 週報のコラム | Comments(0)

3月から倉知契先生が瀬戸に越されるので、大和での礼拝説教としては最後になります。

倉知先生の優れた説教から毎月たくさんの恵みを受けてきましたが、先月の説教の中で語られた「恩送り」の内容が私の心に響いています。

恩を受けた人に返すのは「恩返し(PayBack)」。それはキャッチボールのようです。

しかし、幸せになるのはいつまでも二人だけです。

c0193512_21422760.jpg

それに対し、誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ることを「恩送り(Pay Forward)」といいます。

それは広場でバレーボールをするようなものです。トスを受けた人は送ってくれた人に返すのでなく、他の人にトスをします。そしてその輪はどんどん広げられていくのです。

c0193512_21415786.png
                            (「視点を変えてみてみれば」塩谷直也著より)

教会で受けた恵みを、いつも同じ人に返すのではなく、まだ送ったことのない別の人に送りましょう。

それによって神様の恵みはその地域に広げられていくのです。

「恩返し」よりも「恩送り」。それがキーワードです。

「恩送り」の思想は、古く江戸時代からあった思想で、生の連鎖を生み出します。

「恩返し」では相手に返さなければいけない義務感を与え、負担を感じさせてしまいます。

「恩送り」では、相手は受けた恵みをそのまま別の人に流せばよく、負担を感じさせません。

(恩をくれた人に感謝は表すべきですが。)


イエス様は言われました。「人によくしてやり、また何も当てにしないで貸してやれ。」(ルカ6:35)。

イエスの私たちへの願われる生き方は「恩送り」です。 

見返りを求めず、神様からの恵みを、別の人に送りましょう。



私の視点を変えてくれた、大ヒットメッセージです。


町田カルバリー 家の教会 の週報コラムより

     




by nobuyori_1 | 2019-03-02 21:43 | 週報のコラム | Comments(0)

最近、どんどんキリスト教や聖書の影響が日本の芸能界、音楽界やスポーツ界に入り込んでいて、驚かされることがあります。


大島優子さん(元AKB)・三浦春馬さんも大和の教会に来られて「罪と罰」の公演のために相談をされたとのこと。


先日、子どもが幼稚園で覚えてきたNHK作、2020応援ソング「パプリカ」。

「パプリ~カ 花が咲いたら 晴れた空に 種を蒔こう

ハレル~ヤ 夢を描いたなら 心遊ばせ あなたにとどけ!」

人気の米津玄師の作詞だが、幼稚園でも公園でも、NHKやラジオで盛んに「ハレル~ヤ」と歌われていて驚かされてしまう。

「ハレルヤ」とはヘブル語でハレル(賛美する)+ヤ(ヤーウェの省略形)で「主をほめたたえます」との意味。


長渕剛の最新曲のタイトルはAmen(アーメン)」

ミュージックビデオでは世界遺産に指定された長崎の教会の前で十字架のネックレスをつけて歌われている。



昨年の2018年、高校3年生にして日本人初のアジア競技大会6冠を達成した水泳界のスター、競泳の池江璃花子選手(18)。

白血病にかかったことを公表した後、Twitterでこのようにコメントした。

私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています。もちろん、私にとって競泳人生は大切なものです。ですが今は、完治を目指し、焦らず、周りの方々に支えて頂きながら戦っていきたいと思います。」


またフィギュアスケートの羽生結弦選手(24)が、同日12日に掲載されたインタビュー記事(徳間書店運営のサイトASA-JO)では、

『試練は乗り越えられる者にしか与えられない』という感覚は、自分の中にあります。」と語っている。

c0193512_13055048.jpg


池江選手も羽生選手も引用した言葉は同じ聖書の言葉です。

「神は真実である。あなたがたを耐えられないような試錬に会わせることはないばかりか、試錬と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである。」(Ⅰコリント10章13節)


聖書の言葉が、多くの人の心を支えているのです。


特に若者たちの中に入っているな~と感じます。


町田カルバリー 家の教会 週報コラムより




by nobuyori_1 | 2019-02-23 13:03 | 週報のコラム | Comments(0)

