大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2014年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

我が母校、町田市立鶴川第3小学校に30年ぶりに訪れた
c0193512_17142257.jpg

c0193512_1722433.jpg

懐かしかった 
小学校ってコンクリートの箱だけというか・・何も変わらないものなんですね

今年も夏休みを利用して、サマースクールが開かれた
ボランティアで手品を教えにいくため、訪れた。
2日間にわたる。今年で3年連続。
父を筆頭に、数々のメンバーでそれを支える。
c0193512_1752596.jpg
c0193512_175289.jpg


助っ人をするため手品も覚える それも良い体験だった
c0193512_1761969.jpg

鳩も飛び出す本格的マジックです
c0193512_1781447.jpg

鳩が消えたり、本から出てきたりして・・みんなの驚いた顔が見れてうれしかった
c0193512_1775876.jpg

c0193512_1772351.jpg

今回はハッピーカードのマジックと

c0193512_1716296.jpg

三本ロープの手品を教えました。
低学年も高学年もできるようになりました
c0193512_17124894.jpg
c0193512_17123391.jpg

おうちでやってみせてあげてね

協力者のみなさま、ありがとうございました。
c0193512_1714014.jpg

c0193512_17151038.jpg


c0193512_17245454.jpg

c0193512_1724647.jpg

30年ぶりに校門前に立ってみて、感慨深かったな
c0193512_17154393.jpg


裏門から、車で入ってみて、ああ僕の先生たちはこうやって教えに来てくれてたんだな
僕の尊敬する浅野邦章先生も・・
それぞれの先生たちは40人もの生徒たちを責任を持って導いている。偉いもんだなと感じた
c0193512_17302040.jpg


小学校って素敵な所
小学生たちの目がキラキラ 生き生きしていました

c0193512_17515290.jpg

c0193512_17505825.jpg
c0193512_17504781.jpg
c0193512_17503418.jpg


みんなに元気をもらったよ
集まってくれたお友だち、君たちに出会えてうれしかった。ありがとう!!
[PR]
by nobuyori_1 | 2014-07-30 17:19 | 日記 | Comments(0)

ピンクの雪

c0193512_9272950.gif雪かきスコップを見て、娘が聞いてきた。
「これなんに使うの?」
  「雪が降った時の雪をかくためのものだよ」
「雪で真っ白になった時に使うの?」
  「そうだよ」
「〇〇ちゃん(自分の名)、ピンクの雪がいいな・・」
  ・・・
「神様にお祈りしたら、ピンクの雪ふらせてくれるかな?」
  ・・・
「イエッちゃま(イエス様のこと)、どうか、ピンクのゆきをふらせてください。アーメン」
 

 (とうとう、お祈りしてしまった。
  はたして、神様はピンクの雪をふらせてくださるだろうか?
  神様には白い雪に他の色を付けるくらいたやすいことだろう・・・が、はたしてそれをされるだろうか?
  もし、ピンクの雪が降りました時には、3歳になった娘のお祈りのためと理解していただければと思います。)


イエスは答えて言われた。
「まことに、あなたがたに告げます。
もし、あなたがたが、信仰を持ち、疑うことがなければ、いちじくの木になされたようなことができるだけでなく、たとい、この山に向かって、『動いて、海にはいれ。』と言っても、そのとおりになります。
あなたがたが信じて祈り求めるものなら、何でも与えられます。」
(マタイ21:21~22)




 
[PR]
by nobuyori_1 | 2014-07-24 09:31 | 親子 夫婦 | Comments(0)

ヤクルトの代わり

本当はヤクルトを家族で毎日飲めるといいのだろうけど、4人家族だと、一月2000円x4人=8000円以上になる。
乳酸菌(シロタ菌)は毎日とりたいけど、家族みんなに飲ませるためにもっと手軽なものはないか?

そう思いながらスーパーで見つけたのが日清ヨークの「ピルクル」だ。
c0193512_14584367.jpg


「特定保健用食品」に認定されている (ヤクルト以外の乳酸菌飲料では唯一とか?)
150億/65mlのシロタ菌が入っている (ヤクルトは200億/80mlか400億/80ml)
c0193512_15184941.jpg

こちらはヤクルト
c0193512_15202099.jpg


ピルクルは1000mlで、箱パックで、216円。
値段は一本76円のヤクルト約3本分で、ヤクルト12本分(80ml/本で計算)が買える。コストは1/4。

さっそく買って、試してみることに。
c0193512_14464132.jpg


味はヤクルトとさほどかわりない。
一日一回、ヤクルトの容器に入れて飲むようにした。

ちなみに、乳酸菌は糖分が多いので、飲むのは一回に65mlまでに指定されている。(一本約50kcalある。)
コーラ500mlのカロリーは215kcalに対し、ピルクル500mlのカロリーは335Kcal。
500mlパックなどでも決して一気飲みしてはいけない。

