大塚信頼のブログ


by nobuyori_1

<   2012年 03月 ( 39 )   > この月の画像一覧

布団が吹っ飛んだ

今日の天気は何だったのでしょう?
激しい突風が突然吹くので、びっくり

そんな風の中で、楽しんでサッカーしている親子もじきにいなくなり・・・

バサッ という音が外で聞こえたので見ると、
c0193512_2051253.jpg

この通り
ベランダに干していた布団一式、まとめて吹っ飛んで落ちてきた
しかも、隣の敷地に
すみません

こんどは ガタン
何かと思ってみたら、2階の網戸が外れて落ちてきた
わあーこわっ

布団を1階にいれると
c0193512_2055116.jpg

それを喜ぶ娘がいた
なんでも楽しんでしまう、子どもの感性(歓声)!
[PR]
by nobuyori_1 | 2012-03-31 20:56 | 日記 | Comments(0)

御言葉の配信

最近、マクドナルドでも宅配を実験的に始めて、反響を呼んでいるとテレビでやっていました

マックにも勝る、聖書のみことばの配達してみませんか
毎朝7時に新鮮なみことばをお届けしてくれます

教会員の方が、大変な試練の中で毎日携帯に配信される聖書の言葉が、不思議なくらいぴったり自分の状況にあって、その言葉で乗り越えることができました と話されたことを通して知りました

たとえば、先週のもの

「彼らは理由なしにわたしを憎んだ」(ヨハネ15:25)
キリストは理由なく、人々に憎まれました。
闇が光を嫌うように、憎むものは主がなにをなさってもただ難いのです。
なのに、主は罪人を愛されます。
罪人には愛される理由はありません。
愛する理由は主にあります。
主のご性質が愛だからです。



配信は 信頼できる川端光生先生が牧会される、キリストの栄光教会のHPから。

左のメニューに自分のメールアドレスをいれるだけでいい

とにかく、ひとつの御言葉と、短い一言
この一言が、いいんですよ!
視点がすごいんです!


町田カルバリーでは、今のところ同じことはできないので、オススメします

ここをクリックして、左のメニューのQT180というところをご覧ください

左のメニュー

説明
QT180とは毎朝7時に携帯電話に向けてメール配信している「聖句と一言メッセージ」です。あなたも一日をみことばから始めてみませんか。
と書かれています

解除も簡単

ぜひお試しを
[PR]
by nobuyori_1 | 2012-03-28 07:48 | 最近受けた恵み | Comments(0)
寝返りと、ストローでお水を飲むことがこれだけ喜ばれたことがあったろうか・・?

うちの8ヶ月の娘が、先週金曜、初めてのことを2つした

一つは寝返り

c0193512_18505992.jpg
c0193512_18514037.jpg


育児本が6ヶ月あたりに寝返りをするようなことを書いてあるものだから、妻がどの位、気
もみながらその時を楽しみに待ち望んでいたことか

ストローで水を飲むことがそんなにすごいことなんだ、と感じさせられるぐらい親は(妻も私も、きっと本人も)大喜び

c0193512_18524812.jpg

動画

それにしてもいいのみっぷり!
ストローだからもちあげなくていいんですけど・・!

かなりうれしかった様子

赤ちゃん用のコップってよくできてますね
両方に取っ手があったり、こぼれないよう、ふたがついていたりと・・
さすが、ピジョン(ベビー用品全般を扱うメーカー、哺乳瓶のトップブランド pigeonとは鳩という意味だそう)様様です

大人が当たり前にやっていることも、実は一つ一つ教えてもらいできるようになっていったことなんだと、改めて知らされています

親バカ・・です
[PR]
by nobuyori_1 | 2012-03-27 05:44 | 最近受けた恵み | Comments(0)

