大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

子どもは川遊びのあと、
池があるのを見て、そら行け~!
ジャブジャブ池にはいると、本当にジャブジャブ始めた
c0193512_22132250.jpg


池の中走り回るものだから、澄み切ってた池が泥池に
そんなこと構わず、はやぎまわる元気よさ

「あ、おたまじゃくし見つけた」といえば、さっと集まる、その切り替わりの早いこと!
c0193512_2214437.jpg

そしてアメンボまでが、虫取りの対象に・・・

大人はのんびり、バイオリン教室
c0193512_22172231.jpg


夜は、お楽しみキャンプファイヤー
c0193512_22182759.jpg

c0193512_2219436.jpg

ゴスペルマジック 新ネタご披露!
楽しかった
c0193512_2221483.jpg

救いの証とメッセージ
メッセージは赤ちゃんが与えられた特別なメッセージだったんですよ
ピリピ2:13
あなたがたのうちに働きかけて、その願いを起させ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神のよしとされるところだからである。


今年の花火は、力を入れました。こだわって花火専門店で購入!
c0193512_22244748.jpg

最後の見物はこの”ひとだま”。聖書的に言えば 三位一体花火
綺麗でしょう!
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-07-28 22:25 | 最近受けた恵み | Comments(0)

夏ファミリー-キャンプ1

昨日から行われた、町田カルバリー ファミリーキャンプ!
祝福されました。お祈りありがとうございます。

今回は部分参加あわせて23名
天候も、涼しくて良かった!

場所は町田の大地沢青少年センター子どもたちが大はしゃぎ 
初めて参加する子も多かった
c0193512_2383353.jpg
c0193512_2362717.jpg

あれあれ大人まで
c0193512_23101993.jpg

お母さんが作ってくれた楽しいお弁当 愛情満天
c0193512_23114491.jpg


お楽しみタイムは
やっぱりこの人、アルジェリーナ(自称)さんがリード
「だるまさんがころんだ」ではなく、「イエス様がやすんだ」
c0193512_23142729.jpg


そして恒例の スイカ割り !
これがこれが、みんな優秀で、最初の3人で見事に2玉割ってしまったのです!
c0193512_23164769.jpg

c0193512_2318093.jpg

どうしてどうして。
棒が折れないようにと、金属バットを使ったのがその要因か。
バットはバット!としゃれてみてもしょうがない。あとは食べるのみ!
c0193512_23203486.jpg

[PR]
by nobuyori_1 | 2011-07-25 23:20 | 最近受けた恵み | Comments(0)

赤子による教授

寝ること、食べること、排泄すること

赤ちゃんといると、この3つが人間にとってどんなに大切かわかる
人間の原点だ
大人にとっても、それは変わらない

飲んでは寝、飲んでは寝、それが赤ちゃんの生活ぶり。
いい生活だ

3時間おきに一日8回繰り返し24時間になる。
それにしても、赤ちゃんの腹時計の正確なこと!
見事に3時間ごとに、泣いてます。

人は寝ながら成長するんだ
寝る子は育つ というもんな

赤ちゃんといると時間がゆっくりと流れる
何をしていなくても、それで満足・・・・・そんな世界にいざなわれる
幸せな時間・・・・
そうして、私は何もしなくなる・・・・ようではいけない!

赤ちゃんを見ていて、今日できた言葉です

「泣け!そうすれば与えられる」
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-07-25 20:53 | 親子 夫婦 | Comments(0)

毛穴から浸透する

「先生、私は礼拝中寝てしまうんです。」

「大丈夫です。神の恵みは毛穴から入っていくんだよ。」


うちの福音(ふくね)は、インターネットでメッセージを聞くと寝てしまう。
生まれて2週間だから無理もない。
いいえ、神様の恵みを毛穴から受けとめているのです{笑}

BGMは賛美の曲だと安心します。
さすが 福音 the Gospel!
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-07-23 14:08 | 最近受けた恵み | Comments(0)

赤ちゃんがいない

”赤ちゃんが来て大変でしょう?”と大川先生
”はい、とにかく眠いです・・・
 夜は赤ちゃんが泣き、昼間は私が泣いてます(眠くて・・)”


昨晩のこと。
夜中目覚めると、赤ちゃんがいない。
アレアレ?かわいい赤ちゃん、どこいった?
妻もいない。妻も一緒にどこ行った?

階段を下りると、1階で妻と赤ちゃんが寝ているではないか。
(ハハーンそうか、私の睡眠妨害をしないように、気を使ってくれたんだ。
 私が寝不足だったからな。
 なんて、賢く優しい妻をもったんだろう・・・)
感動して、感謝しながら再び2階へ行って寝た。
なんと感動的なエピソードではないか。

今朝朝食をとっていると、妻が言った。
”昨日、あなたのいびきがすごかったから・・・
赤ちゃんを起こすといけないと思って、下に行ったの
赤ちゃん起きると私も大変だから・・・”

(エーッ!そういうことなの?赤ちゃんのためなんだ)

ってなことで、妻は既に赤ちゃん優先で生きてます
これも母性愛かな
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-07-19 23:34 | 日記 | Comments(1)

実地教育

赤ちゃんの扱いは、本当にど・素人だ
泣いていると、なんで泣いているかわからない
何やっても、いつまでも泣き止まない
なにがなんだかわからない
だけど、見ているとかわいい

