大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ファイアースクール

https://vimeo.com/209022677
c0193512_7281498.jpg

”日本は救われます!(Japan shall be saved!)“
と力強く叫ぶのは、ラインハルト・ボンケ師(左)。

アフリカがイエス様の血潮で洗われる夢を4日に渡り繰り返し神に見せられた。
そして聖霊の火を受けた彼は神に導かれ、1974年、アフリカ大陸のボツワナ共和国でスタジアムを借りて伝道集会を行った。
最初の日、集まったのはわずか100人だけ。
初めて彼がスタジアムで説教を始めると驚くことに数分後、集会を中断させるかように男性が飛び上がり、”たったいま私は癒された!”と叫んだ。
このことは5回以上繰り返され、同じようなことを叫ぶものがおり、喜びに満ちあふれた祈りが捧げられた。
このスタジアムで神様の奇跡が起きているというニュースは町中で広がり、最終日にはスタジアム満員の中で彼は説教した。
何千人もが前に出てきて罪の赦しを求め、何百人もの人が癒され、更に何千人もの人が聖霊のバプテスマを受けた。このようにしてクルセードが始まった。

c0193512_7292991.jpg

c0193512_731270.jpg


動画をごらんください
私の一番感動した動画です。何度見ても胸が熱くされます。

アフリカ宣教の映像を見ると、はるか地平線まで人が集まっている。
あるナイジェリアのラゴスの集会では、一度に346万人が救われた。
今まで7600万人の人をキリストに導いてきたという。
そしてこの記録は今も更新され続けている。
幻で見たような夢のようなことがアフリカで実現している。

その宣教団体(Cfan)が、5月初めて日本に来る。
ボンケ師の後を継いだ聖霊の火の器ダニエル・コレンダ師(写真・右)が高田馬場で3日に渡り伝道集会をする。

ファイアーカンファレンス
5月19日~21日 ベルサール高田馬場 2000人会場

今、新しいことが日本の歴史が刻まれようとしている。
皆さん、一緒に参加しましょう。

先週の木~金は、その備えとして21世紀教会で開かれた「ファイアーカンファレンス」に参加してきた。


c0193512_714524.jpg


“これはすべて聖霊様の働きです。私たちは聖霊様が働かれる場を用意するだけです。”と、アジア代表のジョエル・ウォン師が熱く語った。
“まずは、日本では1000人かもしれない、しかしやがて10万人、100万人のものになるでしょう。これはすべて聖霊様のお働きなのです。”

私が教えられたことは、聖霊様をどこででも歓迎し、聖霊様に浸り続け、結果を気にせずただ聖霊様の導きに従うこと。
すべては主の霊によるのです。
「権勢によらず、能力によらず、神の霊によって」
(ゼカリヤ4:6)



町田カルバリー 週報コラムより






.
[PR]
by nobuyori_1 | 2017-03-20 07:34 | 最近受けた恵み | Comments(0)

精神障害と教会

教会に通っている統合失調症を持つ青年から相談がありました。
「教会員に『みんなから愛されている感じがしない』 と言ったら、教会内で大問題になった」というのです。
「あんなに一生懸命みんなで受け入れてあげたのに」と多くの会員から反発され、牧師さんからも叱られたとのこと。
この手のトラブルは、統合失調症などの精神障害を持つ人が教会内で経験するもっとも典型的なものです。
それでは、このトラブルの背景には何があるのでしょうか?


c0193512_61452.jpg

以上の文章は書物「精神障害と教会」(向谷地生良著、いのちのことば出版)からの引用ですが、この本を読みながら、あぁあるあると思ったり、なるほどと思ったり、今まで考えてきたことが間違ってなかったんだなと確認できたり・・とても有意義な本でした。

現在、国民の35人に1人がなんらかの精神的な不調を抱えて精神科を受診していると言われています。
それを、人間の一生という時間軸で考えると実に5人に1人が精神科のお世話になると言われます。
にもかかわらず、なぜ社会はいわゆる「精神障害」を特別視し、そのような体験を持った人たちを排除しようとするのでしょうか。(中略)

大切なのは、教会は誰にとっても開かれた場であり、多くの当事者はそれを知っていて教会を信頼しているということです。
そして、彼らは誰よりも生きる意味を探し求めている人たちだということです。
もちろん、教会の中に起きている困難な現実は、社会的な支援体制の弱さのしわ寄せといえなくもありません。
だからこそ、その課題を教会自身が担えるようになることが重要なのではないでしょうか。


そして障害者の支援法として北海道の浦河教会でなされている「当事者研究」が紹介されている。
「当事者たちが問題を持寄り、その出来事に内包された意味やパターンを考え、自由に対応策を練り、試みる」ということを繰り返すアプローチ法で、それが功を奏し広げられているそうです。
貸出図書にございます。
お読みになることをお勧めします。

町田カルバリー 家の教会 週報コラムより
[PR]
by nobuyori_1 | 2017-03-05 06:01 | 最近受けた恵み | Comments(0)