教会の看板

町田カルバリーは、家を用いた教会です

でも、貸家ですので十字架を建てたり、看板をつけたりできません
どこにあるのかわからなくて、迷った人もありました

c0193512_18381036.jpg

隣のエネオスと同じ蛍光色で文字を切り抜き、スプレーで塗ってみました
c0193512_18335953.jpg

c0193512_18342842.jpg


そこで、窓を利用して、名前をはってみました
通りから見ても、少しわかるようになったでしょうか
c0193512_1820753.jpg

c0193512_18205966.jpg


ちょっと派手?だったかなあ・・
でも、少し目立つぐらいのほうがいいでしょう

これで、みなさんが迷わず教会にたどりつくことができますように・・・
[PR]
by nobuyori_1 | 2012-03-26 18:36 | 日記 | Comments(2)
3月23日に行われた奥山実宣教50周年記念事業
「リバイバルに備えて」の集会に家族で参加させていただいた

トップバッターは大川従道牧師
そのあと、次々と先輩牧師、6時からは若い牧師や働きをしている方から、「宣教の現場からの提言」がなされた

c0193512_23121211.jpg


どのような提言がなされるか興味深々で夜まで参加させて頂きました。
語られたことをお分かちします。

「昭和のリバイバルに対して、平成のリバイバルは社会そのものが変えられるリバイバルとなる(峯野龍弘師)」

「日本はリバイバルを求めてきたけど神に忘れられたのか?そうではない。イザヤ49:16に『わたしはおまえの名をてのひらに入れ墨した』 と書かれている(村上好伸師)」

「主導権を思い切って譲ること、愛を持って進むこと(船津行雄師)」

「ネットを用いて引きこもりの方たちを導くことができる(朝生能雄師)」

「デジタルで福音を伝えるためデジタル神学校・コンテンツ制作・ファイナンス会社を作る(坪井永人師)」

「次世代を育て、彼らを真の礼拝者として整えること(阿部俊也師)」

「まず自分が変わること、自分が変わり、他者を認めつつも、使命に生きる自分の姿をみせつけていくこと(進藤龍也師)」

「ボランティアの経験から、クリスチャンが出て行くこと(青木靖師)」

「リバイバル自体を求めるではなく、何より主を慕い求め祈ること(しゅん富田氏)」


最後に五十嵐義隆師がこうまとめられた。

「リバイバルの原則は時代によっては変わらない。
主のために使える全てのツールを使えばいい。
しかしクリスチャンはブレてはならない。
いつの時代にもリバイバルの原則は、神を心から愛し、人を愛すること。
神を第一とすることです」


さすがイカピーさん、
聖書的なまとめ方にしっくりときました
夜まで参加した甲斐がありました

どの先生方の提言も、本当に励まされ、これから向かうべき方向を指し示してくださいました

みなさんとこの恵みを分かち合えて感謝です

どこのチームでしょう どのバンドも素晴らしい賛美
c0193512_2321374.jpg

素敵なタンバリンチームにうっとり
c0193512_2322369.jpg

賛美の中で、喜び興奮し、歌う娘
c0193512_18143223.jpg

賛美の中で書かれたみことば
c0193512_23214988.jpg


素晴らしい時間でした

奥山実先生、50周年おめでとうございます そして今までの働きに感謝します!
[PR]
by nobuyori_1 | 2012-03-24 23:23 | 最近受けた恵み | Comments(0)
先日、家族で画家40周年記念で松屋銀座8階で開かれている「黒井 健 絵本原画の世界展」へ行かせていただきました
松屋銀座は教文館の斜め向かい

c0193512_16575298.jpg

c0193512_16582586.jpg


黒井健さんといってもぴんと来ない方は、この絵を見ると見覚えがあるのではないでしょうか
c0193512_1653363.jpg
c0193512_16532662.png

そう、「ころわん」シリーズや「ごんぎつね」、国語の教科書にも出てくる「手ぶくろを買いに」などで出てくるやさしい動物たちの絵

本当に素敵でした
こんな優しい絵を描かれる方は、どんな方なのだろう?お会いできるだろうかと思いつつ、名詞を用意して伺うと・・・

なんと入り口で会うことができました。
c0193512_16564999.jpg
 
「かわいい娘だね・・」と福音と握手してくれました
見るからに優しさに溢れる紳士
(・・んん どこか”ころわん”に似ているような、
やっぱり書く人に似るというが・・)
魅力的な方でした

たくさん掲げられている原画
 原画は大きくて、やはり味がある
 印刷された本より、もっともっと味わいがありました
 だから個展ていいんですよね

一冊の絵本には何枚もの絵がありますが、一冊の絵をかんせいするまでに5年かかった作品もあると知って、一枚一枚にこめられた情熱を感じました 代々まで残りますように

最後には、今まで出版された本やグッズがたっくさん並んでいて、楽しかった
もっと、時間あったら、ビデオ映像や、おかれている絵本を読みたかったです

26日(月曜)まで開催
お時間の許される方は是非、行かれることをお勧めします
[PR]
by nobuyori_1 | 2012-03-24 17:02 | 最近受けた恵み | Comments(0)

本当の親は誰?

