大塚信頼のブログ


by nobuyori_1

<   2011年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

苦しみの意味

苦しむことに意味があるとしたら、それは何?

神が本当にいるのだったら、なぜ私をこんなにも苦しめるのだろう?

苦しみの意味
それは

神とのコミュニケーションをもつこと


神様はそこまでしてでも、私たちと関係を回復し、コミュニケーションを持ちたいと願っておられるのだ

神に立ち返ろう
教会に行ってみよう

あなたを造り、あなたを生かす神が、
あなたを愛し、あなたを助けたいと思って、あなたが帰ってくるのをずっと待っておられる
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-10-19 07:13 | 最近受けた恵み | Comments(0)

友達できたよ

先日、妻のお兄さんのご家庭に初めてお邪魔しました

綺麗なお家でびっくりしました
そのインテリアのセンスの良さにも

子どもたちの元気でのびのびしていることに更に驚かされました

Aちゃんは、かわいらしく、ニコニコ顔でひとなつこく、初めてと思えないくらい良くしゃべりはずんでます

Yくんは、次々とお部屋から、自分の造った傑作品を私に見せてくれました
c0193512_21542254.jpg


そして、うれしいことに、モールで作ったオリジナル・ストラップをプレゼント
c0193512_2150224.jpg

「これはニンジンだよ。いつ、渡そうかと思ってたんだ。今日渡せて良かった」
その心遣いに感動~
なんてやさしい子だろう
小さい時に、良い友達ができた時のような、そんな喜びを感じました、

c0193512_22101996.jpg

チャンバラごっこ 
白熱して二人とも汗かきました・・
すっごく強くて、何度も何度もやられました
とにかくすごいんですよ、剣さばきが・・
皆さんにお見せしたいほどです

日曜学校のこどもたちに
「のんちゃん(私のこと)って、子どもみたい・・・というか、子どもだよ」
と言われてしまうのは、こういう部分でしょう

Yくん、またチャンバラごっこ、やりましょう!
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-10-18 22:01 | 最近受けた恵み | Comments(0)

感動する心

今日は祝日だが、電気屋のお仕事
休みなのに仕事があるの?なんていっていられない

生活するためにはお仕事しなければ
やるべきお仕事があるなんて、感謝すべきことですね

今日の1件目は、大和の教会員の青年の家にCGNTVを取り付けに
ポールが太くて、長いボルトが必要な時に、なぜか車の中にちょうど良いボルトが見つかったり
新しいチューナーでセッティングがうまくいかなくて困っていたのに、もう一台もって行ったチューナーを見て、解決策が与えられたり
不思議な神様の助けにより奇跡的に解決


CGNTVはつけるのに、毎回祈らせられます
c0193512_21351386.jpg


2軒目、エアコン付け
ドリルを片付けようとしたら、あれ?ナスが!
c0193512_22142596.jpg

目を上げると、お庭になすがたくさんなっていました
c0193512_22112460.jpg

ナスがなっているのに気づかないで仕事していた自分
もっと心にゆとりをもちなさいと、神様に語りかけられたような気がしました

生活の中に、神様は感動を与えてくれています
そんな感動を忘れないようにしたいです
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-10-10 22:13 | 最近受けた恵み | Comments(0)

良い母親とは

良い母親とはどんな母親か?
そんなことが、ほっとママの会でふれられた

良い母親 というときに、誰の目から良い母親なのかが重要
大抵は、自分の目から良い母親 ということではないでしょうか
人の目から良い母親 ということもあるでしょう
でも、大事なのは、子どもの目から見て、良い母親になることです
          田口 美穂先生


目からウロコとはこういうことだろう
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-10-08 06:44 | 最近教えられたこと | Comments(0)

男性の役割とは

子育てにおいて男性の役割とは何か?
昨日のほっとママの会でそんなことにふれられた

子育ての実際はやはり女性が請け負っている
男親の役割は、そんな頑張っているお母さんを支えること
お父さんがお母さんをしっかり支えていくなら、お母さんはどんなに辛くても頑張っていけるものである

それなのに、お父さんが他の女性に目を向けたり、仕事に心を向けたらお母さんは頑張っていけなくなる


男性の役割は、お母さんができることを代わって協力することも必要だが、お父さんしかすることのできない役割をしっかりすることが大切である


男性はマザコンだといわれるが、正確に言うなら、マザコンなのではなく母性愛を必要としているということなのだろう
家に帰ったときに、母性愛を感じることで、心が安らぎ、いやされ、いこうことができる
男性もまた母性愛をもっている
母性愛はお母さん自身も、また子どもも必要としていることであり、家庭とは母性愛が溢れているところであるべきだ

お父さん不在の家は、お母さんはお父さんの役割もしなくてはならず、母性愛を失いやすい。

お父さんがお父さんとしての役割をすると、女性は女性でいられる。
そして夫婦が愛し合うとき、その夫婦の愛のおこぼれで子どもが育つ、ということなのだろう
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-10-07 06:34 | 最近教えられたこと | Comments(0)
今日から、子育て支援サークル ホットママの会が、町田カルバリーで始まった