妻は長年の保育士
何があっても、話しかけながら慌てない様子で世話してる
私の尊敬する先生
に急になってしまった

「今日は、お父さんにおふろにいれてもらいましょう」と言われ
初めてのおふろに
c0193512_2313324.jpg


なれない手つきで、お風呂に入れたけど、怖がらないで静かにしてくれたね
ありがとう

そして「こんどはミルクの時間です」ということで今度は
妻に教えてもらいながら、ミルクをあげました
c0193512_2363713.jpg

赤ちゃんの瞳が輝いていて、きれいだった

片手で持つことができるのは、今だけ
新生児は神聖児というか、特別神秘的な感じがする
「人間の原点なんだ」

実地教育、受けてます
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-07-19 06:39 | 日記 | Comments(0)

福音の誕生

わが家に与えられた子どもの名前を「福音」となずけさせていただいた
c0193512_23353819.jpg

ふくいん とかいて ふくね と読みます
「ふく」とか「ふくね」とか「ふくちゃん」と呼んで下さい。

福音は英語では「ゴスペル」 ゴスペルちゃんです
または「グッド・ニュース」 良い知らせ。

あなたは、私たちにとっての「良い知らせ」
私たちも、あなたにとっての「良い知らせ」となるように
そして、イエス様の「福音」によって生かされますように
イエス様の「福音」を証しする存在となりますように
そんな願いを込めて
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-07-19 06:33 | 日記 | Comments(0)

二人の生活

結婚して二人の生活
3年10ヶ月
毎月、結婚記念日をしてきたっけ

この期間は本当に貴重だった
相手のことを深く知り、
その関係が深まった
イエス様との関係も深まった

そして、子どもが来た

神様のなさることは決して早すぎはしない
十分な準備ができた時、次のことをなされる
最善の時を知っておられる

今回もそうだった

そして二人の時が終わり、三人の生活に入った
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-07-18 22:54 | 日記 | Comments(2)

コンサイス・バイブル

最近、一般の人にあげるのに一番いいと思われる聖書を発見した。

その名はコンサイス・バイブル
c0193512_2092256.jpg


新約聖書くらいの厚さなのに
創世記、救い主の預言 福音書 黙示録 と歴史の一連の流れで編集されている
c0193512_20103766.jpg

聖書そのものだが タイトルがついている 訳が優しい 字が大きい ふりがながふってある
c0193512_20101648.jpg

すべてのページにカラーの絵が入っている
c0193512_2011014.jpg

簡単な注もある

最後には愛の賛歌 詩篇など ゆうめいな聖書個所が引用されている
c0193512_20112120.jpg



先日教会に初めて来られた方にプレゼントした。
すると、全部読み終えました いろんな疑問がとけました とメールが入った
びっくり!

一般の方が一気によんでしまう、こんな聖書今まであっただろうか。

ところが初版は昭和52年
ずっとあったんですね。

書店で売られていないもののようで、今まで知りませんでした。
何で知らなかったんだろう・・・こんなにいい聖書あるなら、多くのであった人にあげたかった・・・

ちなみに読んでみると、最後まで読んでしまう気持ちわかりました。
一つの流れになっているのでほんと、読み易いです。

リビングバイブル、子どもアニメバイブルよりあげるのにいいのではないでしょうか。
一般の方にはこれほどとっつきやすく、やさしい感じの聖書ありません。

章や節の表示がないのも、いいのでしょう。

どこで手に入るかを調べてみました。

以下は配布されている小冊子の最後に書かれている情報です。


ご希望の方は送料として切手 290 円を
同封の上お申し込み下さい。
「コンサイス・バイブル福音」をお送りします。
宛先:〒 981-2153 聖書配布協力会
宮城県伊具郡丸森町郵便局私書箱第3号


本代は無料です。
また、強制的な勧誘などは一切ありませんということです。
仙台のブローマン先生たちの団体が、伝道目的のために制作・配布してくださっているものだったんですね。

一冊お手元に持っておくといいですよ。
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-07-13 00:25 | 最近受けた恵み | Comments(6)

道徳的キリスト教

明治初年に日本へ最初にキリスト教が入ってきましたときは、在来の宗教とキリスト教とは違うんだよということを明瞭にするために、信仰によって義とせられるということの結果、あるいはあれわれを、それまであった日本の一般の道徳の言葉で言い表した。
そこで、キリスト教の信仰の結果を表すのに、一般の道徳として頃を表現してしまったことは、わかりよいという点ではよかったが、また反面、誤って理解されると言うことにもなりかねなかった。
たとえばこういうことがある。
私は、クリスチャンになったら、タバコを吸っちゃいけない、酒を飲んじゃいけないと厳格に教えられた。

また、キリスト教の信仰の結果を一般の道徳の用語で表したということは、それは日本の教会に良い結果をあらわしたとともに悪い結果ももたらした。つまり律法主義を生み出したわけだ。
                                   渡辺善太


”キリスト教とは、一つの宗教ではなく、神との関係である”、という言葉がある。
神の霊的命が宿り、霊的命に満たされ、神との関係に生きることが、キリスト教。
内面的変化が、外面的変化へと現れる。

何しちゃいけない、何々しないといけないという外面的なものだけにとらわれ、外面的なことだけによって裁いたりする律法主義に陥りがちなのは、こういった道徳的なキリスト教の影響のためだろう。
そういう意味で、クリスチャンのほうが外面的なことで人を律法的にさばきがちである。

実としての正しい行いや品性は大切なのだが、それをもたらす根っこの部分である内面的な部分や霊的な部分に対する理解・洞察を更に深め、対処できるようになりたい。
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-07-11 09:18 | 最近教えられたこと | Comments(0)