大塚信頼のブログ


by nobuyori_1

<   2010年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

先日は代々木オリンピック青少年センターで開催された
「ちあ、にっぽんコンベンション」に夫婦で初参加した。
「ちあ、にっぽん」はチャーチ&ホームスクーリングを
日本に広める運動をする団体。現在、アメリカでは300万人を越える人が、
自分の子どもたちを公立学校でなく、自分の家で育てているそうだ。
なぜだろう?
本から抜粋する。

多くのホームスクーラーの親たちはクリスチャンであり、
ホームスクーリングに立ち返っているものである。
自分たちの子どもを自分たちで教育するという責任を
創造主が与えられたということを知ったからである。
・・・親たちはホームスクーリングに「立ち返って」いるのです。
ホームスクーリングを実践することは、何も新しいことではありません。
私たちの文化もそうですし、世界中の他の文化圏でも新しいことではないのです。
それは最古の時代からなされていることで、
子供たちを教育する方法として長い間行われてきました。
一方、公教育こそ新しい考えです。アメリカでは百数十年前の1837年に、
税金を投入して、新しい試みとして始まりました。公教育は歴史的に観ても、
まったくのところ効果のほどを証明されていないものなのです。


尚、歴史的な著名人の多くはホームスクールで育てられた人たちだそうです。
ジョージ・ワシントン、アブラハム・リンカーン、ウィンストン・チャーチル、ルーズベルト、アンデルセン、チャールズ・ディケンズ、C・S・ルイス、モーツァルト、カーネギー、ダグラス・マッカーサー、トーマス・エジソン、アルバート・アインシュタイン、ジョージ・ワシントン、シュバイツァー・・・

聖書の教育法に立ち返り、主に信頼しつつホームスクールを実践している
多くの人たちに出会い、親子、家族の確かな絆が強められ、
麗しい家族が作られ、子どもたちが素晴らしいキリストの弟子となっているのを見ました。
教育の世界に新しい希望を見ることができ感謝です!

明日の週報より
[PR]
by nobuyori_1 | 2010-05-29 21:35 | 最近受けた恵み | Comments(0)

一対一弟子養育

今朝はまぶしい朝日の中
朝6時半から、母親とデニーズで「一対一弟子養育」です
早いでしょ!
c0193512_2147062.jpg

途中で咲いていたバラの花 綺麗ですね
c0193512_21475822.jpg

母はまじめ
聖書の言葉をカードに書いて、しっかり覚えてきましたよ
c0193512_21492312.jpg

母親と聖書を学べるなんて大きな恵み
「お母さんがクリスチャンで良かったよ!」

そして、きょうから代々木で行われる「チア・にっぽんコンベンション」に参加
c0193512_21515856.jpg

稲葉さんと初めて会い、会話できました
c0193512_2153344.jpg

何より感動したのは、メイン講師のフィル・ダウナー氏
6人の子供をホームスクールで育てているが、
1人のこどもと毎週一対一で1時間過ごす
「この一週間どんなだった?」という質問からはいって、
子ども一人ひとりに関心を持ち、愛情を示す。
そのようにして、こどもたちを養い、一対一弟子養育してきたという
これこそ、ホームスクールの醍醐味だと思った

c0193512_21563441.jpg

そのようにして育てられた娘さんが、話してくれた
「私は、私の父を心から尊敬しています
父は、何でも相談でき、私を愛し、困っている時には祈ってくれる最高の父です」

すばらしい育て方だと思いませんか?
[PR]
by nobuyori_1 | 2010-05-28 21:58 | Comments(1)

野津田公園 バラ園

今日は朝から、レストランで食事&読書
お昼は、妻がお弁当を作って迎えにきてくれた
そして、野津田公園へドライブ

ふとみると、バラ園と書いてある
この時期は満開のはず・・・!
おお、いい時期に来たぞ・・・
ワクワクしながら行くと・・

ここからは妻のブログへ続きます
[PR]
by nobuyori_1 | 2010-05-27 21:53 | 最近受けた恵み | Comments(1)

自分のあり方

私の息子が小さいとき、嵐の夜、雷と稲妻におびえたときのことを思い出す
「お父さん、こわいよ、きてちょうだい」
と息子は叫んだ
「大丈夫だよ。神様が守ってくださるから」
というと、
「わかってるよ。だけど、いま、どうしても手をにぎってほしいんだよ」
と言うのだった。

子どもは親の愛を通して神様の愛を具体的に知るのであって、
両親こそ、神様の愛と意志を子に伝える伝達者であると私は信じる


「若い父親のための10章」より感動した文章を引用した。

私たちの姿から、人々は神様の愛や神様がどういう方かを知るという
自分の姿を観て神様とは全く違うものを映し出していたらどうしよう・・・
だからこそ、欠けだらけの私だからこそ、聖霊様にお頼りしながら歩もうと思う
[PR]
by nobuyori_1 | 2010-05-26 23:33 | Comments(2)

養子を育てる牧師

先週、仕事を頼まれて行った 玉川学園のキリスト教会
100人入る礼拝堂、住宅地に本当に素敵な教会だった・・・
あのように素敵な会堂なら、一日でもいたくなるだろうな

