大塚信頼のブログ


by nobuyori_1

<   2011年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

罪人扱い

「キリスト教は,人を罪人扱いにするから、きらいだ」
という言葉を聞く。
しかし、罪ある人間を罪あるということは、何と親切なことではないか。
病気の人を病気だといわずにほおって置いたら、どうなるか
やはり、病気の時は病気だといってもらったほうが、わたしはありがたい

「義人はいない。ひとりもいない」

       三浦 綾子


聖書のありがたさは、罪があること、罪のさばきは地獄であることをはっきりと教えてくれることだ
だからこそ、罪を犯したことを自覚した時、人は地獄に行くことを恐れ、救いを求める

キリストを救い主として受け入れた後でも、
日々罪を悔改め、軌道修正されて正しい道を生きることができる
謙遜にさせられ、キリストの十字架の御業に心から感謝することができる

「罪を罪と感じないことが罪だ」
「鈍感は罪だ」


キリストを受け入れていながら、罪に鈍感になっている自分に気づき、今日悔改めた
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-09-30 18:00 | 三浦綾子語録 | Comments(0)
「泥棒と悪口を言うのと、どちらが罪深いか」
という問題がある
私の教会の牧師は、ある日、説教の中で
「悪口の方が罪深い」
とおっしゃった

泥棒に入られたために自殺した話は、あまり、私は聞いてはいない
だが、人に悪口を言われて死んだ老人の話や、少年少女の話は時折聞く

わたしたちのないげなく言う悪口は、人をしに追いやる力があるのだ
悪の力だ
泥棒などのような単純な罪とは違う
もっとどろどろとした黒い罪だ

  三浦 綾子


人の悪口をいったことのないものはいないにちがいない
それほど、わたしたちは一人残らず罪深いものなのだ
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-09-30 18:00 | 三浦綾子語録 | Comments(0)

一生かかって夫婦になる

結婚したからといって、その日から二人は完全な夫婦になったのではない。
夫婦になるためには、毎日努力して、一生かかって夫婦になるのです

   中嶋 正明牧師


愛そうとする努力を一生し続けてこそ、夫婦関係というものは保たれる
結婚とは愛し合うための誓いを立てる時である

自己中心の自分、愛のない自分
そんな自分を認め、悔改め、軌道修正して生きることが肝心なことなのだ

大和カルバリーの修養会の名前の如く
結婚とは”愛修会” (愛を修める会)である
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-09-29 06:16 | 三浦綾子語録 | Comments(0)

愛修会 3

愛修会の3回目のメッセージ

私にインパクトがあった言葉は

何をするかよりもどういう状態か、が問題である

神はあなたがどのような状態かを見ている
そして磁石に鉄が引き寄せられるように、人々を教会へ引き寄せてくださる


DOING より BEING
神は準備なされている所に、人を送ってくださるのだ

草加神召教会では、朝7時から夜7時まで、日曜日9回の礼拝が行われているという

私がどのようであるか
聖霊様に好まれる状況を作っているか
そのようなことが、教会形成において重要なポイントである

[PR]
by nobuyori_1 | 2011-09-28 18:00 | 最近受けた恵み | Comments(0)

愛修会 2

2回目
「祈りましょう」という題のメッセージ
これが一番私にインパクトのあるメッセージだった

韓国で信徒のご夫人と徹夜祈祷会に参加した
2時間、3時間、4時間経っても祈りのボルテージが下がらない
朝方になってもう帰ろうかと思ったら、これから早天祈祷会があると、腕をつかまれ参加
そこでまた祈っていた

長く祈ればいいというのではないが、ある領域に入るには、長く祈る必要がある。

日本人の祈りは、飛行機が滑走路から飛び立つ前にやめてしまう祈り。
確実に飛び上がっていない。信じ切れていない。祈りきれていない。
そして、苦しんでいる。

上昇気流に乗れば、天に昇る
祈りを通してなされる御業は無限大

何はさておき、祈り始めること
祈り始めたら何かが起こる


「聖霊の油注ぎ」を求めよ

大川牧師のコピーになるのではなく、大川牧師に注がれた聖霊の油注ぎを求めよ
神はコピーを造ることをなさらない

カルロス・アナコンディアはクラウディオ・フレーソンの祈ってもらって変わった
ラインハルト・ボンケは、いやしの集会で講師がこなかったため、あなたがしなさいと主に語られ試みた。そして変えられた
ベニーヒンはキャサリンクルマン自体を求めたのではない。
油注ぎを求めたのである。油注ぎに飢え渇き、そして受けた

