大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ダスキンララ を断念して、市販のハンドモップ花王の「クイックルワイパー ハンディー」を使うことにした

しかし、ダスキンララ についていたモップケースがないため、いつもモップが床置きに横たわるようになり、探すのに苦労する

あれは便利だった・・

そこで探し続けて10年・・・(なわけない)ついに見つけた!

CAN-DO で売ってた 「クールポット・スリム」
c0193512_8341458.jpg

1.5リットルのボトルタンクだが、スリムで場所をとらなく、高さも高い

入れてみるとちょうどいい
c0193512_8364062.jpg

だけど中が見えて何だか不潔・・

そこで家にあった26cm角のビッグ折り紙を中にいれたら・・
c0193512_8373734.jpg

こんな感じに仕上がりました!
c0193512_83982.jpg

別の色紙をいれれば、好みの色になります

これは場所とらないし、なくさない
取りやすいし、いれやすい
本当に便利!

1階2階用に用意しておこうと思います。
[PR]
by nobuyori_1 | 2013-04-27 08:43 | 日記 | Comments(0)

外に黒い虫 大量発生

家の外やベランダに黒い虫が大量発生
何だ?
2センチ前後で
洗濯物を干しているとよってくる
c0193512_1649493.jpg

隣のうちの車の上にも何匹もとまってる
c0193512_16505516.jpg
c0193512_16514166.jpg


管理人さんをよんで見てもらったが、対応策はなく自然にいなくなるのを待つしかないという
薬師池公園にもたくさんいたという情報も

どうも写真を撮って調べてみると、
ハグロケバエというらしい
羽が黒く、ケバエの一種

オスは大きな複眼がありハエらしくみえるが
メスは頭が小さいので、ハエではなくて羽アリかとおもった

妻はハチやアブだと思ったらしい
長い足がたれさがっているからそう感じるのも無理もない

<4月~5月前後の陽気になると集中して一週間程の期間に地域によっては大量に群飛します。
市街地でも付近に堆肥や腐葉土などを集積している場所などがあると大量に発生することがあるそうです。>


人を刺すことはないので とりあえず安心しましょう。

なぜか白いものによってくるようです
白いベランダ、白い車、白い服、白い壁
白いものにとまっています
外出するとき白い服は避けたほうがいいようです

薬師池公園がそばにあるから、多分そこからきたのでしょう。

結構交尾していたり、地面に死んでいるのを見るそうです

卵を産むと死んでしまうのかな・・
短くはかない命なのですね

といってもやっぱり怖いですよね

追伸
この投稿をしてから4日くらいでめっきりいなくなってしまいました(ホッ)。
[PR]
by nobuyori_1 | 2013-04-23 17:00 | 日記 | Comments(0)

桜吹雪のプレゼント

実家の横の八重桜 頭がつきそうなほど満開で枝が下がっている これが毎年見事
c0193512_21364015.jpg

じじやばばと 載せておきましょう
c0193512_21215216.jpg

このじじが
c0193512_21381993.jpg

仕事帰りにもたせてくれたのがこの袋
c0193512_21241169.jpg

何が入っているのかと見れば・・
c0193512_21253757.jpg

子どもが夢中になってつかむは-
c0193512_2141157.jpg

つかむ
c0193512_2128866.jpg

しまいにひざのうえにのせだすは
c0193512_21294026.jpg

結局最後はこんな感じに・・
c0193512_21305569.jpg


ごめんね、お母さん・・
散らかさないように遊ばせようとした努力は泡と化してしまいました・・・

現代の子どもの特徴は無気力、無関心、無感動
そうならないための育て方は小さなうちから、"感動の体験”をたくさんさせてあげることだという


じじがくれた感動の体験
ありがとう
[PR]
by nobuyori_1 | 2013-04-19 21:44 | 親子 夫婦 | Comments(0)

