大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

従者に英雄あり

昔から言われている言葉に「従者に英雄なし」というのがあります。
どのような英雄や豪傑でも外づらと内づらがあり、四六時中、外づらのいい顔をずっと持ち続けることはできません。
一個の人間に戻る時が必ずあります。

・・この"英雄”の身近にいて、常に世話をする従者は"英雄"の強い面も見ますが、同時に弱い面、卑しい面も見ることになり、つまるところ「英雄といっても、ただの人間ではないか」と思ってしまいます。
従者にとって英雄はいないというわけです。

この言葉をもじると
「子どもに人格高潔な親はなし」ということになりましょうか。

・・親たるもの、たとい親子水入らずの生活の中でも、子どもにして欲しくない言動を自分がしてはいけないし、身に着けて欲しくない癖を自分が披露しては、家庭教育になりません。
もしそのような親は神(?)の座から滑り落ちただの人になってしまい、人格形成の大切な時期にある子どもに悪影響を与えます。

   ある子育ての本より


よく子どもの前で、夫に注意をしたり、言い返したりするのはよくない。
あとで子どものいない二人だけの場所で話し合うように、というアドバイスを耳にすることがある。

子どもに親を敬い、素直に従うように育って欲しいと願うなら、
子どもの前で、夫を敬い、夫を立てることが必要である。
時には、夫の言うことに疑問や納得がいかないときも、夫をたてる。
後で、裏でそのことについての意見を交換する方がいい。

親には表舞台と裏舞台がある。
子どもの前で見せるべき姿と、見せるべきでない姿がある。

そのことを書物から新たに教えられた。
[PR]
by nobuyori_1 | 2013-03-28 21:27 | 親子 夫婦 | Comments(0)
わが家である時、九官鳥を飼ったことがある。
c0193512_22413736.jpg

私は英語が話せるようになればと思い極力英語で話しかけるようにした。
ところが、忙しさに紛れ、なかなか話しかける時間が取れない。
そこで仕方なくテープにその代役を任せ、四六時中、「ハロー、ハウ・アー・ユー」と聞かせるようにしたのだが・・・・。
結果は期待に反し、テープでは英語は覚えなかった。
そのうち、私の在外研究のため家族が不在がちになると、だんだん人の肉声に触れることも少なくなり、話さなくなった。
そのうち寂しさからのストレスのためか、毛が抜け始め、あれよ、あれよと言っている間に死んでしまった!

このように九官鳥でさえ、人との触れ合いを求め、無機質なテープの声に機械的に反応することを拒み、言葉の奥にある人のこころを求めている。

では、毎日の生活で私たちはどうだろう。
忙しさのあまり、まるでテープの声に戸惑う九官鳥のようになってはいないだろうか。
そうだとすれば、先ず相手のことばをこころで「聴く」ことから始めてみるとどうだろう。
 
よく子どもは、「大人は話を聞いてくれない」と嘆く。
大人は「こんなに聞いているのに」と肩を落とす。
なぜだろう。大抵の場合、ことばは聞いているが、その裏にある話し手の心情やつらいこころを聞こうとはしていない。
真に「聴く」とは、相手のこころに寄り添い、相手の立場になりきり、同じ思いになることである。

         (東後勝明著「ありのままを生きる」より引用)


九官鳥すら、心のやりとりを求めています。
なおさら人間は心のやりとりを求めています。
ちょっとした対話でも、そこに気遣いや思いやりの心があるとそれだけでうれしくなるものです。
いつも親切で、思いやりのある心を持ちたいものです。

今週は受難週。特別な思いを持って過ごしましょう。
断食する人も好物を絶つ人もいるでしょう。
心を静め、主の心を感じる時を持ちましょう。

(町田カルバリー 家の教会 週報コラムより)

       
[PR]
by nobuyori_1 | 2013-03-23 22:42 | 週報のコラム | Comments(0)
「スコーレって宗教?」
「スコーレってどうなの?」
「社団法人 スコーレ家庭教育振興協会ってどういう団体?」

スコーレの子育てセミナーの誘いを受けた方の多くは、まずこのような疑問を覚えるのではないでしょうか?