祈りの姿勢

「サタンは、信仰が最も弱々しい信徒がひざまずく 時、震えあがる(Satantrembles when he sees the weakest saint upon their knees.)。」(ウイリアム・クーパー)という有名な言葉があります。

皆様は、祈る時どのような姿勢で祈るでしょうか。形は関係ない、中身が重要だと言われるかもしれません。確かに祈りは心ですから中身が重要です。しかし、形は心とつながり、形は心の表現となると同様に、形が心を規定する側面もあることを覚えましょう。

私たちは16世紀の宗教改革直前に開発された長椅子によって、椅子に座り礼拝し、座ったまま祈るようになりました。しかし、それまでは礼拝堂に椅子はなかったのです。椅子に座って祈るようになったのは近代になってからです。


旧約・新約聖書を見ると、「立つ」「ひざまずく」「ひれ伏す」というのが祈りの姿勢でした。イエス様でさえそうでした。

c0193512_17204215.jpg

ユダヤ教も東方教会も、現在でも祈りは立ってなされます。手のひらを上に向け、手を上にさしのべて祈ったり、胸の前に広げて祈ります。それは父なる神の前に出ていることを表す姿勢なのです。

c0193512_17175168.png

西方教会では、ひざまずいて祈ることを大切にします。ひざまずく姿勢は懺悔の時だけでなく、謙遜、服従を表す姿勢なのです。

c0193512_17173495.png

イスラム教では、現在も祈りの動作の中に地に頭をつけひれ伏して祈る動作が入れています。私は神のしもべですと、畏敬と降伏を表す姿勢なのです。

c0193512_17172386.png

椅子に座って礼拝を持ち、祈ることは、長時間教育的説教がなされるプロテスタント教会には都合の良いものでした。足の悪い方、高齢者に対する配慮にもなりました。悪いわけではありませんが、本来の祈りの姿勢を回復しましょう。 


様々な祈りの姿勢を時に応じて用いることで、祈りは豊かにされ、霊性が深められます。

早天では様々な姿勢でお祈りなさるよう、お勧めいたします。
  論より証拠です。実践からその意味を感じとってください。


町田カルバリー 家の教会 週報より



by nobuyori_1 | 2019-02-16 17:22 | 週報のコラム | Comments(0)

試練の意味

どんな成功者にも、試練や苦難は降りかかります。

c0193512_17465753.jpg

苦境に陥ると神からの罰が下ったと思う人がいますが、それは誤解です。


神は、聖なる目的を持って人間に試練を与えられます。

人間にそれを乗り越えさせるために、あえて与えられるのです。


「魂の父は私たちの益のため、そのきよさにあずからせるためにそうされるのである。」(ヘブル12:10)


私はこれまで経験してきた数々の試練を通じて、神は私の置かれた状況を変えるより、私自身を変えることの方を重視しておられることに気づきました。

かといって、神が状況を変えられないということではありません。

ただ、大抵の場合、試練は自分の一番弱い部分を鍛えるためにあるものなのです。


・・このように、神はさまざまな状況を利用して、人間の未熟な部分を引き出されます。

その中であなたが何をしても状況は変わりません。

神は状況を変えることより、あなた自身を変えることを重視しておられるからです。

それを理解してあなたが変われば、あなたは人間として一段階成長し自ずと状況も変わってきます。

私たちは、試練が何のためにあるのかを理解しなくてはいけません。すべての辛いことから、逃げ続けることはできないのです。


もしかしたら、今あなたは試練の真っただ中にして、そこから抜け出せるように必死で祈っているかもしれません。

むろん、祈ることは正しい行いですが、まずは自分がそのような状況に置かれている理由を考えてみる方が先かもしれません。


神は試練を通じて、あなたを人間として高めようとなさっています。

しかし、あなたが苦難を避ける事ばかりに専念していると、神の目的は果たされません。

周囲の状況や人にばかり目をやるのではなく、その奥にある神の意図を見るようにしてください。


                           ジョエル・オースティン著 「あなたはできる」より





by nobuyori_1 | 2018-11-24 17:48 | 週報のコラム | Comments(0)

