人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2019年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「結婚生活は天国だ。」「いや、結婚生活は地獄だよ。」
c0193512_08311594.jpg

皆さんは結婚生活は天国だと思いますか?地獄だと思いますか?
「結婚生活は天国の様相も地獄の様相を垣間見せてくれるもの」、とある人は言いました。
以前は天国だったのに、今は地獄という人も、地獄とは言わないけどコミュニケーションがうまくいかず苦労している人も多いのではないでしょうか。


ある夫婦のことです。
子どもが与えられるまでは、夫婦は互いを見つめ合い余裕もあり、思いやりももてました。
天国とまではいかなくても、平和な関係でした。

子どもが与えられてからは、妻の関心は夫から子供へと移ります。
結婚生活における大きなターニングポイントです。
夫はその日から夫は大きな変化を感じます。ただ、なにがどう変わったのか正確には把握できません。
ただわかるのは、妻の関心が自分に向けられなくなり、妻は自分にただ要望をしてくる存在に変わったことです。一抹の寂しさを感じ始めます。

一方、妻の方はその日以降、子供中心の生活に振り回され、24時間休む間もなもなく、自分の時間もとれなくなり、イライラがつのらせていきます。
無言のうちに、夫が自分を察し協力してくれることを求めだします。
しかし、夫が自分の願っているようには察してくれず、協力もしてもくれません。
それどころか、苦労話に耳を傾けてもくれず、子育ての大変さの上に、夫への不満もたまり始めます。
散らかしっぱなし、出しっぱなしの夫の行為は自分への意地悪、嫌がらせに感じ、片付けるたびに不満・怒り・不信感を感じます。
やがて抑えることができなくなり、態度や言葉にあらわすようになります。

夫にとっては、妻が以前のようにコミュニケーションしてくれない上に、始終イライラし、態度や言葉で不満をぶつけてくる妻に当惑するばかりです。
良い夫になろうと自分なりに精いっぱい努力・協力しているつもりなのに、何をしても認めてもらえず、感謝もしてもらえない。
虚しい上に自尊心は傷つけられ、結婚生活の現実とはこんなものなのかと悲観し、ただ事を荒立てないために忍耐を強いられる日々・・

なぜこんなかみ合わない夫婦になってしまったのか、すれちがってしまったのか。
なぜこんなにも心の溝ができたのか。お互いに幸せな結婚生活を描いて結婚したはずだったのに。

何がいけないのでしょう?
どうしてこうなったのでしょう?
どうしたらいいのでしょう?
この問題は解決できるのでしょうか?

できます。
ここからが本番です。ここからスタートです。
ご一緒に夫婦関係、男女の違いを学んでいきましょう。











by nobuyori_1 | 2019-03-27 05:25 | 親子 夫婦 | Comments(0)
妻は夫からの愛を感じられず、夫を敬う気なんてなれない。
夫は妻から尊敬されず、妻を愛する気持ちになれない。

多くの夫婦が、このような悪循環に陥っています。夫婦関係に問題を抱えています。
これを「狂ったサイクル(Crazy Cycle)」と呼びます。
c0193512_05152038.jpg
一度狂ったサイクルに入ると「狂ったサイクル」は回り続けます。

それに対し、「活性化サイクル」というものがあります。
妻は夫に愛され、夫を尊敬する
夫は妻に尊敬され、妻を愛する
好循環しています。
c0193512_05283904.jpg
活性化サイクルこそ、神様が設計された夫婦の祝福されたありかたなのです。

うるわしい夫婦とは「活性化サイクル」ができている夫婦です。周りにもそのような夫婦を見受けられるかもしれません。
しかし、そんな麗しい夫婦も、「狂ったサイクル」に陥る危険は常にあります。

大切なことは、「狂ったサイクル」にはまってしまった夫婦が、どうすれば「活性化サイクル」に戻ることができるか、ということではないでしょうか。

それを理解するためには、男女の違いについて聖書の言葉から理解する必要があります。
男女の違いを理解する鍵が、聖書の御言葉にあります。

あなたがたは、それぞれ、自分の妻を自分自身のように愛しなさい。
妻もまた夫を敬いなさい。
(エペソ人への手紙5章33節)

