人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

スナックでスナック

今日の仕事は、すぐ近くのスナック店へエアコンつけ。
c0193512_1841165.jpg

とってもきれいなお店。
名前は「オリーブ」
店の入り口にオリーブの木がある。
2年間からオリーブの木に実がなりだしたそうだ。

(へえ、スナックって、お酒やカラオケだけでなく、軽食もできるんだ。
へえ、演歌歌手も来てコンサートもするんだ。
へえ、軽食もできるんだ)
スナックと縁のない生活してきた私は、スナックの中身を知って驚くことばかり・・・

きれいにエアコンがつきました。
するとママ(?)が、豆からコーヒーをひいてもてなしてくれました。
c0193512_18551461.jpg

手前のかっぷくのいい人は私の兄。きっと初登場です、よろしく。奥はとても明るく楽しい父。
スナックって喫茶店でもないのにコーヒーも飲めるの?!とまたまた驚いている私・・

そして極めつけは、このパンです!
目の前のコンビニから、パンを買ってきてくれて袋のまま出してくれました。
c0193512_18563270.jpg

スナックの意味はお菓子だと思いこんでいた私は、出されたパンを見て興奮していました。
(おお、スナックでスナック(お菓子)がでた・・・やっぱりスナックはスナック(お菓子)が出る所だったんだ。だからスナックっていうんだ。きょうはすごい体験したぞ~)
妙に納得できたのです。

でもその感動もつかの間。家に戻って、確認するためスナックの意味を調べると、
おやつ、おつまみ、軽食と書いており・・・
お菓子のことではありませんでした・・・
ガーン!


ちなみにパンには「コミュニティストア 105円」と値札がついたままでした・・・
お土産も持たしてくれる
気さくで素敵なママさんでした・・・

# by nobuyori_1 | 2010-03-17 18:58 | 電気屋物語 | Comments(0)
”something great” って言葉、聞いたことありますか?

筑波大学名誉教授の村上和夫という偉い先生が、DNAの遺伝子の研究をしていて、このようなすごい仕組みには、宇宙の背後ではたらく何かとてつもない知性の存在を感じて、その存在をSomething Greatと呼んだんだって。

なんでも、2003年に人の細胞の中にある30億文字の遺伝子情報がすべて解読できたそう。
そして村上氏は驚いた。確かに読む技術もすごいけど、これがすでに書かれていたということはもっとスゴイ!
書いてあるから読めるんだ・・・・
書いた人と読んだ人、どちらが偉い?書いたほうが偉いよね(笑)

でも誰が書いたかわからないんだって。
人間が人間の遺伝子情報を書いたわけではないことは確か。
そう考えたら、神様か仏様がおられても不思議ではないって感じたらしい。
それで、”神様”というと反感を買うかもしれないので、それを”something great(何か偉大な存在)”と呼ぶことにしたそうだ。
あなたが信じようと信じまいと無関係にsomething greatの働きによってあなたは生きているって言うんだ。
c0193512_13501978.jpg

ちなみに30億の文字というのは、大百科事典の3,000冊分。
その30億の文字が、1グラムの2,000億分の1という果てしなく小さいところに、その人を造りあげるための情報として細かく書き込まれているっていうんだから、なんて神秘的なんだろう・・・

神様は精巧に私の体の器官を造り、母の胎内で組み立ててくださいました。
こんなにも複雑、かつ緻密に仕上げてくださったことを感謝します。
その腕前は天下一品だと良くわかっております。
・・・
これは2500年以上前に書かれた聖書の言葉だけど、聖書って凄いことを言ってるなあ。(詩篇139:13~14 リビングバイブル)

花も動物も人間も、神様の緻密なデザインなんだ・・・


村上氏の講演
http://members.at.infoseek.co.jp/mooa/murakami.html
# by nobuyori_1 | 2010-03-16 12:52 | Comments(0)
子供たちは日ごとに成長するものですね。
c0193512_21252272.jpg