昨日と打って変わって、天気も快晴
7名の方が集まって大変良い時間が持たれた

講師の田口先生は32年間の保育の経験から感じ、教えられたことを惜しげもなく分かち合ってくださった

子どもは自ら育つ力を持っている
自ら育つ子どもたちから、私たちは何を期待されているのだろうか?
 そのような観点から、子育てということを考えていこうと思う (4回続く)

子育てとは、何かを教えてあげることではなく、育つ環境を整えてあげることです
 こんなに面白い者があるんだと、刺激を与え、環境を作ってあげることです

子どもは親にこのような思いを持っています
 ”僕を喜んで迎えてください
 僕の成長速度に合わせて見守ってください
 僕を暖かい愛の心で迎えてください
  すぐぶったりしないで、ぼくがうまくできなくてもやらせてください
 僕はお母さんを信頼していますから、間違ったことをした時は権威を持ってしかってください”

子育てとは、親の思うとおりに子どもをすることではなく、子どもが中心なのです

子どもが何を求めているのか、それをよく見て、観察して、とらえてやり、こたえていく
 子どもに何をして欲しいのか?と問いかけても答えられない。親がそれをとらえてあげることが大切なのではないでしょうか。

子どもがあとで振り返って”、お母さんが与えてくれたものは何か?”そう問いかけた時に
 「お母さんは私を信じてくれた」 
そう思われるように育てれればいいのです

 田口 美穂先生


これはほんの一部だが、子育ての中心的なことが語られた

質疑応答の時間も1時間くらいもたれた
田口先生と直接、このような相談やアドバイスをいただける機会は、ほかにないだろう

一人ひとりが大切なものをつかんで帰られた様子でした

次回は来週の木曜日です

お祈りして下った方に本当に感謝します

申し込まれて来週から参加の方は、是非ご期待ください
お会いできるのを楽しみにしています
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-10-06 21:14 | 最近教えられたこと | Comments(0)

説教の秘密は何か

説教の秘密は何か?

自分が説教をする力がないと認めることである


そのようなことが書物に書かれていて
改めて
”そうなんだ”と確認するかのように感じた

”私の力は弱いところに完全に現われる”
(Ⅱコリント12:9)


説教の世界においても弱い時に強い
という真実は同じなんですね
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-10-04 08:00 | 最近教えられたこと | Comments(0)
妻が友人から借していただいた”大草原の小さな家”を昨晩観た
c0193512_8184011.jpg


お父さんが町の意地悪な貸し商人にひっかかり、担保の牛を取られてしまうのだが、町の人々が協力して取り戻してあげるシーンがあり、大変感動した

そこで妻がいった
”世の中棄てたものじゃないね”
"渡る世間に鬼はなし”

昨日の礼拝メッセージのタイトルだ

テレビで”渡る世間は鬼ばかり”が21年も続き、視聴率22.2%もあったので、
もともとの格言が失われてしまうのは恐ろしい、

渡る世間に鬼はなし
その意味は
”世の中は悪い人ばかりではなく、親切にしてくれる人もたくさんいるということ ”


と語られた

世の中、鬼ばかり と捕らえるのと、鬼はなし と捕らえるのでは、世界観や生き方は全く変わってくるだろう

貸してくれたTさん、ありがとうございます!
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-10-03 08:27 | 最近受けた恵み | Comments(0)

倒れたアンテナ

今回の台風15号で、テレビが見えなくなった人6件

アンテナの太い棒が曲がり折れているアパート
アンテナの向きが変わってしまった家
アンテナごと屋根から落ちた家
と、様々

先日、教会のAさんのお宅に
2階建てなのに、屋根は3階建て並に高くてすべりやすい 祈りつつ登った

c0193512_16591151.jpg


でも、見晴らしは最高だった!!
大和カルバリーの赤い屋根と十字架もよく見えた

Aさん親子は前々から福音のため、お土産を用意してくれていた
「いつ渡そうかと思って」
山形からの美味しいぶどうもくださった

最後に記念の写真 (私は撮っている 左は父)
c0193512_1702432.jpg


家を開放し、家庭集会をして、20名近くの看護学校の学生さんたちが救いへ導かれた
Aさんは
「大塚先生の教会をみていると、私の家庭集会を思い出され、祈らされています」と
「大塚先生の早天祈祷会の時は、なんとしても行きたいと思っています」と
いつも励ましてくださる

祈ってくださる方がいる
それがなによりもの支えです
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-10-01 17:01 | 電気屋物語 | Comments(0)

倒れない木

台風15号は、ホント大変な突風でした

246号を走っていると、倒れた木が道路をふさぎ、
突風の中、作業している方々がおられました

枯れている木
根がしっかり張っていない木

普段はしっかりしてみえても
突風の時には立ち行かない

神様の裁きがきたときも、命がある木とない木、根が張っている木と張っていない木は
明らかにされるんだろうなと思わされた時でした

倒れない木、信仰の根をしっかり張り、
神様と命の交流をもっている者でありたいと思わされました。
[PR]
by nobuyori_1 | 2011-10-01 16:55 | 電気屋物語 | Comments(0)