大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

死と隣りあわせ

 私はこれまでに二度、自殺を考えたことがある。
 最初は中学二年生の時で、二度目は作家として働き始めた後のことだった。・・私はその経験を決して馬鹿げたことだなどとは考えていない。むしろ、自分の人生にとって、ごく自然で、普通のことのような気もしてくるのだ。
今では、自分が一度ならずに二度までもそんな経験を持ったことを、とても良かったと思うことさえある。
 
 人間はだれでも本当は死と隣りあわせで生きている。
 自殺、などというのも、特別に異常なことではなく、手をのばせばすぐとどくところにある世界なのではあるまいか。ひょいと気軽に道路の白線をまたぐように、人は日常性かいつを投げ出すこともありえないことではない・・。
(五木寛之)


思い切った文章だと思った。
でも、私も15で死を考えた事があった。だから、この文章を読んだ時、驚きを覚えたし、共感を覚え感動した。
死を考えたくなるほどに苦しむこと、それは異常なことではなく、人間世界にはよくある普通のことだと思われた。
そして、それは私にとってはキリストとの出会いに導かれ、生きる意味を与えられるために必要なことだった。

人間はやがて死ぬものだと見据えてこそ、キリストにあって真に生きる意味と目的を見出すことができるのでないだろうか。
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-05-28 09:34 | 最近受けた恵み | Comments(0)

チョウ先生の証し

私は聖霊のバプテスマを受けるまでに、なんと2年もかかりました。
実を言うと、はじめ私の心の中には、どうしても切に受けたいという気持ちはありませんでした。
それで、少し祈っては、受けられないままに「次の機会に受ければいいのだ」と言って、ぐずぐずとチャンスを伸ばしていきました。
ところが、神学校2年生の時に、聖霊のバプテスマがどんなに重要なことかを悟った後は、どうしてもバプテスマを受けなければならないという飢え渇きが火のように燃え上がりました。
幾人かのクラスメイトと共に、聖霊のバプテスマを受けるために祈りの山に登りました。
そして聖霊充満を受けるまでは山から降りない覚悟で祈り始めました。
するとどうでしょう。祈り始めて5分も立たない内に、私は聖霊のバプテスマを受けました。
(チョウ・ヨンギ)


チョウ先生も聖霊充満を受けるまで2年かかったというのは、知らなかった。
あれほど、聖霊充満を強調する先生も、以前は私たちと変わらないなんて、大きな励ましである。
「人生の道」と言う本には、チョウ先生の知られざる証がたくさん入っていて、チョウ先生をとても身近に感じられます。
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-05-26 21:51 | 最近受けた恵み | Comments(0)

プラスの中にも

どんなに素晴らしい主義思想も限界を越すとマイナスになり、
どんなすばらしい善も限界を越すと悪になることを知ることだ。
それは独善主義から自分を救うに役立つからである。
革命は素晴らしい主義であろうが、それがある限界を超したとき、非人間的なものになることでもこの観点はわかってもらえるはずである。
他人を愛することは素晴らしいが、それが限界を越すと相手に重荷を与え、相手を苦しめることさえある。
その限界がどこかを絶えず心の中で噛みしめておかねばならぬ。
(遠藤周作)


熱心さは大切だけど、度が過ぎると独善になることがある。
どんなによいことも,行き過ぎれば悪になることがある。
ここまでと言う限界点、主におゆだねする領域をわきまえる必要がある。些事(さじ)加減というか。
過ぎたるは及ばざる如し、ということわざもある。
これは、宗教家としてわきまえておくべきことである。
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-05-24 22:59 | 最近受けた恵み | Comments(0)
かなり人生を生きたおかげで、私はマイナスにもプラスがあり、プラスにもマイナスがあることを十分に学んだ。
たとえば半年の間私は病気がちだったが、この肉体的なマイナスのおかげで
自分の人生や他人の苦しみを察することが多少できるようになった。
かえりみると病身でなければ私は傲慢な男であり続けていたかも知れぬ。
私はある面で臆病だが、この臆病さのゆえに仕事の準備などに慎重であることも確かだ。
マイナスにもプラスがあるのである。
(遠藤周作)
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-05-24 22:52 | 最近受けた恵み | Comments(0)

神なしに解決はなく

「神なしには解決はなく、神と共にあれば問題はない」
(モーリス・ズンデル)

本質を突いた言葉ではなかろうか。
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-05-24 22:39 | 最近受けた恵み | Comments(0)
福島いわき市にある教会
グローバルミッションセンター

そこにある教会の活動の様子が
ビデオクリップになっているのを発見

ここをクリック
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-05-22 19:06 | 最近受けた恵み | Comments(0)

お勧め・防災グッズ

うちは電気屋なのに、防災グッズを取り寄せて売っている

店で並べて、
私のお勧めしている防災グッズは

48灯LEDランタン  これは単一電池を4つ使うが、ソーラー充電や手回しに比べ、抜群に明るく部屋中を照らせる。しかも30時間という長時間使用可能!明るさ二段階切り替え付き。

AC/手回し 2way充電 ラジオ  携帯にも充電ができる。手回し専用に比べ、ACにつないでおくだけでフル充電 ラジオ15時間使える 手回しも1分で50分と、本格的防災用具。おもちゃのような充電ラジオが出回っているが、こちらは本格派。

ソーラー LED ライト  キーホルダーになっていて、鍵につけておくと鍵穴、夜道を照らすのに便利。ソーラーなので電池の交換、消耗の心配なし。ハンドバッグにつけておくのもいい。

携帯用ガスコンロ  市販の安価なガスコンロ用のガスボンベが使える。防災袋にいれておける15センチ四方の大きさ。防風構造になっているので安心。ガスコンロは大きくて持ち歩けないが、これなら袋の片隅にいれておいて、お湯を沸かせる。料理もできる。
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-05-16 22:31 | 電気屋物語 | Comments(0)
久しぶりにニック・ブイチチの動画を見た

あきらめない姿

その姿に感動を覚えた

”10回続くまで家に帰らない”
さて、その結果は?


”足があり、手があれば希望が持てる。
そう思っていた。
でも、足があり手がある人たちが希望を求めて歩いていることを知った。”
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-05-16 22:20 | 最近受けた恵み | Comments(0)
子育て支援・講演会のお知らせ
5月14日(土)午後2:00~ 町田カルバリー家の教会
講師:水谷 潔氏(小さな命を守る会代表)
「健やか子育て・三つの秘訣」をテーマに講演してくださいます
ご夫婦・お友だち・もちろんお一人でも!!参加できます
土曜日の午後お散歩がてら気軽にお越しください


詳しくは 町田カルバリー のホームページ
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-05-12 07:02 | 報告 | Comments(0)