里子や養子を育てる方にとっては、本当の親は産みの親なのか、育ての親なのか、どちらが本当の親になるのか迷うことはないでしょうか

前の相手との子どもを連れて再婚された場合も、”本当の親”という言葉にコンプレックスを感じてしまうことはないでしょうか

「○○さんの親は本当の親ではないんでしょ」というような言葉を聞くと、複雑な気持ちになってしまいます


産んだ親が”本当の親”ならば、育ての親は”本当の親”ではなくなるのでしょうか
育ての親が私が”本当の親”です、といっても、生んだ親は”嘘の親”ではないわけです

たとえ親権が移ったとしても、子どもにとっては産みの親はやはり”本当の親”なのです。

こう考えたらいかがでしょうか

親には2種類の親があるのです
”産みの親”と”育ての親”
そしてどちらも ”本当の親”なのです
”本当の親”は一人ではないのです

ですから、育ての親御さん
自信を持って育てていってください

私があなたの本当の親です、親には産みの親と育ての親があるのです。
私は本当のあなたの育ての親ですと何のためらいもなく、子どもに言ってあげて欲しいと思います

私が植えて、アポロが水を注ぎました
しかし、成長させたのは神です (一コリント3:6)

[PR]
by nobuyori_1 | 2012-03-23 05:30 | 最近教えられたこと | Comments(0)

子育て 基本

今日の「ほっとママの会」はジョシュ・マクドウェル先生のビデオ講義を見て、分かち合いをしました

関係を構築するシリーズ 2回目

関係構築の原則2 受容

人間関係で重要なことは、無条件の受容ということです
 無条件の受容は、子どもの心に安定を与えます


関係構築の原則3 評価

こどもとの関係で大切なことは子どもを評価してあげることです
 子どもに評価を伝えることで、子どもは自分の意義を見つけます
 意義とは自分の言動などに、何らかの価値があるということです

「バランスのとれた受容と評価が必要です。」

私は子どもの成績表を見てよくこういいます
 「よく勉強をがんばったね。宿題もしているし、努力もしたんだね(評価)
 でも、お父さんが好きなのは勉強が良くできるからじゃないよ
 神の姿に造られた尊い存在だから、お父さんは愛しているんだよ(無条件の受容)」
 つまり、受容と評価の両方のバランスが大切なのです

受容だけになってしまうと、間違った態度をとるでしょうし
 評価だけになってしまうと、実績主義になってしまいます
 受容と評価のバランスが大切です


関係構築の原則4 時間を割く

親が時間を割いてあげることで、子どもは自分の価値を見出します
 子どもたちのとって、愛はTIME・時間です
 親が子どもたちに時間を取ってあげるなら、子どもたちはこう思うようになります 
 お父さんにとって私は大切な存在なのだ
 お母さんによって私は大切な存在なのだ
 自分は上司にとって大切な存在なのだ


参加者がお互いに感想を分かち合う時間を持ちました

今の生活でのおかしいなと感じている点、こんなときどうしているかなどお互いの経験や知恵を分かちあいました

私自身が教えられたことは、
講師が「子どもの良い行動を促すために評価するのではない」といったことです
子どもの行動をコントロールするために、アメとムチを使い分けるのではなく、
子どもがいいことや、なにかをしてくれたときに、そのことに気づいて、「ありがとう」と言葉にしてほめる、感謝することを自然に普段からやっていたら、子育てだけでなく、人間関係もうまくいくということです

