大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

先週、日本基督教団 新松戸教会で姜 泰源(カン・ティウン)師による「聖霊と癒しセミナー」が2日間にわたってなされました。

美しい礼拝堂で、手厚い教会員の方のおもてなしのもと、素晴らしいセミナーでした。

c0193512_55624.jpg

c0193512_5571985.jpg


元々、純福音教会でチョウ・ヨンギ牧師の下で働いておられた器だということ。津村先生は10年以来のお付き合いをされているそうで、毎年、新松戸教会に来られているそうです。

c0193512_5573195.jpg
c0193512_5581548.jpg


ポイントがいくつかあったと思います。
「健全な聖霊の働き」をするということです。

また、一部の賜物ある人による「能力の概念」による働きではなく、キリストを信じる人ならだれでもできる「原理の概念」による聖霊と癒しの働きであることです。
つまり普遍性があるのです。

また、「聖霊によって祈る」ということは、まず「聖霊の臨在を求め、臨んでいただいてから祈る」ということを教えられました。この点がユニークであり、目から鱗の部分でした。

また聖霊によって祈った祈りは積もっていくので、無駄になることがなく祈っていけば必ずこたえられる時がくるそうです。

聖霊様との関係も、聖霊と交わる、聖霊に臨んでいただく、だけでなく、聖霊に流れ出ていただくよう求めることを教えていただきました。

また”集中力の祈り”といって、一定期間一つの祈りの課題のために集中的に祈り続ける”日定めの祈り”は効果があると知りました。そういえば、韓国の証しによくそういうのがある気がします。

また、方法論だけでなく、実際に目の前で具合の悪い方のために祈り、実演を見せてくださいました。

自分にとっては、静かでありながら、革命的な内容でした。
今までのいやしの祈りにおいての様々な葛藤・疑問がほどけて、前向きに聖霊のお働きができそうです。
あとは学んだことの実践したいと思います。

内容の一部 (他のHPより抜粋)
 エペ6:18より: 私は、「御霊によって祈る」の意味を知りませんでした。深く黙想して主からの答えが来ましたがそれはとても簡単な事でした。
 それは、まず、「聖霊様の臨在に入りなさい」、ということです。聖霊様に臨んでくださいと祈り、100%とらえられた状態で、ミニストリーに入ると、100%のみわざが起こりました。50%なら50%のみわざです。初めから、いやしてください、と祈るのではないのです。この祈り方を”力の祈り”と呼んでいます。

 左足を車に轢かれ神経がだめになった女性に対し、けがをした足が聖霊様の臨在の中に入るように祈りました。足、足の指、神経をとらえて下さい、と、一つ一つについて5分くらい祈りました。そして、”イエスの名によって、足の指よ動け”、と言ったところ、指が動き完全にいやされました。
 100%聖霊様の臨在に入ったなら、祈ったとおりになります。それは、「天地創造」の時と同じです。100%神の霊、聖霊様の臨在の元で、「光よあれ」、と言ったのです。・・・


それにしても10年程前からこのような働きが日本に紹介されていたというのに今まで知らなかったとは、自分のアンテナの開き具合がいかに甘かったか、反省させられます。
もっと、貪欲に求めたらもっと早くたどり着けたはず。
神様の世界は”求めなさい、そうすれば与えられます”ですね。
同じキリスト教界だけでも、知らない世界がまだまだあるんだろうな。


これらかの聖霊様のお働きに期待したいと思います。



.
[PR]
by nobuyori_1 | 2016-09-19 07:08 | 最近受けた恵み | Comments(0)

アンテナ工事

”大草原の小さな家”のような新居
一つ一つのことを順番に時間をかけてしています

衛星放送をつけるため、地上から長いポールを建ててくれました
c0193512_21306.jpg


そんな時も息子は、ホームに停車する小田急線を眺めています
c0193512_233455.jpg

こんな工事風景も今だけなのかな

キリスト教24時間放送 CGNTV(クリスチャン・グローバル・ネットワークTV)の電波をキャッチできました!
世界の6つの衛星で時差放送。衛星を通し、世界中どこででもキリスト教放送をみることができます
c0193512_26352.jpg

c0193512_274567.jpg

神様の恵みが宇宙(そら)から我が家に溢れ流れてきました。

アンテナの引き上げ線を、木のこばに打ち付けてあったため、雨が伝わり屋根の柱を腐らせてしまっていました。雨の日見ると、絶え間なく針金を伝わり、木に浸透しているのです。
c0193512_293352.jpg

