大塚信頼のブログ


by nobuyori_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アメリカの心理学者、アブラハム・マズローが唱えた「マズローの欲求5段階説」は皆さん聞いたことがあると思います。
  私も大学の心理学でまず、これを教えられました(心理学専修)。

人間は「下位の欲求が充足されるとより上位の欲求を求めるようになる」というものです。

ところで、マズローは1970年に亡くなりましたが、晩年、最上位に「自己超越欲求」を追加し、修正した事を最近になって知りました

ですから、正確には「マズローの欲求6段階説」です。今日はその修正された説を紹介します。

c0193512_14290045.png

第一段階は、生理的欲求(食べる、寝るなど生理的欲求)。

第二段階は、安全欲求(身の安全、経済的安全)。

第三段階は社会的欲求(どこかに所属したい、家族や仲間から愛されたい)。

第四段階は承認欲求(認められたい、評価されたい)。

第五段階は自己実現欲求(自分の願いをかなえたい)。

第六段階が自己超越欲求(自分を超えた存在に仕えたい)となっています。


マズローはそのプロセスに宗教的な出会い「至高体験」というものを含めているそうです。


同じくトランス・パーソナル心理学の研究に携わったビクター・フランクルは、人間は自分を超え、献身的に他の人格に奉仕する程度に応じて自己実現が実現されるものとしています。


”自己超越という言葉で私が理解しているのは、人間存在はつねに自分自身を超えて、もはや自分自身ではない何かへ、つまり、ある事またはある者へ、人間が充たすべき意味あるいは出会うべき他の人間存在へ、差し向けられているという事態である。
そして、そのように自己自身を超越する程度に応じてのみ、人間は自分自身を実現するのである。すなわち、人間はある事柄への従事またはある他の人格への愛によってのみ自己自身を実現するのである。
言い換えれば、人間は、本来、ある事柄にまったく専心し、他の人格にまったく献身する場合にのみ全き人間なのである。

人間存在の本質は、自己実現ではなく、自己超越性にあります。
自己実現は、もしそれが目的そのものになると達成されえず、ただ自己超越の副次的結果としてのみ達成されるものなのです。”

(ビクター・フランクル)


自己実現はそれ自体を求めて得られるものではなく、自我を超え、神や他者に仕える結果として実現されるものなのです。


マズローによれば、自己超越的生き方をしている人は人口の2%ということです。


この研究結果を知って、私もいち端くれキリスト者として思わされたことは、イエス・キリストを救い主として信じ救われ、キリストを愛するようになり、その愛の応答として神と人のため献身的に仕える人は、自己実現ではなく自己超越的生き方をすることができ、結果として自己実現されるのではないかということでした。



 イエス様は「自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのため、また福音のために、自分の命を失う者は、それを救うであろう」(マルコ8:39)と言われました。

 「神の国と神の義を第一に求めなさい。そうすれば、それらに加えてすべては添えて与えられる」(マタイ6:33)のです。  

マズローも指摘しているそうですが、自己実現の段階にいる人も利己的な人は多く、自己実現の段階にある人が増えても問題は多く起こるだろうということ。
自己実現が人間の到達し得る、最高の生き方ではありません。
自己実現している姿が、理想的な人間的な姿でもありません。

幸せも自己実現も、神の御心に生きる時に、副産物として・副次的にに与えられるものです。
その人こそが、永遠の価値のある、最も幸せな生き方をすることができるのです。
人はみな、神と人を愛して生きるように世の初めから造られているので、本来の生き方をする時にすべてのものが与えられるのです。

この研究結果を知って、今までのマズローの欲求5段階説に対する誤解や違和感と疑問、世の中で自己実現ばかりがもてはやされている現象、人間の求めるべき生き方について、聖書と私の体験と理解において、やっと整理ができた気がしています。
マズローやV・フランクルの研究の成果に感謝いたします。
c0193512_14290045.png

.


