<   2010年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

余命3ヶ月

その月、私は市の健康診断で何も異常がないといわれました。
その月末、急に背中が痛くなり、病院で診てもらいました。すると・・
レベル4の末期ガン。余命3ヶ月であると言われました。

帰り道冷静でいられましたが、玄関を開けると柱にしがみつき、
泣き崩れました
妻に「3ヶ月しか生きられないんだって」と言うと
「3ヶ月もあるじゃない」と言われました。
「残りの3ヶ月どう過ごせばいいだろう」と言うと
「行きたかった所へ行けば」と言われました。
私は、死ぬ前に大和カルバリーチャペルに行きたいと思いました。
大和カルバリーチャペルに行って、一度大川牧師に会ってみたい。
そして祈ってもらいたいと思いました。
大和カルバリーの礼拝テープを1本もっていて、
何十回も聞いて、励まされてきたからです。
そして、日光から大和へ行き、集会後祈っていただきました。

あれから3年経ちます。
神様は不思議と恵みによって命をながらえてくださいました。
今も癌センタ-に行っては待合室に、聖書を置いて
皆が見れるようにしています。
   昨日の祈祷会で60代男性


治療のために髪がないのだろう。帽子をかぶった男性が皆の前で証しされた。
痛く、痛く、感動した。
この方は、最後は大和で過ごしたいと、教会のそばに引っ越してこられた。

神の恵みによって生かされる世界がある
そのことを、命を懸けて示してくださtった。
by nobuyori_1 | 2010-09-30 22:26 | 最近受けた恵み | Comments(0)
先週の礼拝説教の内容

先日、54歳で天に召された女性の告別式に参加され、残られた友人が
私の元に来られてこう言われた
「納得いかない。なぜこんな良い人が癌で死なねばならないのですか?
神は本当におられるのですか?
どんな神様なのか納得いきません」

私はこう答えました
「私も納得いきませんよ・・
もし、人間的に理性や知性で考えたら私も納得いきません。
人生は分からないことばかりです。
神様に信頼しなければ納得できなことばかりです」

          大川 従道


神はすべての理由を話したり教えてくれない。
でも、神様に信頼することはできる
そしてそのことが求められている

神様は理由をもっておられる。
神様は下手なことをなさらない
具体的な理由が今は私に明らかにされていなくても
神様が答えを持っておられることを私は知っている
だから、それで満足なのだ
それが信仰ではないか
by nobuyori_1 | 2010-09-29 23:45 | 最近受けた恵み | Comments(1)

イエス様だけを見つめる

昨日は久しぶりに主の前に泣いた
自分がとても惨めに感じさせられるようなことがあった
いや、自分がそう感じただけなのかもしれない

泣ける場所があるというのは素晴らしい
心の内を打ち明ける方がいることは素晴らしい
部屋を暗くし、主の前にひざまずいて泣いた

主の臨在の中で、音のない、主の語りかけを聞いた
慰めのことばだった
私はイエス様から目をそらして、人と自分を比較してしまったことに気づいた
それを悔改めた

イエス様は私を導いてくださっている
私には私への導きを用意していると教えてくださった
これからもイエス様だけを見つめていけばいいんだ
そう思った
もはや悲しみの涙は消えていた

「たとい、わたしのくる時まで彼が生き残っていることを
私が望んだとしても、あなたには何の係わりがあるかる
あなたはわたしに従ってきなさい」
   (ヨハネ21:22)

by nobuyori_1 | 2010-09-29 07:22 | 最近受けた恵み | Comments(0)

秋の特別プログラム

秋らしい気候になりました。
町田カルバリーにはこの秋、
素晴らしい特別プログラムが与えられました。
実り多き季節となるでしょう。

一つは、明日始まる「フラワーアレンジメント教室」。
毎週、大和の講壇を飾る美しいアレンジは、土屋さんの作品。
「良くもあんなに毎回素晴らしいデザインができますね。
毎回、息を呑む様に魅させられています」と私が言うと、
「毎週祈っていると、神様が不思議なようにデザインのアイデアを
与えてくださるのです。だから、神様の恵みなんです」と
笑顔で答えられた。

その土屋さんがお祈りしてると、
町田カルバリーでフラワーアレンジメント教室をする思いが与えられたそうである。
そして、土屋さんからお声をかけてくださり、
今回実現に至った。主の不思議な導きがある。

もう一つは、金曜から始まる「アルファ・コース」。
アルファ・コースに関しては、実施している牧師先生方が私に会う度に、
口を揃え、アルファ・コースは素晴らしい。
アルファ・コースを始めてから一般の方が集まるようになった。
アルファは無理なく自由な雰囲気の中でキリスト教信仰を学べる。
アルファを始めるといいと勧められてきた。

何より気に入った点は、参加者自身が喜んで集まるようになること。
参加者は、アルファは自分たちのための時間だと感じて安心して参加される。
15回コースだが、3、4回目あたりから参加者同士が仲良くなり始め、
互いに会えるのを楽しみにし出す
。最後にはこのグループを解散したくないと言う程で、
実際その後も教会につながる方々もいるそうだ。