先日、わが家に「無料の子育てセミナーがあるから参加しませんか?預かり保育もあるので」、と見知らぬ婦人の訪問・勧誘がありました。(気さくでとても良い方たちで話すのも楽しいです)
テーマが興味深いものだったので行きたくなりました。
でもスコーレという団体が何者だかよくわからないので一人で行くのは不安。
そこで夫婦で行ってきました。

驚いたことに、講師は外部の人ではなく内部で教育された講師が立てられていました。
その女性講師は、自分は特定の宗教を持っていませんが、私は永池栄吉先生(スコーレ創設者)の教えに共感しそれに基づいて教えています、と語っておられました。
10名前後の参加者だったが半分位は最近来始めた人や何ヶ月ぶりかの人のようでした。
講義の内容や質疑応答の内容は、実践的でためになるものでした。
子どものお預かりもばっちりしてくれました。

ただ、終わると会員になることを勧められました、月々1000円の他、月刊誌300円かかるそうです。
子育て講座はその都度、曜日が変わるそうです。
参加しても不参加でも払い続けなければならないのは我が家にはきついと感じました。
また、ヨガ教室のようなものに参加を勧められました。
何で子育てセミナーに来たのにヨガなのか、その関係がよく理解できませんでした。
また、朝5時からの集まりにも後日勧められましたが、とても4時起きは無理(チャレンジしてみたけど続かず・・)。なぜ朝5時からなのか?不思議でした。
しかも電車やバスも無い時間帯です。来る人は車で来ているそうです。

 一体この団体はどういう団体なのだろうか?
 これからもつきあっていいものなのだろうか?
 

さっそく私はネットでこの団体について調べ、淵野辺にあるという本部に電話し、その情報を確認しました。
またこの永池栄吉の書物を3冊取り寄せて調べてみました。
多分、同じような不安を感じている方が多いと思うので、知りえた情報をここで分かち合わせて頂こうと思います。

この団体の創設者である永池栄吉(先生)氏は、元々、「社団法人 実践倫理 宏正会(こうせいかい)」に属し活躍していた人物。
そのことを知らずに、この団体を理解することはできないと思います。
プロフィールに、「中央大学卒業後、社会教育団体に入り・・」とありますが、「社会教育団体」とは「社団法人 実践倫理 宏正会」のことです。あえてその名前を伏せているようです。

「社団法人 実践倫理 宏正会」とは戦後、神道系の新興宗教「ひとのみち教団」から生まれた団体。朝5時から始まる「朝起会(あさおきかい)」で戦後有名になりました。

これはある方のWEB上の情報です(わかりやすかったので引用させていただきます)

 徳光教 
  ↓
 ひとのみち教団 → PL教団 http://www.perfect-liberty.or.jp/
        → 自然社 http://www.sizensya.or.jp/
        → 一般社団法人 倫理研究所 http://www.rinri-jpn.or.jp/
                  ↓ 
            社団法人 実践倫理宏正会 http://www.jissenrinri.or.jp/

 宏正会からの分派

 社団法人 スコーレ家庭教育振興協会 (会長 永池榮吉-元宏正会講師)http://www.schole.org/
 NPO法人教育倫理プラザ (代表 花咲 恵太郎-元宏正会講師補)http://toku-plaza.jp/
 NPO法人倫理生活指導センター(代表者 井上 富男-元宏正会四国地区幹部)http://www.rinkun-wa.com/


私の知人で、様々な名目で集める寄付金、自腹で毎月小冊子を何十部と買い、子育て中にも訪問宣伝活動を一生懸命しましたが、子どもが不登校になると「徳積みが足りない」「あなたが夫に仕えないからだ」と責められこれ以上何をすればいいのかと苦しんだ挙句、脱会した人がいます。自分が導いてしまった人たちと脱会したそうです。そんな人が4人身の回りにいると言ってました。
似たような経験者の具体的な内容はWikipediaによくまとめられています。

実践倫理宏正会は、「社団法人であって宗教ではありません」と自己紹介しますが、宗教学では新宗教のカテゴリーに入れられているそうです。
つまり社団法人の形をとり宗教色を隠すという新しいタイプの新興宗教という扱いなのでしょう。

スコーレはその団体から派生した団体だと知って、同じような問題はないのか、ということが私の正直一番の心配事になりました。

私の近所の方も同じような不安を覚え、ネットで調べると、経験者のこのような相談に行き着いたそうです。

なぜ、このような不安や疑問を多くの方が持つのに、それに回答する人がいないのでしょうか?
スコーレが1000箇所以上でなされているならそれに属する人がたくさんいるはずなのに・・
スコーレについての情報不足がこの団体に対する疑問・不安を残す原因にもなっていると感じました。


 ここで私が本部に電話でやりとりして知り得た情報を最後に載せておきたいと思います。

Q 永池栄吉先生は、元は実践倫理宏正会に属していたのですか?
どこでそれを知ったのですか?
・・はいそうです。
でも今は全く関係を持っておりません。

Q、1980年になぜ、その団体から別れ、あえて同じような社団法人の団体を立ち上げたのですか?
永池先生は主に家庭教育に力を入れたかったので、実践倫理宏正会 との意向と食い違いが生じたため新たな団体を築いたのです。