笑顔の力

「笑顔の力(笑顔の効果)」


科学的にも証明されていることですが、マイナス思考で常に不安や恐れを抱えていると、免疫機能が低下し病気にかかりやすくなります。

科学者によれば、人間の肉体の中では絶えずがん細胞が育っているそうです。

しかし、私たちには、生まれつき「ナチュラルキラー細胞」という奇跡のような免疫機能を持つ細胞が備わっています。

これは、異常な細胞を攻撃し、破壊する細胞です。研究によれば、恐怖心や不安やストレスといったマイナス感情は、この細胞の働きを弱めるそうです。


一方、プラス思考でいつも機嫌が良く、よく笑う人の体内では、平均を上回る数の「ナチュラルキラー細胞」が生み出されるそうです。

つまり、喜びに満ちた人生を送っていれば、免疫機能は最大限の力を発揮するのです。


笑顔をつくることは癒し行為の一つです。

研究によれば、笑顔をつくるとある種の物質が体内の組織に運ばれ、体をリラックスさせて健康でいられるそうです。

特に笑う理由がなくても、笑顔を絶やさないよう心がけましょう。


c0193512_06400435.jpg

ある日私が教会のロビーにいると、一人の少年が深刻な顔で近づいてきました。

彼は私をじろじろと眺めると言いました。

「ちょっと聞きたいことがあるんですけど」

「いいよ、何が知りたいんだい」

「どうして牧師さんはいつもニコニコしてるんですか?」

ほとんどけんか腰といってもいいその口調に私は一瞬、ニコニコしていてはいけないのかと思ってしまったほどでした。

「そうだね、それは私がいつも幸せだからだよ。君は笑わないのかい?

少年は少し考えてから、こう言いました。

「アイスクリームを食べている時はニコニコするよ」。


おとなたちの大半がこの少年と一緒です。

彼らは人生そのものがアイスクリームのように甘くておいしいものになった時にだけニコニコしているのです。

しかし、そうでない時も朗らかにふるまえば、あなたの人生には奇跡が起こるでしょう。

始終苛立つのをやめて、笑ってください。肩の力を抜いて生きれば、長生きできる上に、生きることが楽しくなります。

                            

 ジョエル・オースティン著 「あなたにはできる」


そう、確かにジョエル・オースティン先生はいつもニコニコしていらっしゃる。
「笑顔の力」を知っている方なのでしょう。

c0193512_06571769.jpg
「いつも喜んでいなさい。」
 
聖書の言葉は健康にもつながっているのでしょう。
(Ⅰテサロニケ5:16)





by nobuyori_1 | 2018-11-19 08:45 | 週報のコラム | Comments(0)

恐れを克服する

恐れをどのように克服していらっしゃいますか。


先週、頬にできた腫瘍(しゅよう)(うみ)がたまり大きくなって痛み出しまし(うみの苦しみ)

何のために腫瘍ができてしまったの・・

腫瘍だから、「主よ(腫瘍)~」ともっと祈れということなのだろうと私的霊的解釈したり、腫瘍を感謝したか?と主に問われた気がして、腫瘍ができたことを感謝しますと感謝し始めました。


そんな証しを火曜日、大和の早天祈祷会でさせていただくと、ネットを通して早天祈祷会を守っていた一人の姉妹から、

内臓の腫瘍が発見されて不安の中にいましたが、主は祈りに導いておられると感謝し、平安を頂いて病院へ行くと、内視鏡検査をしても腫瘍や腹水が見当たりませんでした。

診察室を出てから涙がこぼれそうでした、との感謝の証が届きました。

主はいやし主です。主に栄光をお返しします!