聖霊の油注ぎを求めてください
若い副牧師先生は大川先生に注がれた油注ぎを求めてください

神は最後に逆転大ホームランを打たれる
だから祈って、最後の逆転劇を見よう

  天野 弘昌先生

[PR]
by nobuyori_1 | 2011-09-27 17:00 | 最近受けた恵み | Comments(0)

新・竹取物語

今日、妻が赤ちゃんを抱いて、スーパーに買い物に行ったときのこと

赤ちゃんをスリングにいれ,布を上にかけて見えなくしていた
(寝ているので)
c0193512_1742554.jpg


すると、おじいさんとおばあさんが近づいてきた
そして
「ねえ?その中には赤ちゃんがいるの?」

「ええそうなんです」

興味津々に眺めている

妻がちょっとかけてある布を持ち上げて赤ちゃんを見せると
「まあ!」
何かすごいものを見たような顔をしている

そしてこう言った
「ああ・・これじゃつつんでおかなければいけないわね」

二人は赤ちゃんに手を合わせた
そして
「見せてくれて、ありがとう・・」
心から感謝されたとか・・



なにか竹取物語のような・・・
スーパーで思いもかけない発見してしまったご夫婦の物語でした・・・

[PR]
by nobuyori_1 | 2011-09-26 17:47 | 親子 夫婦 | Comments(0)

愛修会

金曜~土曜、大和カルバリーチャペルの2年に一度開かれる修養会、「愛修会」に参加させていただいた。
御殿場のYMCA東山荘にて、1泊2日で開催。
愛修会は、みなでゆっくり過ごし楽しむ時間と恵まれる時間がある贅沢で楽しい修養会。
今年も期待していった。
c0193512_18464478.jpg


瀧山兄と柴田先生の初コンビの爆笑漫才
c0193512_20572162.jpg

岡村ケン宣教師のカントリー賛美
ゴスペルマジックハ見事だった。新しい人も加わり見事なチームワークだった
そのようなひとつひとつも素晴らしかった

そして何より、恵まれたのが、講師の天野弘昌先生のメッセージ
正直言って期待していた3倍くらい、霊力溢れたインパクトのある恵まれたメッセージだった

1回目
天野先生の証がすごかった。

兄が自殺、そのことで父、母が仕事できなくなり、自分が中学生の時から食事作り、新聞配達、牛乳配達、なんでもしなければならなかった。
やがて父も母亡くなり、天蓋孤独になった。そして真の神に触れられたいと世界を巡った。
そして、イエスキリストに触れられて瞬間的にいやされ、心が満たされる体験をした。

40代で白血病の一種にかかり、余命半年と宣言された
祈りと断食に入り、「何としてでも日本のリバイバルをみたいんです」「もし、わたしがいやされたら、リバイバルのため走り続けます」と涙ながらに祈った。
主に「あなたが本当に命をかけるというなら、私はあなたにみわざをおこす」と言われた
次の日医者へ行き診断してもらった。すべてが正常値に戻っていた。

そんな経験を通してのメッセージは確信に満ちたパワフルなものだった。

”聖霊がうちにおられるなら、なんでもできる”
どんなひとも、変えられ、いやされることができる
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-09-25 21:35 | 最近受けた恵み | Comments(0)

ハ・ヨンジョ師 写真

飾られていたハ・ヨンジョ(河 用祚)先生の写真
この写真に出会えて嬉しかった・・
感慨深く、出口に飾られたこの写真を見させていただいた

c0193512_219026.jpg

c0193512_21103180.jpg
c0193512_2110649.jpg

c0193512_21151331.jpg
c0193512_21143077.jpg
c0193512_2114594.jpg
c0193512_21133920.jpg
c0193512_21131229.jpg
c0193512_21123617.jpg
c0193512_21121467.jpg
c0193512_21114921.jpg
c0193512_21112077.jpg
c0193512_21105663.jpg


実行委員の方々、貴重なお写真を、ありがとうございます・・

純粋で忠実で、本当に美しい 青年のような心を持った 一途な先生でした・・

先生の素顔が、写真を通して親しみを持って迫ってきました・・

ハ先生、心から尊敬いたします
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-09-23 10:55 | 最近受けた恵み | Comments(0)
今日、淀橋教会でハ・ヨンジョ牧師の追悼記念礼拝に参加しました。
c0193512_20182947.jpg

c0193512_20235251.jpg


300人くらいは集まっていたでしょうか
韓国オンヌリ教会から奥様や娘さん夫妻、ラ先生、6人の長老さんたちも来て下さいました。
台風15号が昨日去ったからこそ、今日飛行機で来ることができました。
ハ先生とのお別れの時をきちんともてたことは、私にとって本当に良かった・・実行委員のみなさま、ありがとうございます。