どおりで、訪問をして勧誘する方法や、月刊誌を発行し販売して教化する方法や、朝5時からの集まりを持っていることや、会員制であることなど、実践倫理宏正会とあまりに重なる要素が多い理由がわかった。
”社団法人であって、宗教ではありません”という自己紹介の仕方まで共通している。

Q スコーレは宗教ではないのですか?
宗教ではありません。
宗教と教えが重なっているところがあるかもしれません。
しかし宗教は祈りの世界へ入っていきます。祈りの前になすべきことがあるのではないでしょうか?
スコーレは自分でやるべきことやるためのもので、その部分を扱います。
スコーレは宗教の前の段階とお考えください。

さらに宗教を持ちたい人はそうすればいい。それを否定はしません。
スコーレには仏教の方もキリスト教の方もいます。

宗教は他力本願ですが、スコーレは自力で自分を変えていく自力本願です。自己改革です。
だから厳しいものだと思います。

Q では宗教であって宗教色を隠している、というのではないのですね
宗教ではありません。
宗教の手前のものだと思ってください。

Q 会費は講習会に出た時だけ払えばいいのではないですか?参加してもしなくても払わないといけないという会員制には抵抗があるのですが
会員ではなくても、子育て講座は無料で受けることができます。
子育て講座は入り口のような位置づけになっています。
さらに学びたい方は会員になっていただく必要があります。

Q 脱会はできるのですか?
紙一枚、脱会の趣旨を書いて出していただければできます。
入ってみて、もし宗教色を感じたら出ればいい、と考えています。

Q 永池栄吉先生ご自身は何の宗教の人なのですか

先生は個人的に宗教を持っていますが、それを公表はしません。
私も知りません。
公表すると特定の宗教色が強くなってしまいますから。
(書物を3冊買って読んで見ました。読むと「先祖を敬う」とか「ご先祖様のお蔭」という色が強い。人間観も進化論的人間観であり、聖書を用いることがあるがあくまで論語を紹介するための参考としての引用といった感じ)

Q 宗教なのではないかとちまたでは心配する人が多いと思うのですが、なぜそれについてホームページなどで詳しくかかないのですか
書いた時のリスクの方が大きいからです。

Q 私はむしろ、永池先生の宗教は何で、なぜ実践倫理宏正会から出ることになったのかそのいきさつを話し、何が違って何が同じなのかを明確にした方が、かえって安心なのですが・・そういうことを隠すことでかえって一体永池先生がどのような先生で何を土台として子育ての教えを教え、どこへ人を導いていくのかわからなくて不安に感じます。
そうですか・・・

そんなやりとりがあった。

私なりの結論として
スコーレは宗教ではない。
でも、強い宗教的な体質を帯びている可能性がある。

これが現段階での私の結論です。

もちろん入会するかどうかは個人の選択です。
ただ私は、一度限りでついていけないものを感じ、距離を置きました。

少しでもお役にたてれば幸いです
[PR]
by nobuyori_1 | 2013-03-21 18:18 | 最近教えられたこと | Comments(4)

育児書にない動作

うちの7ヶ月の息子が、最近は1歳上のお姉ちゃんのやることをみながら
c0193512_14381863.jpg

ケラケラ、ケラケラよく笑う
c0193512_14373273.jpg

なんか、新鮮で楽しいみたい 

お姉ちゃんも別に笑わせようとして行動しているわけでもないようなのだが・・
波長が妙にかみあっているこの二人・・

寝返りを打ちだしたのが2ヶ月前
c0193512_14435526.jpg

背中をついても、うつ伏せ状態でも
足を伸ばしたり縮める度に、どんどん後ずさりして遠くへいってしまう息子・・
思いとは違うところへ行ってしまう

夜中寝返りを打って、壁にゴンとぶつかる音がしたり、
家具などの隅まで行って動けなくなってたりと、
今でしか見れない状況で楽しませてくれる

最近また妙なことをやりだした
一人でいる時腕立て伏せみたいに、手と足だけで体を浮かせている
c0193512_1439248.jpg

c0193512_14165586.jpg

娘はこんなことやらなかったんだけどなあ
育児書にものってない中間的なしぐさ

ムム、この後どう発展していくのだろう?
[PR]
by nobuyori_1 | 2013-03-20 12:06 | 親子 夫婦 | Comments(2)

