大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「あなたの神、主は、あなたの先祖アブラハム、イサク、ヤコブに向かって、あなたに与えると誓われた地に、あなたを入らせられる時、

あなたが建てたのではない大きな美しい町々を得させ、・・

あなたが植えたものではないぶどう畑とオリブの畑とを得させられるであろう」(申命記6章10~11節)。

聖書の世界は、そこに隠されたもうひとつのちがった世界があることを教えています。

イスラエルの民が約束の地に入り、土地を獲得する戦いは原理において競争と同じです。

勝って相手を倒さねば、土地という結果を手にすることはでないのです。

その戦いの勝敗を決するのは自己の努力や才覚といって差し支えないでしょう。

だから土地を得た後は、勝ちを得た自分に拍手喝采を送るのを当然と考えます。

にもかかわらず、申命記はそれを良しとしないのです。勝利して得た土地は、負けた相手がすでに豊かに準備しておいてくれた土地だというのです。


もしこれを今日の社会の競争の世界に当てはめれば、こういうふうにいえるのではないでしょうか。

受験戦争に勝ち、希望の大学に合格したものは、不合格の者がいるおかげで合格したのであり、めでたく部長、課長に昇進した者は、部長、課長にならなかった者がいるので昇進したということになります。

人生に勝利した者は、このやさしさをもつべきでしょう。

今日の社会に欠けているのは、このやさしさです。

人はこの社会で生きる時、本当はこのやさしさを心の底で求めているのではありませんか。

ただ競争に勝ったものだけが讃えられる社会であってはならないと願っていないでしょうか。



c0193512_12052146.gif


競争に勝つとは、負ける者の存在があって始めて成り立つ原理です。

勝利を得たものが謙遜に勝利を受け止める配慮があれば、この世はもっと住みよくなるにちがいありません。

このやさしさを持つ者こそ、真の勝利者といえるでしょう。


加来周一著「実用聖書名言録」


勝った時は素直に喜んでよいと思います。みな平等なのですから。

でも勝った時にも、その裏で負けて寂しい思いをしている人のことを思いやり、感謝する心、

また、負けた時にも、勝った人を祝福できる人になりたいです。

何が自分にとって最善かは神様にしかわからないことですし、主権は神様にあるのですから。









[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-06-30 12:06 | 最近教えられたこと | Comments(0)
今度の日曜日6月24日(日)、町田カルバリー 家の教会では11時から「父の日・オープン礼拝&バーベキュー大会」をします。
お父さんたち、バーベQをしにいらっしゃいませんか。

c0193512_17484513.jpg


コンロの火の担当をしてくれる人、まだ必要としています。
12時半より、場所を自宅(鶴川駅・牧師館)に移して、野外でバーベQをします。
そこからの参加もありです。
おひとり、ご夫婦、ご家族での参加も歓迎。

男性全員にミニプレゼントもあります。

是非、いらしてください。
子どもも大人も、食事代無料でご招待します。

詳しくはHPで。

雨天時は、教会内で食べます。

(とちおとめのイチゴの苗、欲しい方はいくつでも差し上げます。)
.



[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-06-22 17:54 | 報告 | Comments(0)

中国の禁教の本格化



登録された合法的な教会にも(地下教会にも)適用される9つの「許可されていない」規則のリストも示されました。以下の通りです。

1.18歳未満は教会に行ってはならない。
2.共産党員は仕事以外で教会に行ってはならない。
3.「中華人民共和国全国人民代表大会および中国人民政治協商会議」の許可なしに海外の伝道者を招待してはならない。
4.登録された教会の建物の外で宗教活動を行ってはならない。
5.宗教的な書籍や雑誌、商品を違法に広めたり販売してはならない。
6.承認されていない場所ではいかなる活動も許されない。
7.インターネット上に違法な宗教的記述および写真を載せてはならない。
8.路上や道沿いなどに宗教的な掲示を出してはならない。
9.承認されていない研修会を催してはならない。

上記の規制やそれに類する数多くの規制があるにもかかわらず、信徒数は前例がないほどに増加し続けています。

   ある宣教団体のニュースレターより
c0193512_08322958.jpg
中国は共産党員よりもクリスチャンが増えていることに危機感を強め、キリスト教会への締め付けを強め、教会の建物の破壊、集会の禁止などしております。
それでも、中国は世界一のキリスト教信者保有国になると予想されています。
中国のクリスチャンのために祈りが必要です。




.