なぜ乳酸菌飲料は甘いのか。乳酸菌がオリゴ糖を餌にして繁殖するかららしい。なるほど。
飲みすぎに注意しなければならない。

ついでに、乳成分が沈殿することもあるので、振ってから飲むと良いとか。


1週間試してみて、お腹の調子がとても軽い感じがする。

適当に1週間もたないでなくなるので、封を開けての賞味期限も問題なさそう。

ヤクルトほどのシロタ菌はとれないが(量を飲めばとれるが、糖分は少しとりすぎる傾向あり)、まったく飲まないよりははるかに良い。

ヨーグルトは大腸にきくが、シロタ菌は小腸にきくそうだから、健康のために気軽に摂取していきたいと思う。

少しなりともお役に立てれば感謝です。
[PR]
by nobuyori_1 | 2014-07-18 14:30 | 日記 | Comments(0)

ジグソーパズル

c0193512_7562741.jpg
私たちの世界は神のジグソーパズルにたとえられる
私たち一人一人は、それぞれが1ピースなのだ
全体の絵が完成するには、どれ一つ欠けてもいけない。すべてのピースが必要なのだ。
同じように、神の前に誰一人、必要のない人物はおらず、すべての人が神のご計画(全体の絵)のために必要なのである。

私たちの人生もまたジクソーパズルにたとえられる
人生で起こる様々な出来事、日常に起こる様々な出来事
良いことも悪いことも・・
しかし、神はそれらを一つ一つのピースとして、全体の絵を作り上げられる。
その時はなぜこのようなことが起こるのかと感じるかもしれない。
人生の途中で、私たちは全体の絵をまだ知らない。
でもやがてそれを知ることになる。
ああ、あの辛い経験をしたのもこの時のためだったのかと。


神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。(ローマ8:28)


イエス・キリストを救い主として信じ受け入れた時、
自分は神のご計画(ご摂理)の中にあることを知り、
私を含め誰一人必要のない人はおらず、
何一つ無駄なことはない
事を知るのです。
[PR]
by nobuyori_1 | 2014-07-18 06:04 | 最近教えられたこと | Comments(0)
あなたは偶然に存在しているのではありません。
あなたが生まれてきたのは、何かの間違いでも、不運にして不幸な出来事でもありません。
また自然のいたずらによるのでもありません。
たとえあなたの両親があなたの誕生を計画に入れていなかったとしても神はそうではありませんでした。
神はあなたの誕生を驚くどころか、心待ちにしておられたのです。  
             (「人生を導く5つの目的」 リック・ウォレン著、p28」より)


これは、ベストセラーとなった「人生を導く5つの目的」という書物の中で私が最も感動する文章です。
何度読んでも感動を覚えるのはなぜなのでしょう。

c0193512_2285123.jpg

人間の親でさえ、子どもを待ち望んで生んでいます
たとえ、私は望まれて生まれてこなかったという人がいても、中絶などされないで生まれてきた背後には誰かしら望んでくれた人がいたのです
人間ですらそうならば、まして天のお父さんはどれだけあなたが生まれてくることを望んでこられたことでしょう
 
神はあなたの親です。
神はあなたを望んで生みました。
あなたの地上の親がたとえそうでなかったとしても、神はあなたを望んで生みました。
その神は今もあなたを愛しています。
その神はあなたのためにイエス・キリストによって救いを用意されました。
その神はあなたと生きることを望んでいるのです。
その神はあなたの”存在”を喜んでおられるのです。


[PR]
by nobuyori_1 | 2014-07-14 22:11 | 最近受けた恵み | Comments(0)

お誕生、おめでとう

今朝早く、ずっと気にしてお祈りしてきたお母さんに初めての赤ちゃんが誕生した連絡を受けた。
自分の事のようにうれしくて、涙ができてきた。
現代は1人のいのちが誕生するまでに、幾つもの困難を乗り越える必要がある。
その背後には様々な葛藤やドラマがある。
生まれてくるということは当たり前ではない。
無論、生かされていることは当たり前のことではない。

娘が3歳の誕生日を迎えた。
c0193512_514680.jpg

c0193512_623732.jpg


自分から「ハッピバースデイ歌って」と願ってきた。
歌われている間の、まっすぐなキラキラしたその目の輝きを見て驚いた。
自分の誕生を喜ばれる…娘はそのことに何かを感じ、喜んでいた。

人は愛されるために生まれた
親の愛、そして親である神の愛


能力がどうのこうのとかある意味そんなことどうでもいい。
c0193512_5471534.jpg

自分が神によって愛され、望まれて生まれてきた。
神の恵みによって命が保たれ生かされている
その恵みに感謝して、日々、神と共に神を礼拝してのびのびと生きるなら・・それでいい。
永遠のいのちある人生・・・そのものが生きる喜び、生かされている意味だから。
永遠のいのちなしの人生は虚しい。
今の目の輝き・・それを失うことがありませんように。

c0193512_5531053.jpg

c0193512_553553.jpg

サプライズでプレゼントを届けてくれたSさん
c0193512_5544771.jpg

3歳の誕生日を前にして、おむつから離れた娘に、絵本とドレスとパンツ6枚セット
娘は次々と全部はいてましたよ
c0193512_66192.jpg

c0193512_5571076.jpg


いつも支えてくださる皆様に感謝します
c0193512_5583524.jpg



あなたも神に望まれて生まれてきました
あなたは神に愛されています
あなたへの神の愛は変わることがありません

”これは私の愛する子。わたしはこれを喜ぶ”(マタイ3:17)
[PR]
by nobuyori_1 | 2014-07-11 06:09 | 親子 夫婦 | Comments(0)
最近になり、お父さんの存在と影響は子どもにとって大きいのでは?と感じている。