[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-05-19 14:38 | 週報のコラム | Comments(0)

母の日に想うこと

今日は「母の日」です。

素敵な母親に巡り合えた人もいれば、中には尊敬できないお母さんもいて、とんでもない、あのお母さんを思い出したくないという人もいるでしょう。

英語で「My mother is my mother」 (私のお母さんはワガママです)というのがあります。


自分がお母さんでではない人、お母さんになりたくてもなれなかった人、独身でお過ごしになった人、お子さんのおられない方々のことを含めて

私は「母の日」という表現よりも、「すべての女性を大切にする日、女性を見直す日」、ということを作ったらいいんじゃないかと思いました。          

                                 

                大川 従道

c0193512_07344005.jpg

料理のできない男性の私にとり、料理を作ってくれるというのは死活問題です。

妻や母が作ってくれる手作り料理は私にとっては最高のおもてなしです。

女性は料理を通して愛を表わしているのです。


もしお料理を作ってくれなければ、私のように料理のできない者はパンをかじるか、毎回外に行って外食するか、保存料の入ったコンビニ弁当を食べ続けなければなりません。

安全で健康面を考え、好みを考慮し、家庭にいながら食べられる出来立ての手作り料理は、男性・子どもへの最高のおもてなしであるし、そのような形で私たちは母親の愛を受けて育ってきたのです。

 

畑を始めてからの実感は、野菜を育てるのも、子どもや人を育てるのも、動物を育てるのも基本は同じだということです。

土壌が大切、日光と水が大切、芽が出た後も雑草を抜いたり病気の対応をしたり世話が大切です。

お子さんのおられない方も、何らか育てると良いと思います。

命あるものを愛し育む喜び、成長を楽しむ喜び、関係を楽しむ喜び、実りを収穫する喜びを体験できます。


しかし、人が野菜と違うのは結果が出るのが1年ではなく20年以上かかること。

長い時間をかけ、大変でありながらも楽しみ、わがままな私を苦労しつつも忍耐をもって粘り強く、祈りの中で育ててくれた母の愛はかけがえのないものです。


生んだ以上何があっても支えていこうとする母親の愛は、神様の愛から派生したものです。

産み育てて下さった母親と、神様と、全ての女性に感謝致します。


大塚 信頼


町田カルバリー 家の教会 週報コラム より




[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-05-13 07:35 | 週報のコラム | Comments(0)
「魂の最も奥底はのんびりすることを好んでいる。
というのは、魂が求めているのは、何かを達成することではなく、
むしろ、味わうことだからだ。
魂は慌てて次の場所に移動することよりも、
そこでくつろぎ素晴らしいことを思いめぐらしていたいのである。」
          
 ロバート・バロン(米国・カトリック聖職者・神学者)

c0193512_18391965.jpg


忙しく、仕事に追われ、追いかける日々。
早さばかりを求めるのではなく、むしろ生活のペースを落として、
周りの景色や自然を楽しむ、家族と時間を過ごす、人への感謝、聖書のみことばを味わう、神様との親しい交わり、読書を楽しむ
そんな時間の使い方こそが魂に必要なことであり、人生で最も大切なことなのです。
人生には、時間をかけなければできないことがあるのです。




.







[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-05-12 18:42 | 最近教えられたこと | Comments(0)

我が家でいちご狩り

ひとつの苗から1年でできた、我が家のいちご畑。
いよいよゴールデンウィーク前から赤く熟しだしました。

短期間に一斉に赤くなるので、一週間でかなり収穫されました。
そんなに長い期間収穫できるものではなさそうです。
数日に一回、ある程度まとめて収穫しました。

c0193512_12194017.jpg

c0193512_12064494.jpg


それを、ミルクやヨーグルトに入れて食べたり・・
c0193512_12083774.jpg


ソースにしてパンにのせたり・・
c0193512_12095245.jpg


日曜日に教会へ持って行って、味見して頂いたりしました。
c0193512_12080327.jpg

ベリー 美味しかった!
特に、妻が作ってくれたストロベリーソースは新鮮でいい感じ。



「いちご白書をもう一度」・・
来年も挑戦できたらと思います。


「いちご狩り」に行けない牧師家族に、神様が与えて下さった思わぬ恵みでした。
自宅で「いちご狩り」がまさかできるなんて思ってもみませんでした。

陽当たり良好な土地に植わった
たった一株の苗から一年でできたいちご畑

プランターより、地植えで育ったいちごの方が元気よく、
多くの実をつけました。


来年は、親株をみな取り除き、新しくとれた小株で置き換え
栽培してみようと思います。
次世代に、バトンタッチです。


皆様も是非、お試しください。


ご覧くださり
ありがとうございました。










.