聖書は夫に対しては、妻を「愛する」ように教え、
妻に対しては夫を「敬う」ように教えています。

なぜでしょう?なぜ、互いに「愛し合うよう」に教えていないのでしょう?
そこに鍵があります。

妻の一番のニーズは「愛されること」であり、
夫の一番のニーズは「尊敬されること」なのです。
男女の必要は違うのです。

しかも、聖書は愛という言葉にアガペーと言う言葉を用いています。夫は妻を「無条件の愛」で愛するように教えているのです。
また、従うという言葉はフォーベイと言う言葉で、「無条件の尊敬」を意味します。(一ペテロ3:1~2)
つまり、何があっても、どうなったとしても、夫は妻を愛しなさい、妻は夫を尊敬しなさい。
これが神さまのご命令なのです。

女性は本能的に愛されることを求めます。それはそのように造られているからであり、自己中心ということではありません。
男性は本能的に尊敬されることを求めます。それはそのように造られているからであり、尊大だからということではありません。
神様がそのように男女を造られたので、そうなのです。良いとか悪いとかの問題ではありません。

そのことは聖書だけでなく、科学的にも裏付けられています。
女性は、自分が一番大切にされることで、心が満たされ、夫を尊敬する思いが沸き上がり、
男性は、女性からほめられでもすれば、鼻を高くして上機嫌になり、妻への愛が沸き上がってくるのです。

この男女の必要の違いを知ることが第一段階です。

(続く)

      「愛されたい妻と尊敬されたい夫」(エマソン・エグリッチ著 ファミリーフォーラムジャパン発行) 参照


















by nobuyori_1 | 2019-03-26 21:40 | 親子 夫婦 | Comments(0)

イエス様はお医者さん

電化製品が具合悪くなったからとすぐに買い替える方がいます。

調べると大抵一箇所が悪いだけ。

製造10年内なら、他の部品はまだピカピカで新品同様。捨ててしまうなんてもったいない。

悪い所だけ直せばまた快適に使えます。


私たちの身体も心も同じ。ほんの一部が悪いため全体に支障を来します。

バブル時、メーカーがお金をつぎ込んで作った製品のように、私たちは一人残らず、超高性能に、「神のかたち」に造られています。

創造者なる主は私たちの悪い所を直し、本来の性能を発揮させたいと願っておられるのです。


c0193512_19425573.jpg

この木曜日、レイモンド・ムーイ師をお招きし、特別聖会が開かれました

「内に与えられた神の賜物を再び燃え立たせなさい」と、Ⅱテモテ167より語られました。

いやしは疑い深いこの世に対し、イエス様が復活して生きている神であることを示す方法。

仏教国ミャンマー、イスラム国インドネシア、ヒンズー国インド、日本でなされたいやしと救いの御業が証されました。

会衆のためいやしの祈りをすると、15名位の方が前に出られいやしの証しをされました。貴重なので記録したいと思います。


・ 45年前から交通事故の後遺症で右ひざが痛かった。その痛みがなった。50代女

・ 慢性的な腰痛10年前からあった。歩いても座っても。それがなくなった。60代男

・ 頸椎の痛み度々起きてた。この姿勢をとると痛かった。それがなくなった。40 T

・ 緩和ケアの病院から来た。Stage4胃がんでお腹がはり、水がたまっているかもと昨晩医者から言われた。今、はり感がなくなりやわらかくなった。70代女

・ 毎日ラジオ体操してる。左腕上がらなかったのが今上がる。70U

・ 小さなころからの持病で胃が痛くなりこの時期食事がとれない。メッセージを聞いている内、胃がグーグーなりだして、今温かく感じる。

・ 補聴器つけてきたがもうなくても聞こえる。バッグの中に置いて前に来た。70代女

・ 半年前から痛み止めを飲む程指先まで神経痛。その痛みがなくなった。40 I


これは、別の場所での証し

・ 祈ってを開くと、前より悪くなった。メガネを外してみたら良く見えた。メガネがいらないなった。


いやしは徐々に、段階的に、あとでなされることもあります。

もちろん、病院での治療を通してなおることも、神様のいやしです。

神様は直接的にも間接的にもなおすことができます。

ゆだね続け、求め続けましょう。


イエスは答えて言われた、「健康な人には医者はいらない。いるのは病人である。」(ルカ5:31)