息子が風邪をひき、病院で白い粉薬を処方されました。

家で飲ませようとすると、飲めないとぐずりました。

c0193512_05032863.jpg
(こんな感じです)

「水を入れて」というのでコップに水を入れてあげると「もっと入れてよ~」と泣くのでもっと水を入れると、今度は「粉が下にたまってるんだよ~」。

スプーンでもう一度かきまぜて出すと、「ぼく、薬飲むと泣いちゃうんだよ~」と言います。

「泣いてもいいから治るために飲むんだよ」というと、しばらくして泣きつつも全部飲んでいました。

恐れを克服して飲んだのです。


そんな息子も、読売ランドで娘がお化け屋敷に入った時は直前で辞退しました。

私は付き添いで入りましたが全く怖くなく拍子抜けしました。

お化けは実在しないことを知ってるからでしょう。

息子曰く「ぼく、5歳の時より怖くなっちゃった」


心理学者によると、私たちが抱く恐れの大半は後天的なものだそうです。

生まれた時点で私たちが恐れを感じるものは二つだけ。

「大きな音」と「落ちること」です。

それ以外の恐れは、私たちが成長しながら認識するものです。

その過程で、本来は恐れる必要のないものまで対象にしてしまうことがあるのです。


健全な恐れと実体のないものへの恐れがあります。

区別する知恵を主にいただいて、「恐れには実体がない」と」宣言し、恐れを克服させていただきましょう。 




町田カルバリー 家の教会の週報より



by nobuyori_1 | 2018-11-17 05:25 | 週報のコラム | Comments(0)

「いつまで続くかわからないけど、明日から早天祈祷会をさせてください」。


c0193512_06175686.png

義信兄に許可を頂き、18日(月)から密かに初めた早天祈祷会でしたが、始めて見るとなんとしっくりくるものでしょう。

わずか45分間ですが本当に恵まれました。賛美はできるし、宿題の聖書個所は読めるし、「365日のマナ」(チョー・ヨンギ著)のその日のショートメッセージは毎回新鮮で養われ、祈りに導かれます。

さすが早天祈祷会の盛んな国、韓国で書かれたものです。生きた信仰が語られ、日増しに早天祈祷会が強められてきます。


そして主の前にひざまずいた時、次から次へと自分の脳裏に、自分が抱えていた不安、心配ごとが次から次へと思い出されていきました。

私はこんなにも心配事を抱えながら、我慢して生きていたのだと気づかされました。

主の御前に涙ぐみ、正直に心を注いで祈れました。

教会には特別な主のご臨在があります。


一日のことを祈って始めると、一日が違いました。

色んな事が起きても主にゆだねてあるので、あまり動揺することなく、主が善きにしてくださるという信仰が心を強く守ってくれるのです。

聖霊様に強められているので、一日過ごすのが楽でした。祈って過ごすとこんなにも「楽」に過ごせるものかと、改めて実感しました。

それから、早天祈祷会が楽しみになりました。水曜も、木曜も・・やめられないとまらないかっぱえびせん♪です。

自分に最も必要なものと出会えたのです。

家から離れることで、日常性から離れ、気が散ることなく集中できます。


祈ると御業が進みます。

週に一度の祈り会では、週に一度の奇跡を体験するだけでしたが、日ごとに祈れば、日ごとに御業が前進していくのです。

25名を目標としていたキャンプ申込者もいつの間に53名与えられました。

「父の日・バーベQ」の日は、曇りのち雨の天気予報だったのに、バーベQに合わせて晴れました。

昨日は早天に6名の方が集められました。

「こんなに近くで早天が始まったなら出ないわけにはいかない」と。


今、教会の歴史的転換点を迎えています。


                     町田カルバリー 家の教会の週報コラムより


もちろん、早天祈祷会の祝福を知らなかったわけではありません。

しかし、町田カルバリーでは物理的・精神的・さまざまな事情によりできずに来てしまいました。

今、時が来て、状況が整い、始めることができました。

”時”ってあるものですね。

いつまで続くかわかりませんが、導かれるまま進ませていただきたいと思います。







.



by nobuyori_1 | 2018-07-01 06:21 | 週報のコラム | Comments(0)