美しき召天者記念礼拝

先週の土曜日は、教会の共同墓地(相模メモリアルパークにある)で召天者記念礼拝がなされ、参加した。
毎年春と秋のお彼岸に合わせてなされている。

教会員の故江尻十九郎さん他4名の方のの納骨がなされた。

相模メモリアルパークはとっても広大で美しく整備された墓地。
c0193512_22201459.jpg


大和カルバリーチャペルの共同墓地の前は、広場になっていてそこで式ができる。
c0193512_22515512.jpg

c0193512_2253850.jpg

すでに200体近く納められている。
c0193512_22541265.jpg

今日納骨される方の名前もすでに刻まれていた
c0193512_2384695.jpg

毎年、参加する方が増え、今回も100人近い方が参加された。
c0193512_22372497.jpg


大川牧師が司式をされた。
c0193512_22394214.jpg
c0193512_22404211.jpg


「ここは地下3階建てになっていて、500体入ることができます。先に墓の中に入ってみるというのも・・・良いかと思います・・。65歳以上の方は予約をすることもできます。日程の予約はできませんが・・」
ユーモアを交えながら話を始めると、緊張してきた初めての方も心がほぐされていく

讃美歌を何曲か一緒に歌った。

そして納骨がなされた。
納骨をする方の名前が呼ばれると、その関係者が前に出て骨壷を牧師に渡す。
c0193512_2345132.jpg

牧師はその方についての思い出を語り、骨壷を丁寧に胸に抱きしめ、祈りを捧げる。
c0193512_22475026.jpg

そして、係りの方に渡すと、係りの方が地下に納めてくださる。
c0193512_22491224.jpg

それが5人分繰り返されなされる。
牧師が骨壷を抱きしめる姿、心のこもった丁寧な葬り方に私は感動を覚えた。
こんな納骨式ってあるだろうか?
本当に牧師は神の愛で一人ひとりを愛して葬るのだ。


その後にはショートメッセージ。
次の日に礼拝で語る一部分のメッセージを取り次いでくださった。
それは初めて聞く特別なものだった。

人間は生まれたときから、天国の命の書にその人の名前が記されている、とアメリカの著名な牧師が語った。すでにすべての人の名前は天国の命の書に記されている。神はすべての人を覚え、祈り、天国へ入る者とされている。

しかし受験の合格発表で、数字は挙げられていても入学手続きをしなければ入学できないように イエスを救い主と信じ洗礼を受けることで、その数字が電光掲示板のように明るく光り、天国に入ることができるようにされる。

イエス・キリストは、一人の人を見つかるまで探し求めてくださるお方。
人は死んだら終わりと思っていたが、たとえ死んでもよみにまで探しにいってくださるお方。

すべての人が天国へ入れるように洗礼を受け、手続きをなさってください。


そのようなお勧めが、そこに集まった家族・親族に対してなされた。
そう言ってもらえるってありがたいことだと思いませんか。

最後は献花の時間
c0193512_22553729.jpg

c0193512_2257437.jpg

c0193512_23223464.jpg

最後江尻さんの関係者で記念写真
c0193512_2258567.jpg


正直、こんな素敵なホテルのような墓地なら、早く入りたい・・と思ってしまった(笑)。
ホント

洗礼を受けていれば100%確実に魂は天国に入れる。
しかも、こんな素敵な墓地に葬ってもらえる。

キリスト教式葬儀は、天国に行ったという確実な希望があり、またそこで会える希望があるという点で仏式とは大きく異なる。
希望にあふれたなんともいえない慰めに満ちた美しいものだった。

天国は死んだ後行く世界だけではない。
この地上にもたらされ、この地上で味わうべきものでもある。


「初めてキリスト教の式に触れることができました。いや~本当に良かったです」
熊谷からのタクシーの運転手
「江尻さんは本当にラッキーな人だ」
江尻婦人のお兄さん
いろんな方の感想をいただきました。
[PR]
by nobuyori_1 | 2013-04-16 23:28 | 最近受けた恵み | Comments(0)

