大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

町田ダリア園

最近は午前に礼拝をして、午後、教会に来られた方々とゆっくり映画を観たり、訪問したり・・・皆さんと一緒に過ごせるのはとても幸せです。

昨日は、初めて「町田ダリア園」に行きました。
c0193512_20304739.jpg

ダリアって球のような形しているんですね。横から見てもカッコイイんです。
粋なヘアスタイルみたいで。
c0193512_2025537.jpg


町田ダリア園は、入場料500円。中学生までは無料で入れます。
c0193512_20231998.jpg

広大な土地に、500品種4000株のダリアが栽培されているそうで・・ウキウキしてきます。
c0193512_2024381.jpg


私のお気に入りはこれ。素敵で見とれてしまいました。
c0193512_20242798.jpg


c0193512_20245140.jpg
c0193512_2025630.jpg

これは縁が紫のもの。ピンクのものもありました。綺麗ですね。
c0193512_20252297.jpg

花の形もさまざま
c0193512_20264090.jpg

この無限で多様な種類の豊かさがダリアの魅力だそうです。
c0193512_20265921.jpg
c0193512_20271994.jpg

素敵なデザイン。リボンみたい。
c0193512_20283010.jpg
c0193512_2028528.jpg
c0193512_2029205.jpg

いやあ、斬新ですよね
c0193512_20293413.jpg

c0193512_2030354.jpg
c0193512_20301659.jpg

私、お花畑、大好きですね。やはり感動がここにもありました。
来て良かった。

帰りに、プレゼントにダリアの苗や、観賞用唐辛子を買いました。
c0193512_204850100.jpg


町田ダリア園、行ったことのない方はお勧めします。
c0193512_20504719.jpg

c0193512_20491099.jpg








.
[PR]
by nobuyori_1 | 2016-10-17 07:12 | 最近受けた恵み | Comments(0)

感動した聖書の言葉

万物は、神からいで、神によって成り(保たれ、生かされ)、神に帰するのである。
栄光がとこしえに神にあるように、アァメン。
(ローマ11:36)


c0193512_6301325.jpg

ああ、なんと美しい聖書の一節だろう!!

私は以前、自分は何のために生まれてきたのか。なんで生きなければならないのか。どこに向かって生きていけばよいかわからなかった。
でも、この聖書の一節は、私が神によって生まれ、神によって生かされ、やがて神の元に帰ることを教えてくれる。
万物は神が中心であり、すべてのものが神の栄光のために存在していることを。


キリストと出会うまでの私は、生きることは、喜びや感謝ではなく、暗闇を手探りで歩くような不安の連続、期待の悲しみの連続で、生きていくことが辛かった。
孤独との闘い、誰も知らないところで流す涙の日々・・。

中学時代、人間関係が苦手で不器用で特に特技もない自分は、クラスの中でもいてもいなくてもいい存在、むしろいない方がいい存在に感じていた。
この世界に善悪はなく、力の強いものがのざばり、自分のような人間はとても生きてゆけないように感じていた。

高校一年生、9月5日の夜、とうとう生きる気力を失ってしまった。
疲れ果ててしまったのだ。まさか、こんな時がくるとは。
初めて、「今日答えがでなければ・・・明日死んでしまおう」、そう思った。
雨戸をしめて、部屋を暗くして座り込んだ。
今までの幼い頃からの記憶が走馬灯のように頭の中を駆け巡った。
「もうおしまいだ」 そう思った瞬間、ある声が聞こえた。

「あなたは上にあるものを思うべきであって、地上のことであれこれ気を病んではならない」
(コロサイ3:2の聖書の言葉・一部リビングバイブル)

一人ぼっちの部屋に。それは明確な声だった。
「神様、本当にいるんですか。いるんでしたら私を助けてください」
そう祈ると
「私を救い主として受け入れなさい」とその声は導いた。
「イエス様を救い主として受け入れます」
そう祈った瞬間である。
私の肩から、どさっと重たいものが取り除かれて、心の底からなにやらわからない喜びや平安が沸き上がってきた。私は救われたのだ。
「主イエスの名を呼ぶ者は誰でも救われる」

あの瞬間から人生が全く変えられたしまった。
生きている世界がガラリと変えられてしまった。

この世界は操縦士のいない宇宙船のような、混とんとした不安な世界ではなかったのだ。
罪のため混とんとした人間世界はあるけれど、その上に万物を造られ、保たれ、支配されている神がおられたのだ。
その神の中で、私たちは生き、動き、存在しているのである。
この神と出会い、共に生きるために私たちは生まれたきたのだ。
その神が私のことを愛し、ひとり子のイエスを十字架にかけてまで愛してくださっている。
そして、そのイエスは私と共にとこしえまで生きてくれると約束してくださっている。
これ以上心強いものはない。
弱い私でも、このお方(イエス様)がご一緒ならば私はこの世界を生きていくことができる!
そのような生きる希望が与えられた。

私は世界一幸せな者だ。
この素晴らしい神様と出会えたからだ。
私はその神に愛されている。とこしえまで共にいてくれる。
これ以上の幸せってあるだろか。

イエス・キリストを信じますと一言祈ったその夜、私は絶望の崖っぷちから希望の世界に移されてしまった。
夢物語以上の体験をしてしまった。
これが聖書が伝える「神による救い」であり、世界中の人が経験しているものであることを後から知った。

あれから30年近くが経とうとしている。
改めて、この聖書の一節に触れて、その素晴らしさに感動を覚えている。



万物は、神からいで、神によって成り、神に帰するのである。
栄光がとこしえに神にあるように、アァメン。
(ローマ11:36)


このみことばがあなたの人生にも光を投げかけますように。
祝福をお祈りします。







.
[PR]
by nobuyori_1 | 2016-10-05 06:44 | 最近受けた恵み | Comments(0)