イエス様は霊的にも心も、体までなおされるお医者さんです。


動画で見たい方はこちらからどうぞ

観ているその場でいやしがなされることもおこるでしょう。







by nobuyori_1 | 2019-03-23 19:43 | 週報のコラム | Comments(0)

3月から倉知契先生が瀬戸に越されるので、大和での礼拝説教としては最後になります。

倉知先生の優れた説教から毎月たくさんの恵みを受けてきましたが、先月の説教の中で語られた「恩送り」の内容が私の心に響いています。

恩を受けた人に返すのは「恩返し(PayBack)」。それはキャッチボールのようです。

しかし、幸せになるのはいつまでも二人だけです。

c0193512_21422760.jpg

それに対し、誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ることを「恩送り(Pay Forward)」といいます。

それは広場でバレーボールをするようなものです。トスを受けた人は送ってくれた人に返すのでなく、他の人にトスをします。そしてその輪はどんどん広げられていくのです。

c0193512_21415786.png
                            (「視点を変えてみてみれば」塩谷直也著より)

教会で受けた恵みを、いつも同じ人に返すのではなく、まだ送ったことのない別の人に送りましょう。

それによって神様の恵みはその地域に広げられていくのです。

「恩返し」よりも「恩送り」。それがキーワードです。

「恩送り」の思想は、古く江戸時代からあった思想で、生の連鎖を生み出します。

「恩返し」では相手に返さなければいけない義務感を与え、負担を感じさせてしまいます。

「恩送り」では、相手は受けた恵みをそのまま別の人に流せばよく、負担を感じさせません。

(恩をくれた人に感謝は表すべきですが。)


イエス様は言われました。「人によくしてやり、また何も当てにしないで貸してやれ。」(ルカ6:35)。

イエスの私たちへの願われる生き方は「恩送り」です。 

見返りを求めず、神様からの恵みを、別の人に送りましょう。



私の視点を変えてくれた、大ヒットメッセージです。


町田カルバリー 家の教会 の週報コラムより

     




by nobuyori_1 | 2019-03-02 21:43 | 週報のコラム | Comments(0)
本日2019年3月1日夕方6時 鶴川のデニーズ町田大蔵店がとうとう閉店してしまいました。
24時間営業で消えることがなかったデニーズの黄色い看板がついに暗くなりました・・・
c0193512_20095097.jpg
近所の人に、「デニーズが終わって残念ですね」とセンチな気持ちに浸りながら話すと、

「建替えてまたデニーズが始まるんですって」といいました。

え?
まさか?聞き間違えでしょう? 

「いや、今週の新しい情報ですよ」

寝耳に水ー

40年以上経って建物が老朽化したので、建て直す必要があるとのこと。
そういえば、以前は「すかいらーく」だった。途中からデニーズになったのでした。

そういえば、売り上げは上位の店だと聞いたのに何故やめるのか。
2017年11月にリフォームしてドリンクバーも出来たばかりだし。
c0193512_20392260.jpg
c0193512_20373803.jpg
c0193512_20381964.jpg


セブン&アイホールディングスはもったいないことをする、と腑に落ちないでいました。

閉店の告知を始めた1ヵ月前は、尋ねるとスタッフが「再開するかは未定です」と説明しておられたので、何か地主さんとか他の理由があるのだろうと感じていました。
説明からすると、再び営業するということは想像できませんでした。

本当にそうだといいなあ。家に帰って調べてみると他の人もそのことを書いていました。→変わりゆく町田


それにしても、デニーズは素晴らしい。
c0193512_20262237.jpg
c0193512_20273659.jpg

今回の閉店騒ぎで、どれだけデニーズが愛されていたか、よくわかりました。
これだけ名残り惜しまれる店もそうはないでしょう。
人と人のつながりを大切にする店だからこそ、こんなに惜しまれるのでしょう。
鶴川に24時間営業のレストランは、唯一デニーズしかなかったこともあります。

考えてみると、私にとってもこの地域で教会の次に居心地の良い場所でした。

客の顔と様々な情報、好みなども把握して声をかけてくれる店。
察するのが上手な店。
沢山の常連客がいました。毎朝のように朝食を食べにくる高齢者夫婦もいらっしゃいます。
これは今まで働いてきてくれた方々の努力によるもののです。

だのに店員は同じ店舗で働けないそうだから、本当に残念です。
今まで、デニーズを支えてくれたスタッフの方、たくさんの良い時間を提供して下さった素敵な方々に心から感謝します。
再び会う時は、客同士としてか、他の店舗でなのでしょうか。
本当にありがとうございました!