そこの先生の名前はT先生
お話を伺うと、4人のお子さんがいるが
4人とも養子だという
そのような方に初めてお目見えした
とても幸せそうだ

我が家も養子を育てたいという夢がある

T先生は”小さな命を守る会”の東京支部の担当でもある
水谷潔先生とは親しいらしい

とっても笑顔も素敵でおだやかな牧師先生だった
ああいう先生になりたいな

夢を与えてくださってありがとうございます

まだ一度しかお会いしたことのないのに
クリスチャンの当店にお仕事を頼んでくださった
そのような親切なお気持ちが何よりもうれしいし
そこにT先生の牧師としてのお人柄の暖かさというものを感じる

不思議と町田には養子を育てている牧師先生方が多くいらっしゃる
そんな先生方との出会い・交わりは貴重なもの
”命の尊さ・輝き”を身をもって感じさてくれる
[PR]
by nobuyori_1 | 2010-05-24 22:15 | Comments(5)

図工ランド

東京には「図工ランド」という、有料で子どもに絵や工作をさせている塾がある
この二人もわざわざ東京まで、電車で楽しみにそこに通っている
とってもいいネーミングだと思う ”図工ランド” 楽しそう!
町カルも”図工ランド”しよう!

この日曜日は、日曜学校のあとに、自由にお絵かきをしてもらった
c0193512_2148190.jpg

自由に楽しそうに書くこと

大人の交わりに入ってきて
できた作品を見せてくれました
c0193512_215618100.jpg

「わあーすごいね~」とほめられて
とってもうれしそう・・
[PR]
by nobuyori_1 | 2010-05-24 21:53 | Comments(1)

大型店と小型店

私は、電気屋として小型店に属している
大型店は物の品揃えと値段でお客にサービスしている
私は小型店で働きながらつくづく感じることがある
小型店は、大型店にはできないお客のニーズにこたえるきめ細かいサービスができることが大きな強みだ
物の値段も安くさえできれば、こんなに良い店はないと思う

私は、伝道師として、大型教会と小型教会に属している
大型教会には、小型教会には到底真似のできない素晴らしいサービスを提供している
大型店には大型教会の強みがある
でも、小型教会をしていると、大型教会にはなかなかできないことができることも発見している
小型教会には小型教会の強みがあるのだ

病院には総合病院と町医者がある
どちらにも強さ、弱さがある
そして、うまく住み分けをして、
競争ではなく、協力して、手を取り合って
すべての人のニーズに応えようとしている
これは理想的姿である

だから小さい教会は胸を張って、伝道していけばいい
自分の強さを自覚して、それを生かしてこつこつ努力していけば
少しずつ少しずつ人が集まってくるだろう
大切なことは、神様の御心にそって、人々のお役に立つ、人々の必要にこたえていくことではないだろうか
[PR]
by nobuyori_1 | 2010-05-23 22:46 | 最近教えられたこと | Comments(0)

家族のための祈り

以前の私は、妻を変えてください、子どもを変えてくださいと
祈ってきた

でも、そのような祈りをやめた

そして、すばらしい妻を私に与えてくださり感謝します、すてきな子どもを感謝しますと
感謝する祈りに変えた

そして、私自身が妻や子を愛し、仕え、祝福することができるようにと
祈るようになった

すると、家族の空気が変わった
自分を含め、妻や子どもの欠点さえ、神に赦され、愛されているものとして
受け入れあえるようになった
家族の関係が変えられた


これは本に書かれていた話
この話には祝福の鍵が隠されているように思う

私たちは他人が変えられることを求めやすい
そして、実は自分のあり方が
他者が神様に近づくための原因となっていることに気がつかない
信仰に導くことに熱心なあまり、自己中心的になってしまうことがある

他人や世界が変わることを求めるのはすばらしいこと

でもそれは、私自身が聖書の言葉に従う時
なされていくことなんですね

「すべてのことに感謝しなさい」
「あなたの隣人を自分のように愛しなさい」

他人(ひと)は変えられないけれど
自分は変えられる
自分が変わると、人や世界が変わりだす

他者や世界が変わることを求める前に
もう一度、自分自身を変えていただこうと思います
[PR]
by nobuyori_1 | 2010-05-22 09:37 | 最近教えられたこと | Comments(0)

読書

本を買うのはやさしい
本を借りるのも

しかし、本を読むのには集中力と時間が必要だ

しかし、それを読んだ時、なんともいえない充実感がある
[PR]
by nobuyori_1 | 2010-05-21 23:20 | Comments(0)
私たち人間の生き方には2種類あります

一つは「自己充足的生き方」です
 その人の善行や業績によって、その人自身が賞賛され、あがめられる生き方です
 それを「自己充足的生き方」といいます

もう一つは「自己超越的生き方」です
 その人の善行や業績によって、その人ではなく、その人を超えた他者を示して、他者が賞賛され、あがめられる生き方です
 それを「自己超越的生き方」といいます
 
 クリスチャンの生き方は、後者の「自己超越的生き方」です
 よい行いを通して神があがめられることを求める生き方です
 神様の栄光が現わして生きる生き方です
 これは生き甲斐のある人間本来の素晴らしい生き方です

この言葉は「渡辺善太」という先生がc0193512_21185126.jpg
教えておられる内容です

私たちは「人の前に」善行を行うのでなく、
「神の前に」善行を行うのです
その生き方は、動機も目的も意識においても
全く異なるものです

あなたの生き方はどちらですか?

そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。マタイ5:16
[PR]
by nobuyori_1 | 2010-05-20 21:21 | 最近教えられたこと | Comments(2)