いやしの信仰ABC

先週ビル・ジョンソンの本「奇跡への入り口」を読んだ方から“病のいやし”について今までの考えと違うので頭が混乱した。これからどういう信仰を持ったらいいか教えて欲しい”との声があった。

c0193512_21531271.png


同じような疑問を持たれる方が多いと思うので、
大川牧師に教えていただいたことを、自分なりにまとめて記しておこうと思う。


病のいやしに対して、キリスト教会には3つの立場がある。


Aというグループは、超自然的ないやしはない、と考えるグループ。
自由主義神学。病に対しては受容的。
いやしに対する信仰はないため、いやしは起こらない。

Bというグループは、いやされることはあるがいやされないこともある、と考えるグループ。
福音派。信仰を持って祈るがいやされないと受容する。三浦綾子さん、水野源三さんなど。
いやしに対する信仰は薄いため、いやしはあまり起らない。

Cというグループは、病はすべていやされる、と考えるグループ。
ペンテコステ派・カリスマ派の右派。ビル・ジョンソンやチョウ・ヨンギなど。
基本的に、神は私たちが健康になることを願っておられると信じる(Ⅲヨハネ2)。
いやしに対して信仰が強く、結果として顕著ないやしが起こる。

大和カルバリーチャペルはどの立場かというと、BとCの両方。
特に今年になってCの世界が新たに開かれつつある。
主は信じたように働いてくださるのだ。


では、祈ってもいやされない時はどう考えるか?
一つは“神様には時がある”。
だから今いやされなくてもあきらめる必要はない。祈り続けよう。
2段階でイエスが目をいやしたケースも、ナアマンのように7回目で突然いやされることもある。

もう一つは“苦しみそのものに意義がある”。
これも無視できない視点である。
神は無意味に苦しみを与えられているのではない。
この点ではAグループの洞察は深い。

聖書には多面性がありかつ矛盾はないのである。


病はすべて悪霊からのものというのは間違っている。
聖書は“病の霊”など悪霊によるものを認めるが、そうでないケースも多々でてくる。


私個人は病気や障害を受容しつつも、いやしも信じ祈り続けるのが穏やかで良いのではないかと考えている。

「もし信じるなら神の栄光を見る」
もし信じて祈るなら、祈ってもらうなら今よりもっと健康になることでしょう。
主を信じましょう。
信じて挑戦し続けましょう!
「もし信じるなら神の栄光を見る」
[PR]
by nobuyori_1 | 2013-04-13 21:55 | 週報のコラム | Comments(0)

春の風物詩

昨日は1歳9ヶ月の娘と遊んで楽しい時を持った

まず、庭にいただいた菜の花を植えることに
c0193512_7185661.jpg

c0193512_715595.jpg

私が土を穴に戻そうとすると
 ンー!
といって、自分でやりたがる
何でも見たまま真似したがる
c0193512_7483372.jpg


次は隣に散歩
ついにタンポポが咲き出した!待ってたよ~
c0193512_7261970.jpg

あれ~タンポポは取っちゃだめだよ~

ツクシ がたくさん
見つけるとサッとしゃがんでつんでしまう
c0193512_728338.jpg

ママとの散歩で慣れてるんですね 
ツクシ摘み職人
c0193512_7303250.jpg


先に進むと キレイ
c0193512_7321999.jpg

c0193512_7351291.jpg

c0193512_7551863.jpg


道路の向うには、紫の菜の花みたい 行ってみよう
c0193512_757443.jpg

c0193512_842522.jpg

c0193512_73695.jpg


この紫色の菜の花のような花は
「ムラサキハナナ(紫花菜)」
といって、中国から輸入した紫色の”菜の花”なんだそうです
「ハナダイコン」とは違うんだそうで・・

ひとつもらってうちに植えよう、ということにしました
c0193512_7381777.jpg

c0193512_7393834.jpg

紫の菜の花 黄色の菜の花
キレイですよ 色が深く、本当に美しい!

c0193512_7582529.jpg

おててが汚れたけど、いい体験だったね

今でしか味わえない娘との春の一日を
主よ ありがとうございます
[PR]
by nobuyori_1 | 2013-04-05 08:00 | 親子 夫婦 | Comments(0)