[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-06-18 08:33 | 報告 | Comments(0)

神のかたちとは

「神は自分のかたちに人を創造された」(創世記1章27節)。

明らかに人はどこか自然の動植物とちがう。そのちがいはなにか。

その素朴な疑問が、人は神のかたちに似せて造られたという表現を取らせた。

神のかたちという表現についてはさまざまな解釈がある。

動物に対する人間の支配を意味する、あるいは神の主権の代理のしるしであるとも言われる。

さらに発展して、神に対する応答性だとか、なんらかの神の一部分であるとか、理性や自由意志のような高い精神性を表すなど様々に意見が分かれる。

要は、人間という存在は尊いのだということなのである。(中略)


c0193512_20230464.png

人間の特権は、個体がかけがえのないひとつの命を生きていると自覚できることです。

だからこそ、他の自然のかけがえのない存在に責任をもつのも人間なのです。

人は神のかたちにかたどって造られたとは、自分というものの存在の意味を理解し、それに責任をもつことができるものとして造られたということにほかなりません。

人はロボットではないのです。そのままの存在をなんの自覚もなしに生きることはありません。

なぜ造られたのか、なんのために造られたのか、その意味を理解し得る存在として、この世に生きています。

しかも自分の世界だけを狭く見ているのではありません。造られたものすべてに目を凝らして、そこにある意味や価値を発見する力を与えられています。

それこそが、神のかたちにかたどって造られたものの特権です。環境保全運動が盛んなのも、かけがえのない存在の意味や価値を知るからこそでしょう。


加来周一著「実用聖書名言録」


先日、霞ヶ関の弁護士会館で憲法改正についての講演を聞きました。

現在の日本国憲法は軍隊が暴走しないための歯止めをかけた世界でも極めて優秀なものです。

国際問題に決して武力を用いず、対話と交渉で解決するといった理想的な憲法です。

そのため日本は戦後70年間平和に過ごすことがきました。憲法改正で実質上歯止めが外されれば、再び軍国主義に向かう道を開いてしまいます。

恒久平和主義と立憲主義を保ちつつ、自衛をするための道を、慎重に議論し模索すべきです、というような内容でした。

平和が守られるため祈り、議論を重ね、共に考えていきましょう。



町田カルバリー 週報コラムより


.


[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-06-16 19:41 | 週報のコラム | Comments(0)

人間存在の肯定

人がもっとも安心するのは、「あなたがそこにいるだけでよい」という言葉を聞く時であると言われます。

しかし、現代の社会生活は「そこにいるだけでよい」とは言ってくれません。

「そこにいるだけ」は社会の評価基準からすれば怠け者、無力なる者、人生の敗残者でしかないからです。・・

「そこにいるだけでよい」という言葉を怠け者へのレッテルとしてではなく、安心感を得るための最も重要な言葉として用いようとするなら、聖書の創造論に触れる必要があります。

c0193512_20230464.png

創世記によれば「神が造ったすべてのものを見られたところ、それは、はなはだ良かった。」と言われたとあります。

英語ではIt was verygood.と表現されます。

goodとは美しいという意味もあり、ここで意味されていることは、存在するものはすべて美しいということです。

存在そのものが肯定されているのです。


マタイ福音書6章26節には「空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず倉に取り入れることもしない。

それだのに、あなたがたの父は養っていて下さる」とあります。また野の花は「働きもせず、紡ぎもしない」とあります。

蒔かず、刈らず、倉に納めず、働かず、紡がず」とは、いわばなんにもしないということです。

にもかかわらず神はその存在そのものを受け入れておいでになるのです。

何事かをして役立つことで評価を得る生活とはまったく異なる評価基準がここにあります。


加来周一著「実用聖書名言録」

.

得てして自分という人間存在を否定しがちな世にあって、人間存在を肯定していてくれる神様の存在、それを伝える聖書の存在の意義はとてつもなく大きな役割を果たしてきたと感じます。




.


[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-06-09 20:23 | 週報のコラム | Comments(0)