この夏、装い新たにスタートするデニーズを楽しみに、待ち望みたいと思います。


c0193512_20481703.jpg



まだガリラヤにおられたころ、(イエスが)お話しになったことを思い出しなさい。
『人の子(イエス)は必ず罪人らの手に引き渡され、十字架につけられ、三日目によみがえらなければならない』、と言われたでしょう?」
(ルカ24:6~7)

何か、イエス様が死なれた意味もわからなく悲しんでいた弟子たちに、御使いが復活の宣言を思い出させた時みたいな気持ちです。

また、くまモンの美味しいお茶、飲みに行きますね!

c0193512_20484638.jpg

よし、希望が湧いてきたぞー!

「復活のための死」なのですね。









by nobuyori_1 | 2019-03-01 22:50 | 報告 | Comments(0)
本日2019年3月1日夕方6時 鶴川のデニーズ町田大蔵店がとうとう閉店してしまいました。
24時間営業で消えることがなかったデニーズの黄色い看板がついに暗くなりました・・・
c0193512_20095097.jpg
近所の人に、「デニーズが終わって残念ですね」とセンチな気持ちに浸りながら話すと、

「建替えてまたデニーズが始まるんですって」といいました。

え?
まさか?聞き間違えでしょう? 

「いや、今週の新しい情報ですよ」

寝耳に水ー

40年以上経って建物が老朽化したので、建て直す必要があるとのこと。
そういえば、以前は「すかいらーく」だった。途中からデニーズになったのでした。

そういえば、売り上げは上位の店だと聞いたのに何故やめるのか。
2017年11月にリフォームしてドリンクバーも出来たばかりだし。
c0193512_20392260.jpg
c0193512_20373803.jpg
c0193512_20381964.jpg


セブン&アイホールディングスはもったいないことをする、と腑に落ちないでいました。

閉店の告知を始めた1ヵ月前は、尋ねるとスタッフが「再開するかは未定です」と説明しておられたので、何か地主さんとか他の理由があるのだろうと感じていました。
説明からすると、再び営業するということは想像できませんでした。

本当にそうだといいなあ。家に帰って調べてみると他の人もそのことを書いていました。→変わりゆく町田


それにしても、デニーズは素晴らしい。
c0193512_20262237.jpg
c0193512_20273659.jpg

今回の閉店騒ぎで、どれだけデニーズが愛されていたか、よくわかりました。
これだけ名残り惜しまれる店もそうはないでしょう。
人と人のつながりを大切にする店だからこそ、こんなに惜しまれるのでしょう。
鶴川に24時間営業のレストランは、唯一デニーズしかなかったこともあります。

考えてみると、私にとってもこの地域で教会の次に居心地の良い場所でした。

客の顔と様々な情報、好みなども把握して声をかけてくれる店。
察するのが上手な店。
沢山の常連客がいました。毎朝のように朝食を食べにくる高齢者夫婦もいらっしゃいます。
これは今まで働いてきてくれた方々の努力によるもののです。

だのに店員は同じ店舗で働けないそうだから、本当に残念です。
今まで、デニーズを支えてくれたスタッフの方、たくさんの良い時間を提供して下さった素敵な方々に心から感謝します。
再び会う時は、客同士としてか、他の店舗でなのでしょうか。
本当にありがとうございました!

この夏、装い新たにスタートするデニーズを楽しみに、待ち望みたいと思います。


c0193512_20481703.jpg



まだガリラヤにおられたころ、(イエスが)お話しになったことを思い出しなさい。
『人の子(イエス)は必ず罪人らの手に引き渡され、十字架につけられ、三日目によみがえらなければならない』、と言われたでしょう?」
(ルカ24:6~7)

何か、イエス様が死なれた意味もわからなく悲しんでいた弟子たちに、御使いが復活の宣言を思い出させた時みたいな気持ちです。

また、くまモンの美味しいお茶、飲みに行きますね!

c0193512_20484638.jpg

よし、希望が湧いてきたぞー!

「復活のための死」なのですね。










by nobuyori_1 | 2019-03-01 20:54 | 日記 | Comments(0)