大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

たけのこ掘り 奮闘記

娘が幼稚園に入った関係で、たけのこ掘りに行ってきました。
初めてなのでどんなものだろう、とルンルン気分
「どうやってたけのこ探せばいいんだろう」 というと、「あそこにあるよ」と親切な少年が教えてくれた
c0193512_5512180.jpg

シャベルでほってると柄がポキッっと折れた。
c0193512_5524810.jpg

(シャベルじゃだめだったんだ。スコップ持ってくれば良かった)と泣きそうな気持になったその瞬間、
「あ、折れましたね。代わりにスコップもってきましょうか」と天から優しい声
お世話役の方がなぜかその瞬間、私たちをみていて、声をかけてくれたのだ
これぞ神の助け
c0193512_5535857.jpg

と最初の一本目は良かったのですが、あとは、探すのに一苦労・・
斜面の林を落ち葉をよけながら、ちょこっと芽を出しているのを探すのですが
なんせ2歳の息子がこんな感じで「落ちるよ~落ちるよ~抱っこして~」と泣き続けるので
c0193512_62912.jpg

探す作業もままならず・・・途中で断念
息子を普段から山の中で遊ばせなければ・・・と肝に銘じつつ、大塚家だけは早めのお昼にすることに・・

バーベQして食べさせてくれました
c0193512_5562130.jpg
c0193512_557141.jpg

c0193512_555268.jpg

あわれみで、たけのこ一本プレゼントしてもらいました

大きな敷地で、たんぽぽの綿帽子をふうっとふくと、それをつかまえに走ったりして楽しそうに遊び・・
c0193512_6215671.jpg


早速夕食に、家内が料理してくれました。
c0193512_558211.jpg

採るところから調理して食べるところまで見た娘は楽しかったでしょう

幼稚園デビュー 
大人も楽しいものなのですね
泣いたり笑ったり 自然の厳しさを感じたり 子どものひとりになったような1日でした
こういう企画 いいですね
幼稚園の先生方に感謝
[PR]
by nobuyori_1 | 2015-04-26 06:12 | 日記 | Comments(0)
c0193512_436593.jpg
ごめんなさいね おかあさん
ごめんなさいね おかあさん
ぼくが生まれて ごめんなさい
ぼくを背負う かあさんの
細いうなじに ぼくは言う
ぼくさえ 生まれてなかったら
かあさんの しらがもなかったろうね
大きくなった このぼくを
背負って歩く 悲しさも
「かたわの子だね」とふりかえる
つめたい視線に 泣くことも
ぼくさえ 生まれなかったら



この詩は生まれたときから母に抱かれ背負われてきた脳性マヒの人が、世間の目を払いのけて育ててくださった、 強いお母さんへの感謝の気持ちを綴った詩です。

この詩の作者は山田康文くん。生まれた時から全身が不自由で書くことも話すことも出来ませんでした。
養護学校の向野先生が康文くんを抱きしめ投げかける言葉が康文くんのいいたい言葉の場合はウインクでイエス、 ノーの時は康文くんが舌を出して意志を伝えました。

出だしの「ごめんなさいね おかあさん」だけで1ヶ月かかったという。 気の遠くなるような作業を経て、この詩は生まれました。

この母を思いやる切ないまでの美しい心に対して、お母さんも、彼のために詩を作りました。

わたしの息子よ ゆるしてね
わたしの息子よ ゆるしてね
このかあさんを ゆるしておくれ
お前が脳性マヒと知ったとき
ああごめんなさいと 泣きました
いっぱい いっぱい 泣きました
いつまでたっても 歩けない
お前を背負って 歩くとき
肩にくいこむ重さより
「歩きたかろうね」と 母心
"重くはない?"と聞いている
あなたの心が せつなくて
わたしの息子よ ありがとう
ありがとう 息子よ
あなたのすがたを 見守って
お母さんは 生きていく
悲しいまでの がんばりと
人をいたわる ほほえみの
その笑顔で 生きている
脳性マヒの わが息子
そこに あなたがいるかぎり


このお母さんの心を受け止めるようにして、彼は、先に作った詩に続く詩をまた作りました。
 
ありがとう おかあさん
ありがとう おかあさん
おかあさんが いるかぎり
ぼくは 生きていくのです
脳性マヒを 生きていく
やさしさこそが、大切で
悲しさこそが 美しい
そんな 人の生き方を
教えてくれた おかあさん
おかあさん
あなたがそこに いるかぎり