感謝が習慣になる21日

人間が新しいことを習得するのに21日間が必要らしい。
感謝が体に染み込み、習慣となって、人生が少しずつ変わっていくことを感じるまでには、21日間のトレーニングが必要なのです。

日曜日の礼拝で、新刊「感謝が習慣になる21日」(ジョン・クゥアン/ソ・ジョンヒ/ハン・ゴンス著、小牧者出版)
という本が紹介された
c0193512_13495233.jpg


「何個感謝が出来るかやってみてください
やるとよいのは、感謝が習慣になる
そして、体質改善されますから」
と牧師からお勧めがあった

さっそくやってみた
 1回目74個
 2回目74個
 3回目85個
 4回目42個(時間が短かった)

当たり前のことから神様に感謝するんです。
「右目が見えること、左目が見えること、右手があること、左手があること、空気があること、青い空があること、美しい梅が咲いていること・・・・・感謝します」
本当はどれ一つ当たり前のことなどないんですね。
すべてが神様からの恵みなんです。

そして最近あったうれしかった出来事も感謝するんです。

確かにやっていながら、感謝を見つけることがたやすくなってくる感じがします

メッセージって聞きっぱなしではなく、1つでも実践するとこんなにも変わるんだということを
体験しています。

みなさんはいくつ数えられるか、やってみてください
そしてよろしければご報告ください


「わがたましいよ、主をほめよ。
そのすべてのめぐみに心をとめよ。」
(主の良くして下さったことを何一つ忘れるな)
(詩篇103:2)

[PR]
by nobuyori_1 | 2013-03-18 13:59 | 最近受けた恵み | Comments(0)

ほっとパパママ会

教会の子育て支援サークル に ほっとパパママ会がある
月に一度の集まり
土曜にやるからお父さんも子どもも一緒に家族ぐるみで参加できる

今回は初企画 COCOS で朝食バイキング!!
c0193512_21304990.jpg


ただ一緒に食べるだけじゃん!と思う人もいるだろうけど、
食べながら子育ての話もできるんですね

c0193512_21325392.jpg


子ども同士も楽しそう
c0193512_21344419.jpg


時には気軽にこういうのもいいものですね
お母さん方も朝食の準備から解放されて楽しめるし・・
ありがたい企画かも

早速「またやってください」とリクエストが来ています
「うちの家族も参加させて」とも

COCOS様様でした

c0193512_21411162.jpg

[PR]
by nobuyori_1 | 2013-03-09 21:42 | 最近受けた恵み | Comments(0)

聖日厳守

「あのバス、non stop bus(ノンストップバス)ってあるけど、どこにも止まらないの?」。一緒に歩いていた妻(56)がそう言った。
表示を見ると「non step bus(ノンステップバス)」。
eとoの区別がつかなかったらしい。
                  (朝日新聞「いわせてもらお」より)

最近の携帯電話は充電すると1週間位は持ちます。
でも、1週間超えると突然電源が落ちてしまいます。
最近流行のスマートフォンは、充電しても1日しか持ちません。
毎日欠かさず充電する必要があります。定期的に充電してこそ、ノンストップが可能になるのです。

人間にとって、充電するとは何でしょう?
それは命の源なる神様につながること~礼拝することに他ならなりません。

一週間に一度安息日を守ることが私たちの人生をどんなに生き生きさせることでしょうか。
Sさんが「クリスチャンになって何よりも日曜日の礼拝が楽しみ。日曜日が終わるとまた次の日曜日が楽しみ。早く日曜日がこないかなと日曜日が来るのが待ち遠しい」と言っておられました。
そのように礼拝はクリスチャンにとって何よりもの喜び、祝福、命の源です。

十戒の一つは「安息日を覚えて、これを聖とせよ」(出エ20:8)。
十戒の一つを破ることは、他の戒め「殺してはならない」「姦淫してはならない」を破ることと同じことです。
だからクリスチャンは聖日(せいじつ)を厳守(聖日厳守)します。

何が何でも礼拝を守る。安息日を守ることが自分の命を守ることになります。
天国へ行くまで信仰を失わないでいられます。必ず祝福されます。
礼拝を守ることは信仰生活でなによりも大切なことといえるでしょう。

薪(まき)はいくつも集まると大きな火となります。
でもひとつにすると小さくなります。
礼拝に行くことは、信仰者たちと出会うことに意味があります。
インターネットでも礼拝は守れます(病気や障害のある方はそれでも恵みです)が、
霊の空気に身を浸し、生の信仰者に出会う祝福は何にも代えられない祝福です。

礼拝を重んじるクリスチャンになりましょう。
[PR]
by nobuyori_1 | 2013-03-09 21:21 | 週報のコラム | Comments(0)