腐っているので、すっと抜けてしまいます。
c0193512_2105335.jpg

雨どいの受けも外れてしまっています。くぎが効かなくなるのです。
c0193512_2113130.jpg

前の電気屋さんの工事ですが、電気屋は引き上げ線を打つ場所、良く注意しなければならないことを教えられます。大切な屋根の梁を腐らせてしまうのですから大損害です。

屋根から屋根に伝え渡り、物置の上に。まるで忍者です。娘もずいぶん度胸がついてきたな。
c0193512_213298.jpg

木を切ってくれました。
c0193512_2234940.jpg


「なんか、スイカみたいのがなってる!」
からすうりでした。
c0193512_2145051.jpg

ああなんて自然豊かな場所なんでしょう・・・

もう秋が近づいてきました・・・


..
[PR]
by nobuyori_1 | 2016-09-12 07:24 | 日記 | Comments(0)

二人乗りブランコ

じいちゃんとばあちゃんが、二人乗りブランコをプレゼントしてくれる、ということに。
けんかにならないため、二人乗りがよいだろう・・というわけ。
庭にブランコができる・・・夢のような話だ。ワクワクしてくる。

それにしても、ブランコって敷地が大きく必要なんですね。
前後に振るので、前後2mの敷地が必要だという
4mx3mもの場所を整地することになります。

一本の木がひっかかるので、伐採させていただくことに。
3時間かかりました。一本一本の根を切っていきます。根気と根気の闘いです。
c0193512_10233.jpg

すべてが初めての体験。
つくづく、仕事は道具次第だと感じます。
c0193512_175355.jpg


到着したブランコセット
c0193512_1101445.jpg

組み立てていきます
c0193512_112271.jpg

仮にたちあがりました
c0193512_1143193.jpg

乗ってみてください
c0193512_1182810.jpg

少し低めだけど、子どもにはちょうどよさそうにこいでいます。
私も乗ってみたけど、風が気持ち良いですね。

ちなみに息子はいまだ自分でこげません。
「押して~!」の連発 そんな段階あったのですかね(^^♪
c0193512_1195764.jpg

多少木のきしみ音はしますが、なかなかいいものです。

ちなみにこのブランコ、最初は父が手作りで作ろうとしましたが、計算すると買った方が材料代よりも安いということがわかり、買ってくれることになりました。
公園にある鉄製のブランコは〇十万するようだが、これはその十分の一。
10年は持つということなので、数年は楽しんでくれるでしょう。
良いプレゼントをありがとうございます。

うちに遊びに来た時には、ぜひ乗ってみてください。
もちろん、大人の方も大丈夫です(^^)/

こちらの物を設置させていただきました。
wood warmthさん、素敵な会社を作ってくださりありがとうございます。

c0193512_1425225.jpg




..







.
[PR]
by nobuyori_1 | 2016-09-12 01:36 | 日記 | Comments(0)

ヤブガラシとの闘い

新しい土地での生活が始まりました。
抜いても抜いても、雨が生えるたびに一斉にでてくる勢いの良い草があります。
c0193512_2012270.jpg

ツル性でやぶを枯らしてしまう勢いがあるので”ヤブガラシ” とか 貧乏の家に生い茂っているから”ビンボウカズラ”と呼ばれるそうです。

ある時、抜いてみるとズルズルっと黒いゴボウみたいな根っこがつながってもちあがりました。
c0193512_2023370.jpg

こんな長い根っこがあるものか!
長いのは1~2mもあります
c0193512_21462364.jpg



この根がある限りは、どれだけ抜いてもまた出てくるわけです
根を取らない限り、芽はいくらでも出てくる
根を取れば、芽はでなくなるはずだ

この仮説を実証すべく、さっそく”根絶政策”にとりかかりました。

雨のあと、芽が出た下には必ず根があります
c0193512_2035314.jpg

スコップを入れます
c0193512_2045286.jpg

すると・・ 見てください!
c0193512_2051826.jpg

信じられますか?
何本もの根が重なって通っており、それぞれの根から芽がでています!
インターネットのネットワークどころではない
地下の”根ットワーク”です!
この土地には、見えないぐらい地下の根っとワークケーブルが張り巡らされているのです!!

中には球根のようなものがゴロゴロと出てくることがあります
ここに栄養を蓄えていたんだな~
c0193512_2010221.jpg

たった少しの根が残ってもこのように芽がでてくるのですから、気を許してはいけません
c0193512_2091473.jpg


とにかく、土地のはじからはじまで、スコップを入れて引っかかる根を抜き取っていくしかありません
必要なのは、ただ”根気”です
根気比べ です

本当に重労働ですが、一度根を取った場所は、ヤブガラシは見事に生えてきません。
しかも、土もふかふかやわらかくなり、石等も取り除かれ、植物を植えるにも良い土地になるのです。
やがて、通路とお花畑になる予定です。
c0193512_21474075.jpg


自然の中にはワンダー・驚きと感動がいっぱいです!
こんな素敵な?体験できることも、また大きな恵みなのですね。

ああ、まだまだヤブガラシが生えてくる土地がいっぱいある~ 
根絶の前に気絶しそう・・・(@_@)
でも地道に抜いていくしかありません

開拓って大変なものですね

.
[PR]
by nobuyori_1 | 2016-09-03 20:34 | 日記 | Comments(0)