5歳のY君は、初めてカード帳に、数字で日付を書くことができました。
c0193512_2125578.jpg

キリスト教系シオン幼稚園で卒業祝いに"新約聖書”をもらったそうです。
とっても嬉しそうにかばんから出して見せてくれました。
これでお兄ちゃんたちの仲間入りだね。

大人の礼拝に戻って驚いたこと。
「インターネットのホームページを見て来ました」と
若い素敵なY青年が来ていました。

Yさんが来てくださったことで、Yさんと知り合えました。
こんなことがなければ一生知り合えなかったかもしれないのです。
Yさん、来てくれてありがとう。
そしてポテトチップスごちそう様・・・Yさんの親切、うれしかった・・・

ホームページを通しての初めての訪問者
# by nobuyori_1 | 2010-03-14 21:23 | 最近受けた恵み | Comments(2)
うちの父はクリスチャンの電気屋さん。
私がお仕事で父と不在のアパートにエアコンをつけた時のこと。

外庭に、雨に濡れてボロボロになっている少年雑誌が落ちていた。
(汚い雑誌だな。誰かが捨てたままなんだ・・)
エアコンをつけ終え帰ろうとすると、何と父がその落ちていた汚い雑誌を取り上げて車に乗せようとするではないか。
「何もそんなことする必要ないよ。汚いし、処分だってお金がかかるんだよ」(今になると恥かしいことを言ったもんだ)
私はそう言ったが、父は黙って車に乗り込み、私たちは店へ戻った。
車から降りて、その雑誌を降ろしたとき、
(あの時はあんなことをいったけど、このお陰であのアパートの庭がきれいになったんだから、良い事をしたんだなあ)と、何とも言えないすがすがしい気持ちになった。

先週、アパートにエアコンをつけに行った。
私は進んで、エアコン取り付けのときのゴミと一緒に、裏庭の芝生に落ちている劣化した洗濯バサミや木のくずなどのゴミを集め一緒に袋にいれていた。そして持ち帰って処分した。
そんな自分に気づいて、感じたことは、
(良い事って伝染するんだな)
父がしていたことをいつの間にか自分もするようになっていた。

「自分にして欲しいことを他の人にもしてあげなさい」とイエス様は言われた。
父は、しょっちゅう、(何もそんなことまでしなくても)と思わせるようなことをしてくれる。
私はそんな父親が好きだ。

# by nobuyori_1 | 2010-03-13 11:41 | 電気屋物語 | Comments(2)

またいやす

昨晩は妻とあることで珍しく意見の食い違いが起きた。
意見が食い違うことは、時には起きて当然かも。
少し時間がたてば、歩み寄ることもできるだろう。(あ、もう、できました)

意見の食い違う時、喧嘩の時、よほど注意すべきことは、否定的な言葉を発すること。
否定的な言葉を発すると、語った通りの否定的な世界が造られてしまう。否定的な世界が創造されてしまう。
言葉は創造する力があるからだ。
だから決して否定的な言葉を出してはならない。間違っても、口が裂けても言っていけない言葉というものがある。
「否定的な言葉を出すぐらいなら黙っていなさい」とは、チョウ先生の名言である。

否定的な言葉を言われた方は、否定的な考えがたくさん浮かんできて、またそれを言葉に表したくなる。
否定的な言葉で言い返したくなる。そこが踏ん張り処。
そして心にもない言葉をいい合いながら傷つけ合いが始まる。
売り言葉に買い言葉。
一つの言葉から、2次、3次・・・災害が起きてしまう。悪魔が見て楽しんでいるに違いない。

幸い、昨晩は守られました。
二人で涙をぽたぽた流しながら、謝り、赦し合い、神様の前にざんげしてきよめていただきました。
どういうことだったのか良くわかりました。
否定的な言葉もイエス様のお名前によって断ち切りました。
だから、勝利です。
その中でいろいろなことが示されました。
神様は必要だったのでこのことが起こることも許されたのでしょう。

昨日の朝、読んだ聖書の言葉がよみがえってきました。

 わたしの他に神はない。
 わたしは殺し、また生かし
 傷つけ、またいやす
                (申命記32:39)

主は傷つけ、またいやしてくださいました。

# by nobuyori_1 | 2010-03-12 08:36 | 最近受けた恵み | Comments(1)