 私の息子は、私が書斎にいる時も、洗面所にいる時も、トイレにいる時まで(!?)「パパー、パパ―」と言いながら、入ってきてそばにいたがる。
c0193512_23232151.jpg

c0193512_2316123.jpg
 
 何か用事があるわけでもない。ただそばに来て、「パパー、パパー」「何だい?〇ちゃん。」「パパー、パパー」「何だい?〇ちゃん」と繰り返し、呼びかけ笑い合うだけである。
お父さんがそこにいてくれる。
それだけで安心、喜びなのだろう。

 娘は大のママっ子だ。
c0193512_2316591.jpg

しかし、そんな娘とも時間を長く過ごすと父親と愛着ができるようで、夜寝るときは「パパがいい、パパがいい」と言うようになる。
嬉しさ半分しょうがないと近づいて寝かせようとすると、「一緒に寝てもいいよ」と逆に誘導され仕舞に一緒に寝かせられてしまう・・始末。参りました。

 近所の子どもも「パパ、会社に行っちゃった」と繰り返し口にしたりしている。


 先週、年代別に応じた「父親の役割」に関する研究結果を見て驚いた
父親の役割とは、子育てをする母親の精神的サポートぐらいに考えていた私にとっては大発見であった。

 乳児期。
<乳児期の体の触れ合い、言葉がけ、父親との愛着は、乳児の脳に社会的発達、精神的発達、知的発達に永続的な良い効果を与える>というのだ。
子どもは父親を遊び相手として好むようになり、父親が近づくと乳児の鼓動が速くなる。

 幼児期。
父親は比較的体を使う荒っぽい遊びをさせることが多い。
父親は安全でありながら冒険的な遊びの場を提供することで世界を紹介し、他人との付き合い方、制限やルール、感情のコントロールなどを教える。
父親は原因を説明する言葉を多く使い、子どもが論理を理解するのを助けているという。 

 学童期。
父親は子どもに新しいことを経験させ、一人でできるように励まし、自信をつけさせる。
この時期は、父親が関与すればするほど、子どもの認知能力、学業成績は向上し、社会での成功チャンスが高まるそうだ。

 思春期~大人まで
父親は子どもから頼られ、他者との関係や将来設計についてアドバイスをする役割をし続ける。

また、娘は父親を見て男を理解し自分の内面を磨くようになるそうだ。

c0193512_2531261.jpg


「父親の役割」、再発見である。
子どもの精神性の半分はお父さんが担っているともいえる。

お父さんの存在は大切なのですね。

町田カルバリー 家の教会の週報コラムより
[PR]
by nobuyori_1 | 2014-07-05 02:54 | 親子 夫婦 | Comments(0)

父の日・バーベQ大会2014

この日曜日、町田カルバリーでは「父の日礼拝&バーベQ大会」が行われました。
今回も近所のお父さんたちのご協力なしにはできませんでした。
ご参加・ご協力ありがとうございます。
それにしても楽しかったですね。

油がしたたり直火焼き あっという間に焼けました
c0193512_21563867.jpg

c0193512_18484646.jpg

仲の良い素敵なご夫婦
c0193512_22401797.jpg

c0193512_21552964.jpg

さあバーベQに入ろうとすると、西の方から黒い雨雲とひんやりとした冷たい風が吹いてきました。
神様に両手を挙げて「雨を降らせないでください」とお祈りをすると、不思議なように雨雲が真上にくることはなく、(周りには雨が降っていたそうですが)町田カルバリーの所は最後まで降りませんでした。
片付けが終わりに差し掛かり、関が外れたように降り始めました。
神様は天地を造られただけでなく、今も支配しておられます!感謝。

c0193512_21581418.jpg
c0193512_22155182.jpg

今回もテモテさんがマジックで楽しませてくれました
c0193512_2229424.jpg

c0193512_2243561.jpg

子どもたちからお父さんに日曜学校で作ったプレゼントを渡して「お父さん、ありがとう」
お父さんたち、はいチーズ!
c0193512_2219054.jpg
c0193512_22323564.jpg



イエスが起き上がって風邪と湖とをお叱りになると、すっかりなぎになった。
人々は驚いて「いった、この方はどういう方なのだろう。風や湖さえもしたがうではないか」といった。
(マタイ8:26~27)

イエス・キリストの名前に力があります

夏の一泊ファミリーキャンプの申し込みを受け付けています。
一緒にいきましょう。
詳しくはホームページで。
[PR]
by nobuyori_1 | 2014-07-03 22:47 | 最近受けた恵み | Comments(0)