私の感動したのは、南ソウル恵み教会の洪 正吉牧師のエピソード



私は今、ハ先生との47年間の「思い出の博物館」を整理しています

ハ先生との出会いは、1985年。
私がイエス様を救い主として受け入れ喜びに溢れ、キャンパスクルセードに参加。
その冬、ハ先生と出会う。
66年8月、ハ先生と救いの喜びにあふれ、路傍に出て伝道した。
キャンパスで会う人々をCCCへ誘い、熱心に伝道した。

ある時、私たちはイエスは、財布をもっていくな、と言われたとおり、1円ももたずに、村の伝道旅行へ行った。
イエス様は1度も失望させることなく、私たちを行く先々で養ってくださるのを体験した。

59000あるすべての村々に、あなたの教会を建てさせてくださいと、私たちは祈った。
そして、1980年代、その祈りは答えられ、すべての村に教会が建てられた。

キャンパスクルセードのキム・ジュンゴン先生の1回ごとのメッセージは、私たちの心を熱くした
私たちは民族総福音化運動をした
私はその選択をして良かったと思っている

多くの人は、多くのものがないから大きなことができないと考える
しかし、ハ先生は神様に与えられた一つ一つの種を忠実に大切に育てていく人だった

いい考えをする人は多いけど、実際にする人は少ない
ハ先生は、神から与えられたことを実際にする人だった

多くの人は、ハ先生は偉大だったと語ろうとする
しかし、ハ先生は偉大ではない。
ハ先生は平凡な人だった。失敗もいっぱいあった。
ハ先生の神様が偉大だったのだ。



洪先生のエピソードからハ先生の人となりを知ることができた
キャンパスクルセードや、キムジュンゴン先生を通して与えられた、
イエスキリストによる「大宣教命令」と「民族総福音化」と「世界総福音化」のビジョンを受け止め、
真摯に取り組んでこられた人物だったのだ


大川牧師が語られた
c0193512_20571153.jpg

忙しい中、車で駆けつけ、挨拶され、葬儀が入ったためまた出て行かれた
あくまで牧会に忠実な先生だ

ハ先生が私たちの日曜礼拝に突然、来られました。
昼食を共にした時、
「先生、今日は説教がないので気持ちが楽でリラックスできたでしょう」と話すと
ハ先生は
「でも、説教したら、私はもっと幸せになります」
と答えられた

あれほど、気が狂ったように伝道すれば日本にもリバイバルがくるのではないか


と語られた。

国吉 守先生(那覇バプテスト教会)
c0193512_216451.jpg


ハ先生は
1 忠実な方だった
 小さいことに忠実だから、もっと多くのものを任せよう と主から与えられたのだ
 先生の牧会を見ると、実に細かい所に忠実な方

2 夢のある人だった
 「主は今もビジョンを持ったその分だけなすことができる」と書いている
 世界宣教のビジョンをもち、海外に宣教師を派遣。
 一つの教会がここまでできるのか、ということを見せてくれた。感動した。

3 愛のある人だった
 貧しい韓国の民を愛した 
 日本の飢え渇いた魂をみて、愛した
 膨大なエネルギーとお金をささげられた
 講壇から、日本のリバイバルを熱く語られた 日本への愛の表れ
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-09-22 20:42 | 最近受けた恵み | Comments(0)

自炊するかしないか

今"自炊”が流行しているらしい

”自炊”とは造語で、本を断裁して、スキャナで読み込み、電子化して、I-phonやI-padで読めるようにすること。自分でデータを吸い取る という意味らしい。
しかも、1冊100円で代行サービスがされている。

利点は、本棚のスペースが要らなくなる、持ち歩きができる、OCR活字認識まですれば一瞬にてキーワード検索ができるようになる。

画期的なこと。



さて、電子化すべきか否か、考えさせられた。

結局、もともとデータとしてあるものを、紙に印刷して製本して売っているのに、製本されたものをまたデータにお金を出してするのも変な話である。データを電子書籍として売り出せば、その手間はなくなる。

どちらもメリットはある。

しかし私の中の結論は、紙に印刷された本というのは一番の贅沢なのではないかということ。
結局、良い本はまたプリントアウトしていつでも見れるようにしたくなるのではないか。
本になっていると、線を入れたり、書き込みしたり、折ったり、いつでも飛ばし見したり、ぱらぱらと飛ばし見もできる。携帯してどこでも開いて読める。電気も充電もいらない。液晶見つめるほど目も疲れない。本は結構災害にあっても遺され解読ができる。軽い(辞書・聖書ほどになると重い!)

資源を使い、すべてのページを紙に印刷して製本して発行。今まで一番贅沢な形で配布されてきたのではないかと、”自炊”が流行りだし、改めて思う。
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-09-20 18:00 | 最近教えられたこと | Comments(0)