子どもに「私がお前を好きなのは、勉強ができるからとか、いい子だからではない。お前が私の娘だからだよ」と、言葉にして無条件の愛を伝えていくことができたら、本当に素晴らしいと思いました。
子どもはどんなに安心し、うれしく感じることでしょう。

近所との関係も、普段、「素敵なお洋服ですね」、「お子さん成長されましたね」と一言でもいいから声をかけ関係作りしていたら、悪いうわさや苦情がでても、大きくならない、予防になることも知りました

子どもとの関係も、普段良いところを評価していたら、いざ雷を落としても、すごい効き目があるそうです

大切なのは、日頃からの関係作りなのですね

時間を割くことについては、お父さんは長い時間は子どもと過ごせなくても、本気で向かい合い心を通わせる時間を持てれば、関係が築かれることが語られました。何かをしながらとか、心ここにあらずの関わり方はよくないとのことでした。

今回も収穫の多い、充実した時間になりました。

神様に感謝します。
[PR]
by nobuyori_1 | 2012-03-22 21:03 | 最近受けた恵み | Comments(0)

多摩動物公園

今日、家族で多摩動物公園へ行ってきました

c0193512_21534152.jpg


大学時代、明星大学に4年間通いました。
多摩動物公園駅で降りているのに、1度も目の前の動物園に入る気持ちになれませんでした
まさか、その動物園に来る時がくるとは・・

それにしても30年以上ぶりの動物園!
誰が楽しんでたって、自分でしょうか

道には誰の足跡でしょう?とクイズがかかれ、後を追っているうちに、動物がいるところへ
c0193512_21231640.jpg

c0193512_21234614.jpg


まずは、チーターの美しさにほれぼれと魅せられ
c0193512_21254487.jpg

なんか、ファッションショーしているみたい

ライオンたちの迫力に圧倒され
c0193512_21264896.jpg

c0193512_21273442.jpg

c0193512_2144295.jpg


なにより印象的だったのは、オリックス
野球のチーム名だと思っていたら、動物でした
そのカーブした角の美しさ
あれ?写真がない ガーン
ネット上から写真を
c0193512_221470.jpg

とにかく素敵な角なのです

キリンもたくさんいましたよ!
c0193512_21313355.jpg


驚いたことはチンパンジーが音を鳴らして手をたたいていたこと

動画をアップしてみました

チンパンジーのおしりが白く飛び出ていることに驚きました
なんだあれ?あんなに飛び出てたっけ!?
何なのかと思ったら、メスが発情期になるとお尻がふくれてくるらしいことを知りました
c0193512_21331022.jpg

お知りでした?

山の頂上で記念写真
c0193512_23155647.jpg

コアラの親子と、コアラの親子
あっ、違った、妻と娘です
初めての家族での遠足です

きれいで大きなインコ
なぜ、つながれてないように見えるのに、逃げないのでしょう?
c0193512_21483573.jpg

娘が声かけると、インコも鳴いて、羽を広げて見せてくれました
娘も大喜びで、手をたたいて喜んでいました
c0193512_21501535.jpg

とても楽しかった動物園

動物園って、小さな子供と親ばかり
デートの人もわずかにいたかな
とっても安心して過ごせる贅沢な空間

また時々来たいと感じました

神様、良い春分の日をありがとうございます!
[PR]
by nobuyori_1 | 2012-03-20 23:17 | 日記 | Comments(0)

東京プレイヤーセンター

最近、お茶の水クリスチャンセンター4階・404号室に東京プレヤーセンターができた。
略してTPC

休館日(祝日)を除き、お昼に365日礼拝を行っているとのこと。
(祝日に行かないようにお気をつけください)

その開所式の日に現れたという虹の写真を見てびっくり

c0193512_2224379.jpg


右は東京タワー 左はスカイツリーだとか

しかも、虹が現れた時間を知って更にびっくり!

14時・・・ つまり、午後2時(!!)

主はなんてユーモアに富んだお方なのでしょう!!

それにしても素晴らしいノアの契約を思い出させる虹ですね


創世記9章13節
「わたしは雲の中に、わたしの虹を立てる。それはわたしと地との間の契約のしるしとなる。」

[PR]
by nobuyori_1 | 2012-03-20 06:54 | 最近受けた恵み | Comments(0)