[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-05-10 12:39 | 日記 | Comments(0)
1年半程前、ホームセンターで一つのいちごの苗を買い、路地に植えました。
それが、なんとなんと、いつの間にか増えて、我が家に「いちご畑」になってしまいました。

c0193512_02315844.jpg
いつの間に、威勢のいいいちごでいっぱいです。
幅2m、奥行き1m位あるでしょうか。
c0193512_02330533.jpg
4月後半になり、いよいよ少しずつ実が赤くなりだしました。
c0193512_02383366.jpg

食べると甘ずっぱい。新鮮です。
c0193512_02332899.jpg


ことの始まりは、おととしホームセンターで買った、ひとつのいちごの苗。
c0193512_02331132.jpg
庭に植えてみましたが、少し実がなり、土がついて腐り、それで終わってしまいました。
なんだ、いちごもこんなものかとがっかり。
もう終わりだと思っていたのです。

ところが・・・

その後、ランナーという弦を四方に伸ばし、どんどん子ども、孫と繁殖を繰り返していたのです。
その年は、実がほとんどなりませんでした。
気づくと、庭一面にいちごがいっぱいに増えているではありませんか。
わあ、大変なことに。
c0193512_03200620.jpg
それどころか、通路にまでランナーが伸びて、通路をふさぎ始めたのです。
調べてみると、それを小分けにして苗を作ると知りました。
通路にはみでた分は、苗として育てることにしました。
小さなポットに土を入れ、株の下にしばらく置いておきます。
c0193512_02542934.jpg

やがて根を張ります。そしたら、ランナーを切って独立させます。
すると、75株も苗が採れてしまいました。
c0193512_02544805.jpg
c0193512_03031936.jpg
それが去年の秋のこと。
そして冬を越し、今年の春、プランターに植え替えると、プランター13個ぐらいに。
c0193512_02390670.jpg
そして、露地栽培の方は何もしないで放っておいたのですが4月になると盛んに花が咲きだしました。
チョウやミツバチがまだいないので、綿棒で人工授粉をしました。
実がたわわに実りだし、慌ててビニールシート(マルチシート買い物袋を利用)をかぶせて、いちごが土にくっついて腐らないようにしました。
それには4日程かかりました。
(大きくなってから、シートひくのは大変。ただでさえ乱立しているので)

c0193512_02325218.jpg
ひとつの株にこんなにもたくさんの実がなります。
すべて大きくして食べたいところですが、「摘果」といって、大きめの実を幾つか残して、小さな実や受粉しなかった花、形の悪い実などを取り除いていきます。
また収穫が終わるまでは、ランナーは取り除きます。

大きな実を実らせるためには、犠牲になるものも必要なのですね。
ちょっと命の選別みたいで、心が痛かった。
イエス様が言われた、ブドウの木の刈り込みみたいなもの(ヨハネ福音書15章)。
人間も不必要なものは刈り込まないといけないんだな。
c0193512_03142198.jpg
そして赤く熟した実が鳥に食べられないように、不織布や防鳥ネットで覆いました。
あとは赤く熟すのを待つのみ・・。

c0193512_02391944.jpg
たった一株のいちご から、ただ植えておくだけで、1年で100株以上に繁殖するいちご。
こんなに幾何学的数字で増えていく作物を初めて体験しました。

いちごのリバイバル(トランスフォーメーション)です。
倍加・増殖ってこういうことなのですね。
神様のデザインされた繁殖の法則

皆様も是非、お試しください。

土地も特になにしたわけではありません。
私のような素人でもできました。

一つの苗から1年少しで畑ができた報告です。

収穫できましたら、また報告しようと思います。







[PR]
# by nobuyori_1 | 2018-04-28 03:46 | 日記 | Comments(0)