この2つのプログラムに参加される方々の祝福のため、
お祈りしましょう。
by nobuyori_1 | 2010-09-25 17:40 | 週報のコラム | Comments(0)

赦し

なぜ、赦せないのでしょうか。
赦しは罪人である人間の性質ではないからです。
赦しは父なる神のご性質です。
まことの赦しは神のものなのです。
赦しは父なる紙を受け入れた、
新しく生まれ変わったクリスチャンだけがら見出される
特別な神の御性質なのです。
まことのクリスチャンのしるしは何でしょう?
・・一番決定的なしるしは、赦すことです。
   ハ・ヨンジョ


神から赦された者だけが、
人を赦すことができる。

神からとてつもない罪を赦して頂いたと
心から自覚する者だけが、
人を赦すことができる。
by nobuyori_1 | 2010-09-24 23:09 | 最近受けた恵み | Comments(0)

じっくり聖書と対峙する

著者の青年時代は、まだテレビも普及せず、
携帯電話もPCもなかった。
静かな部屋で聖書に対峙して、
毎日1時間はたっぷりと読むことができた。
そうすると聖書のみことばが次々語りかけてくる。
懸命に赤線を引きながら聖書を読んだものだ。
それは最高に恵みの時であったが、
今の現代社会ではポストモダニズムの流れに任せると、
そのような至福の時間が失われてしまう可能性がある。
    渡部 信(わたべまこと) リビングライフ8月号より


ある伝道者の家に行った。
「地上デジタルの対策をしましたか?」と聞くと、
その伝道者はこういわれた。
「うちは、アンテナをつないでないんです。
うちはCGNTV(キリスト教24時間衛星放送)がつながっているだけで、
いつも家ではCGNTVを妻が見ています」

情報化社会だからこそ、
あえてメディアなどから離れ、
聖書だけ読み、神と語るシンプルな生活を送れる人は
幸せだと思う
by nobuyori_1 | 2010-09-24 23:00 | 最近教えられたこと | Comments(0)

過去の再解釈


人は過去と現在と未来の時制の中に常に生きている
未来は現在によってつくられる
現在は過去によってつくられる
問題は、人間は過去を変えることができないということ。
人間の限界である。

しかし、聖書によって、過去を再解釈することができる
あのことも、このことも神様が許されたことなんだ。
あの人と結婚したことも、神様が導かれたのだ。
過去を再解釈する時、現在が変えられ、未来を変えていくことができるのです。

        キム長老{夫婦セミナーにて)


イエスキリストを信じてから
過去を変えられた
赦せなかった人を赦したとき、憎しみは傷と共に消えていった

辛かったその場面にイエス様を迎えたとき
イエス様が泣いている私を抱きかかえてくれた

過去の再解釈
それは、イエスキリストによってなされる
霊的な実体験である
by nobuyori_1 | 2010-09-24 06:52 | 最近受けた恵み | Comments(0)

親切の源

この間は、あなたのお兄さんにお世話になりました。
こんなに親切な人がこの世にいるのかと思いましたよ。
2階にあるエアコンは25年経つんだけど、
調子が悪いので見てもらったら、
「まだ使えますよ」といって直してくれたのです。
おたくのお兄さん、いい人ですね

               電気屋のお客さん


兄はいい仕事しているな
私は少し負けてるかも・・
そう思ったけれど、とてもうれしかった

親切・・
親切が人の心を潤す
雨が地を潤すように

親切でこの世界を変えられる
親切の源はイエスキリストの十字架にある
by nobuyori_1 | 2010-09-22 23:12 | 電気屋物語 | Comments(0)

人生を意義あるものに

米国で世論調査がなされた。
「あなたの人生で、一番大きな恐れとは何ですか?」
その結果を見て驚いた。
健康を害すること、愛する伴侶を失うこと、経済的なこと・・・
そういう答えが出るかと思ったら、
なんと93%の人が同じ答えをした。
それは・・・
「人生を生き抜いて死ぬ時に、自分が一生懸命やってきたことが
何の意味もなかったと気づくこと」

あなたはどうですか?
自分の人生を見て、本当に満足する人生を
生きているでしょうか?

人生の意義
それは他の人の魂に、影響を与えることである。

その時に、真に生き甲斐を
感じることができるのです。
          今日の祈祷会の説教者


命は短い
あっという間に過ぎ去ってしまう。
明日、命が終わるかもしれないのだ。
ためらうことなく
人生を最高の目的のためにささげよう
by nobuyori_1 | 2010-09-22 23:04 | 最近受けた恵み | Comments(0)

敬老の日

「わたしは長寿をもって彼を満ちたらせ、わが救いを彼に示すであろう」
(詩篇91の16)
「彼らは年老いてなお実を結び、いつも生気に満ち、
青々として、主の正しいことを示すでしょう」
(詩篇92の14)


子供叱るな 来た道だから 
老人(としより)笑うな 行く道だから


明日は敬老の日。皆様、おめでとうございます!
長い人生の旅路には、数え切れない困難があったでしょう。
しかし、「荒野で主の恵みを得」て、なお一層、
豊かな御国の恵みを味わわれますことをお祈りしています。
by nobuyori_1 | 2010-09-19 20:53 | 週報のコラム | Comments(0)