人間と神様との関係も同じです。
人間は自分がつまらない存在だと思い、つぶやきます。
でも、神様はそれを聞いて、「そうではない。あなたはわたしの愛する子だよ。わたしはあなたを喜んでいる」と聖書を通して語りかけられる。
それを聞いた人間は、自分がお荷物ではない。愛されていた存在、喜ばれていた存在であることを初めて知る。
それからは誰にも愛されていない自分。いてもいなくてもいい自分ではなく、神に愛され、喜ばれている自分として、生き生きと人生を生きるように変えられる。
いや、生きるというより、神の愛によって生かされるのです。
母親である神様の愛が私たち人間を生かすのです。

誰ひとり必要のない人間などおりません。
たとえ人の目にも、自分自身の目につまらない自分にうつっても、
神様の目には、あなたは高価で尊い。あなたは神様に愛されています。
神様はひとり子イエス様をプレゼントしてくださるほどに、あなたを愛されているのです。
[PR]
by nobuyori_1 | 2015-04-22 04:46 | 最近受けた恵み | Comments(0)
家族で伊豆のステンドグラス美術館に行ってきました。
c0193512_21232863.jpg

c0193512_2122364.jpg

c0193512_2184420.jpg

c0193512_21194210.jpg

一般のステントグラスもあり
世界から集めたキリスト教の像やステンドグラスがあり見応え十分
中は撮影禁止だから載せれませんが、素敵な世界でした

二つの礼拝堂があり、オルゴール演奏やパイプオルガンでミニコンサートをしてくださいます
c0193512_2211791.jpg

響きも良くて、感動的
あとで説明もしてくださいます

c0193512_21122135.jpg
c0193512_21143059.jpg
c0193512_21162352.jpg

アロマの香りいっぱいのショップを見るのも楽しいです
c0193512_21205178.jpg

c0193512_21214614.jpg

c0193512_2118365.jpg


c0193512_2243631.jpg
c0193512_2253877.jpg


誰かを連れてまた来たくなるような
お勧めのスポットです。
[PR]
by nobuyori_1 | 2015-04-18 22:06 | 日記 | Comments(0)
町田カルバリー 家の教会では、4月から聖書やキリスト教のことに興味はある・基本的なことを学んでみたいという方のために、4回シリーズで聖書入門講座を開きます。
c0193512_6563251.jpg


対象)
洗礼や転入会を考えている方はもちろんのこと、
聖書について知りたい
キリスト教の話を聞いてみたい
つらい気持ちを抱えて救いを求めている方など

どなたでもお気軽にご参加ください。


内容)
1回 人生の目的
2回 神の愛
3回 人の罪
4回 救いと信仰

担当)
大塚信頼牧師


日時)
4月9日(木)、16日(木)、23日(木)、30日(木)
午前10時~11時半

場所)
町田カルバリー 家の教会


持ち物 特になし
予約不要・無料です
途中から参加もできますが、初めから出席されることをお勧めします
ご都合で、参加できない日があっても大丈夫です

(洗礼・転入会を希望する方は必修のコースとなっています)

お問合せ 080(6683)8905

[PR]
by nobuyori_1 | 2015-04-01 07:01 | 報告 | Comments(0)
みなさま、こんにちは。
町田カルバリー家の教会では、来週の日曜日、4月5日(日) 午後2時20分より イースターの特別イベントをします(^^)!」
c0193512_545316.jpg

楽しいプログラムを用意してみなさまのお越しをお待ちしております。

子どもたちは、ポプリの香りがするイースターエッグ作りをします!
c0193512_5373668.jpg


大人たちは、1部の礼拝(大塚伝道師のメッセージ)のあと、子どもたちと一緒に隣の薬師池公園に徒歩でお花見・ピクニックに行きま~す。

なんと、ゲストに尺八の奏者が来てくれて、桜を見ながら生演奏を聞かせてくれるというお楽しみ企画。
歌やゲームもあり。
ぜひご家族そろってご参加ください。

雨天決行。その時は屋内でします。

4月5日(日) 午後2時20分 始まりです

過去のお花見の写真
c0193512_6125163.jpg

c0193512_6131698.jpg
c0193512_6144286.jpg
c0193512_6215463.jpg

[PR]
by nobuyori_1 | 2015-04-01 06:01 | 報告 | Comments(0)